ペット仏壇は必要なの?選び方・飾り方などの疑問にお答えします

ペット仏壇は必要なの?選び方・飾り方などの疑問にお答えします

大切なペットを亡くしたとき「ペット仏壇は必要なの?」「飾り方に決まりはあるの?」など、疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなペット仏壇に関するさまざまな疑問にお答えします。

ペット仏壇は必要?

そもそも「ペット仏壇は必要なの?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

実はペット供養に関してはこれといった決まりはありませんので、仏壇を置くかどうかも、ご家族の自由です。

ペット仏壇を置く人の多くは、ペットが亡くなったあと、何かしら話しかけたり、祈りを捧げたりする場所がほしくて、仏壇を設けるケースが多いようです。

“ペットロス”という言葉もあるとおり、ペットを亡くす悲しみというのは計り知れません。

そんななか、祈りを捧げる場を設けることで、幾分その悲しみが救われ、穏やかな気持ちになれるのかもしれません。

ペット仏壇の選び方

ペット仏壇

ペット用の仏壇には「ミニ仏壇」と呼ばれるコンパクトな仏壇を選ぶ方が多いようです。

ミニ仏壇には、一般的な仏壇をそのままコンパクトかつシンプルにした仏壇や、開閉できるボックスタイプ、シンプルな飾り台として使えるステージタイプなどがあります。

最近では、インテリアにもなじむ洋風でモダンなデザインのミニ仏壇が、ペット仏壇として人気が高いようです。

ペット仏壇を選ぶ際は、次のことをポイントに選ぶとよいでしょう。

どこに設置するのか?

置くスペースによって選ぶペット仏壇の大きさも違ってくるので、どこに設置するかは重要なポイント。

基本的にはどこに置いても自由ですが、仏壇を置くのに向かない場所がいくつかありますので、注意が必要です。

一番避けたいのが、直射日光が当たる場所や湿気のある場所。直射日光で仏壇が変色・劣化したり、湿気がある場所はカビが発生しやすいので避けた方がよいでしょう。

また、神棚がある部屋に置く場合は、神棚と向かい合わせになる位置は避けるのが一般的。

ほかにも仏教上では、北向き・階段下・眠るときに足を向ける方角はよくないとか、風水上ではトイレの側はよくないなどがありますが、ペット供養には特に決まりはありませんので、ご家族が気になる範囲でよい場所を決めるのが一番です。

どんな仏具をそろえたいか?

仏具についても、人間のような決まりはありませんので、好きな仏具をそろえましょう。

写真立てとお花を飾り、おりんだけを置くシンプルな仏壇を選ぶ方もいますし、線香立てなど、一般的な仏具を全部そろえる方もいらっしゃいます。

なかには、ペットの遺骨を手元に置いて供養される方も。そんな方のために、かわいらしいミニ骨壷もありますので、それらの仏具を配置するのに合った仏壇を選ぶとよいでしょう。

いろいろと迷うときには、必要な仏具がセットになったミニ仏壇セットもおすすめです。

最終的には好みのデザインで

仏壇を置く場所や、そろえたい仏具に合った仏壇のタイプが決まったら、条件に合ったものの中から好みのデザインを選びましょう。

ペットが寂しくないようにと、家族がいつでも話しかけられるリビングにペット仏壇を設置する方も多いことから、リビングインテリアに合わせたデザインに人気があるようです。

ペット仏壇の飾り方

ペット仏壇の飾り方についても特に決まりはなく、設置した仏壇に、好きな仏具を思い思いにレイアウトするのもよいでしょう。

気になるようでしたら、人間の仏壇と同じように飾れば安心です。

人間の仏壇の飾り方

ここでは、ペット仏壇に近い、人間のミニ仏壇の仏具等の配置についてご紹介します。

本来仏壇には、一番高い位置の真ん中にご本尊を配置しますが、ミニ仏壇の場合は大方その位置にお位牌を置きます。

遺骨を手元供養するのであれば、ミニ骨壷はお位牌や写真の近くに。段差のあるミニ仏壇であれば、仏具は位牌や骨壷よりも1つ下の段に配置します。

左から花立て・香立て・火立てを配置し、さらに右下の位置におりんを飾るというのが一般的です。

ペットの場合も、これに近い形で飾ると仏壇らしい空間となるでしょう。

また、小さなお子さんがいる家庭など、火の扱いに心配がある場合は、お線香に代わるアロマオイルなどを使った香りのお供え香もおすすめです。

大切なのはペットを供養したいと思う気持ち

ある程度形式的な形を大切にしたいときは、先にご紹介した人間の仏壇と同じように飾るのもおすすめですが、ペット仏壇の飾り方は基本的には自由。家族が供養したいと思う方法で供養するのが一番です。

仏壇も、写真立て・お花・おりんなどをシンプルに飾る、飾り台タイプを選ぶ家庭も少なくありません。

ペットの好きな食べ物をお供えしたり、使っていた首輪などを飾りたければ、それもよいでしょう。

何よりも大切にしたいのは、ペットを供養したいという家族の想いです。

ペット仏壇は思い思いの飾り方で自分らしくカスタマイズできます

ペット供養に関しては特に決まりがありませんので、ペット仏壇を設置するかどうかは、ご家族の希望どおりで構いません。

「悲しみの中にあっても、少しでも心穏やかに過ごせるように」「亡くなったペットが寂しくないように」など、ペット仏壇を置く理由もさまざまにあることでしょう。

ペット仏壇は、家族のそんな気持ちを形にするものですので、ぜひ思い思いの形で自由な祈り場を作ってみてはいかがでしょうか。

未来創想では、ペット供養をお考えの方の気持ちに寄り添った、ペット仏壇をはじめとする手元供養アイテムを豊富にそろえていますので、ぜひ一度ご覧ください。

ペット仏壇の商品一覧はこちら

関連記事