このエントリーをはてなブックマークに追加

ご遺髪を手元供養に~いつまでもそばに。

ご遺髪を手元供養に~いつまでもそばに。

愛する人といつまでも一緒にいたい、ずっとそばにいて欲しい…そんなごく自然な願いから、故人の生きた証である「ご遺髪」を、身近において祈りを捧げる“手元供養”にされる方が増えています。

自由で新しい供養のかたち「手元供養」

手元供養とは、ご遺髪やご遺骨をご自宅など身近において亡くなった方を偲ぶ、新しいスタイルの供養方法です。

既存の宗教や宗派を超え、旧いしきたりや既成概念などにとらわれることなく、ご遺族が心のままに故人を想う、自由でパーソナルな弔い方として注目を集めています。

具体的には何をするの?

手元供養には、「こうするもの」「これはしてはいけない」といった決まりなどは何もありません。

ただ一般的には、故人の形見であるご遺髪・ご遺骨を、ペンダントなどの専用アクセサリーに納めて身につけたり、小さな骨壷に納めてご家族が集まるリビングなどに飾ったりされることが多いようです。

ご遺髪などを納めたペンダントや骨壷に語りかけたり、そっと触れたりすることで、亡くなった方を身近に感じながら、ご遺族はその悲しみを癒し、生きる勇気を取り戻して行かれるのです。

こんな方におすすめ

ご遺髪などによる手元供養は、次のような方へのグリーフケア(愛する人の死によって強い悲嘆にとらわれてしまった方へのサポート)としておすすめしています。

  • 故人への離れがたい想いが強く、心のよりどころを求めていらっしゃる方
  • 深い悲しみが癒えず、生きる力をなかなか取り戻せない方

また、様々な事情からお墓を持たないという選択をされた方が、お墓の代わりとして手元供養をされるケースも増えています。

  • 経済的な理由でお墓を建てられない方
  • お墓の世話で子供に負担をかけたくないという方
  • 主義、信念からお墓は不要とお考えの方

遺髪って自宅で保管してもいいの?

ご遺髪をご自宅で保管して手元供養にされる上で、法律的に何ら問題となるようなことは一切ありません。

また、ときどき「遺髪などを持ち続けていると、故人が後ろ髪を引かれて成仏できない」などということを聞かれてお悩みになる方もいらっしゃいますが、これはとくに根拠のないたんなる俗説です。

歴史上でもたくさんの武将や高貴な女性の遺髪が、寺院や神社などで大切に保管されています。遺髪の保存は、昔から広く行われてきたごく一般的な習慣ですので、まったくご心配はいりません。

故人とご遺族の心を結ぶ手元供養

ご遺髪やご遺骨を通して故人とご遺族の心を結ぶ手元供養は、新しい時代の葬送・供養のかたちとして、今後ますます広がりを見せていくことでしょう。

未来創想は、そんな手元供養のパイオニアとして、ご遺族お一人お一人のお力になりたいと願っています。

未来創想の遺骨ペンダントを選ぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事