散骨

死後はお墓に・・・ほとんどの皆様そうお考えでしょう。
現代では生死観が昔と変わりお墓に関する考え方も変化してきています。

人間は昔よりお墓を建ててきました。当時は簡単に穴を掘り、花を供えたりしていました。年月は進み、お墓もそのときのなかで、時代にあったスタイルに姿を変えてきました。
お墓は、いつまでに建てなければいけないという決まりは一切ありません。
また、ご遺骨がある場合でも死後いつまでに埋葬しなくてはいけないという決まりも法律的にも宗教的にも規定はありません。
故人が安眠できる場所をつくってあげることが一番の供養です。
大切なのはお墓を早く建てることでなく、ご供養の気持ちですから、落ち着いた気持ちで家族と話し合い、適した供養することが大切だといえます。

死後にも様々なお墓選択肢が増え、墓地に供養する他に、海や山に遺骨を撒く(散骨)自宅に遺骨を安置する。またはペンダントに入れて供養する(手元供養)などがあります。
このページではこのような、墓地や納骨についての情報をご紹介しています。また実際にお墓の代わりに手元供養としてカロートペンダントをオーダーして頂いたお客様の実話も掲載しています。どういった気持ちでカロートペンダントをつくるのか、故人を思う気持ちが伝わるかと思います。是非参考にして頂きたいです。

海で散骨をする際の注意点とは?
海で散骨をする際の注意点とは?

散骨

海に遺骨を流し葬送する海洋散骨。海洋散骨は法的にも問題のない行為ですが、他の方々の迷惑とならないよう、さまざまな点で配慮しなければなりません。 今回は、散骨をする際の注意点に関して、瀬戸内海の海洋散骨を中心にサポートを行…

続きを読む»

散骨に関わってくる法律とは?
六法全書の画像

散骨

散骨をしたいという気持ちがあっても、「なにかの法律に抵触するのでは…」という不安から思いとどまってしまう方も少なからずいることと思います。 前回の記事(【散骨とは?】)では、法務省や厚生省から出された見解をご紹介させてい…

続きを読む»

遺灰のあつかいにはご注意を
遺灰のあつかいにはご注意を

散骨

火葬場に残された遺灰はどうなるか、ご存知でしょうか? 告別式がすんだら出棺されて火葬場へ向かいます。いよいよ最後のお別れです。棺は同行したご遺族に見守られて釜に送り込まれ、1時間ほど後には骨上げの儀式となります。ここでは…

続きを読む»

海外生活とお墓
海外生活とお墓

散骨

さて、今日は海外にいる知り合いのお話です。 彼女が当社のホームページを見てくださってご連絡いただくようになり、 それがきっかけで時々メール交換するようになりました。 お父さんのお墓を残して、オーストラリアへ移住した彼女は…

続きを読む»

散骨の季節到来~ご夫婦で同じ海に眠る
散骨の季節到来 ー ご夫婦で同じ海に眠る

散骨

蝉しぐれがうるさい夏になりました。 夏だ!海だ!ビールが美味い!なんていうCMがあったでしょうか? 夏は散骨のシーズンです。 海での散骨は天候に左右されます。 冬は西風が強くなるので、散骨に適した季節は関西では、4月~1…

続きを読む»