分骨に関する記事一覧

  • 「遺骨をお守りとして持ち歩いても大丈夫?」そんな疑問にお答えします

    「遺骨をお守りとして持ち歩いても大丈夫?」そんな疑問にお答えします

    最愛の家族やペットを亡くしたとき、その遺骨をお守りにしたいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ここでは「遺骨をお守りとして持ち歩いても大丈夫?」そんな疑問にお答えしながら、遺骨を手元に置いて供養をしたり、持ち歩いたりする方法についてご紹介します。 遺骨をお守りとして持ち歩くことは可能?…

  • 分骨証明書をご存じですか?

    分骨には手続きが必要です。それが分骨証明書。もしかするとずっと先に必要になってくるかもしれません。あまり知られていない分骨証明書についてまとめました。 分骨証明書とは? 分骨するときに発行されるのが分骨証明書。分骨証明書には一般的に故人の名前や性別、死亡年月日などが記されています。火葬場の分骨で発行…

  • 分骨用骨壷、ちょうどいいサイズを選ぶには?

    おしゃれなシンプルモダンなミニ骨壷5選

    分骨するときに必要な骨壷。どれくらいのサイズがいいのか、大きさはなにを基準に選べばいいのかをまとめました。せっかくの分骨ですから、ちょうどいいサイズのものをうまく選びましょう。 伝統的な分骨用骨壷 西日本では火葬時に分骨をし、本山納骨をする習慣が古くからあります。そのため、現在でも火葬の際に分骨用の…

  • 分骨して愛するペットと共に生きる

    分骨して愛するペットと共に生きる

    ペットが永眠すると涙が止まりません。その気持ちを落ち着かせてくれる分骨を考えてみませんか?ペットがなくなったあとについての情報をまとめました。 ペットとお別れするときに気をつけること ペットの土葬は自分の庭であればできますが、場所の確保や衛生上の観点からも、火葬をしたあとに埋葬が中心になっているよう…

  • 分骨するときに必要な法律上の手続きはある?

    書類の画像

    分骨にはいろいろな手続きが必要です。その中で、法律に定められているものを中心に、慣習として行われるものなどをまとめました。堅い話ですが、知っておくと役に立つかもしれません。 分骨に関係する法律は? 現在、埋葬などに関しては「墓地、埋葬等に関する法律施行規則」に沿って行われます。その中で分骨に関して記…

  • 分骨したあとの費用、いくらかかる?

    さまざまな理由で分骨したあと、どういう供養にするか、その費用はいくらくらいか、気になるところです。分骨したあと、どこに遺骨を納めるのかによって、かかる費用を中心にまとめました。 本山納骨 分骨を各宗派の本山に納骨する方法で、西日本では古くからの習慣にもあります。納骨後はほかの方の遺骨とともに合祀され…

  • おすすめのペット用分骨アクセサリー3選

    家族同様のペット。虹の橋を渡ったペットを偲ぶため、分骨用のアクセサリーを作りました。思い出してあげるのは、何よりの供養。身近に遺骨をおいて、在りし日の姿を偲んであげましょう。 分骨してもいい?ペットの供養事情 人間の場合でも”分骨すると浮かばれない”というお考えもありますが、決してそうではありません…

  • 亡き人とともに~おすすめのおしゃれ分骨アクセサリー

    分骨したご遺骨をアクセサリーに納め、常に身につけることで、深い悲しみの慰めになります。”いつも一緒”という安心感を得られる分骨アクセサリーの様々な形を、ご紹介します。 深い悲しみを癒す分骨アクセサリー 分骨した遺骨や遺髪をお守りとしていつも持ちたいという想いは、昔も変わらないようで、江戸時代には遺髪…

  • 押さえておきたい分骨の手順と手続き方法

    生活様式が変わり、分骨の希望が増えているようですが、手順や手続きはあまり知られていないようです。分骨にあたって、知っておきたいことをまとめました。 分骨の方法と手順 遺骨を分けるのが分骨ですが、タイミングによって手続きが変わります。 火葬場で分骨 残された縁者が離れて住んでいることがわかっている場合…

  • おすすめの分骨用、骨壷をご紹介

    “ご遺族の想いにお応えしたい”。その気持ちから、おしゃれな分骨用骨壷は誕生しました。手元供養に、欠かせない小さな骨壷。ご遺族の想いに寄り添うことで、多くの種類が生まれました。 インテリアのような分骨用骨壷への想い 核家族化や一人暮らしの増加をはじめとし、生活が多様化している現代。お墓が遠くなって参り…