遺骨ペンダント

死後はお墓に・・・ほとんどの皆様そうお考えでしょう。
現代では生死観が昔と変わりお墓に関する考え方も変化してきています。

人間は昔よりお墓を建ててきました。当時は簡単に穴を掘り、花を供えたりしていました。年月は進み、お墓もそのときのなかで、時代にあったスタイルに姿を変えてきました。
お墓は、いつまでに建てなければいけないという決まりは一切ありません。
また、ご遺骨がある場合でも死後いつまでに埋葬しなくてはいけないという決まりも法律的にも宗教的にも規定はありません。
故人が安眠できる場所をつくってあげることが一番の供養です。
大切なのはお墓を早く建てることでなく、ご供養の気持ちですから、落ち着いた気持ちで家族と話し合い、適した供養することが大切だといえます。

死後にも様々なお墓選択肢が増え、墓地に供養する他に、海や山に遺骨を撒く(散骨)自宅に遺骨を安置する。またはペンダントに入れて供養する(手元供養)などがあります。
このページではこのような、墓地や納骨についての情報をご紹介しています。また実際にお墓の代わりに手元供養としてカロートペンダントをオーダーして頂いたお客様の実話も掲載しています。どういった気持ちでカロートペンダントをつくるのか、故人を思う気持ちが伝わるかと思います。是非参考にして頂きたいです。

5年目のお盆
完全防水の遺骨ペンダントAZULは、お骨を特殊樹脂で固めて作る遺骨アクセサリーです。

遺骨ペンダント

仲の良い姉妹がショールームに来られました。 4年前にセミオーダーでお作りするAZULシリーズのペンダントをご注文いただきました。 それ以来、毎年のようにお会いしています。 というのも、ペンダントと一緒にカロート念珠をお求…

続きを読む»

遺骨ペンダントへのお骨の入れ方
遺骨ペンダントの封をする

遺骨ペンダント

遺骨ペンダントをご購入いただいたお客様から、「お骨の入れ方が分からないのだけど…」といったご質問をいただくことがしばしばあります。そこで今回は、遺骨ペンダントへのお骨の入れ方について、具体的にご案内させていただこうと思い…

続きを読む»

123

3 ページ中 1 ページ目を表示