分骨に込められた意味

分骨に込められた意味

折にふれ申しあげていることですが、昨今は故人を供養するスタイルも様々で、私どもに寄せられるご相談も多岐にわたります。中でも分骨のご要望は年々増えています。分骨とは一般的にはご遺骨の一部を他のお墓に納めることをいいますが、…

続きを読む»

分骨に必要な手続きは?

分骨に必要な手続きは?

ご遺骨を分骨して他のお墓に納めたり、あるいは手元で保管したりすることは、法律上何ら問題のあることではありません。ですが、それなりの手続きを行うことは定められています。 いつ分骨をするのか 分骨の手続きは、どの段階で分骨を…

続きを読む»

ペットの供養はどこまで

ペットの供養はどこまで

ペットの供養はどこまですればよいのでしょうか。時々いただくご質問です。 私たち人の供養については長い歴史の中で、いわば習慣としてできあがっています。ですがペットの供養はこれといって決まりごとがなく、飼い主それぞれの意向に…

続きを読む»

粉骨で解決することがあります

粉骨で解決することがあります

粉骨。 文字どおり「骨(遺骨)を粉にすること」ですが、実はいつも「粉」にするわけではありません。 最近は故人のご遺志で散骨を選ばれるケースも増えています。散骨には、その前に粉骨しなければなりません。 私どもではそのような…

続きを読む»

いっそ思い切って自宅納骨を

以前、納骨についてこんなお悩みをいただきました。 亡くされたご主人のお骨をきちんと納骨できず、何年も自宅に置いたままにしているというものです。 たびたび話題にしていることですが、いま、生活スタイルや環境の変化から、お墓を…

続きを読む»

グリーフケアの普及に思うこと

皆さんは「グリーフケア」という言葉をご存知でしょうか? 今では、この言葉もだいぶ広まってきました。 各地でNPO法人などグリーフケアを実践する人材を育成するための機関も多数発足し、大学では体系的にグリーフケアを学べるとこ…

続きを読む»

骨壷ペンダント

15年前に当社が日本で初めて販売したカロートペンダントは「遺骨ペンダント」として広く知られるようになりました。 ところが、中には「骨壷ペンダント」と言われるお客様もあります。 実際には「骨壷ペンダント」と称する商品はなく…

続きを読む»

遺灰のあつかいにはご注意を

遺灰のあつかいにはご注意を

火葬場に残された遺灰はどうなるか、ご存知でしょうか? 告別式がすんだら出棺されて火葬場へ向かいます。いよいよ最後のお別れです。棺は同行したご遺族に見守られて釜に送り込まれ、1時間ほど後には骨上げの儀式となります。ここでは…

続きを読む»

遺骨を自宅で保管してもいいの?

遺骨を自宅に保管

故人の遺骨をご自宅で保管することは、法律的な面でも宗教的な面でも問題はなにもありません。ご家族のお気持ちに整理がつくまではもちろん、ずっとご自宅で一緒に過ごしていただくことも可能です。 遺骨を自宅保管すると法律に触れるの…

続きを読む»

こんな分骨もあります

こんな分骨もあります

分骨に関して今日はちょっと新しいご提案をしてみましょう。 大阪市の天王寺区に「一心寺」というお寺があります。文治元年(1185年)の発祥といいますから、実に800年以上もの長い歴史のあるお寺です。 ここのお寺がほかと違っ…

続きを読む»

123456789101112131415161718192021

21 ページ中 18 ページ目を表示