このエントリーをはてなブックマークに追加

心を癒す、ネックレスへの納骨という方法

ネックレスでの納骨という方法

ネックレスへ納骨して故人といつも一緒にいるスタイルは、まさしく手元供養と言ってよいかもしれません。生活様式が変わり、お墓やお寺へ納骨するだけでなく、手元に残して供養する形も拡がりをみせています。

ネックレスへの納骨は新しい供養の形

手元供養の方法はいろいろありますが、その中でも特に人気なのがネックレスを使った納骨です。亡くなった方のご遺骨を、自治体の基準や制度に従ってお墓やお寺などに納めるほか、遺族それぞれの自宅などへ納骨するのが「分骨」。

その分骨した骨を専用のネックレスにお納めする方法が、いま注目されています。

これまで葬儀で取り分けたお骨の納め先は、近い場所のお墓や宗派の本山が一般的でした。しかし現在は、ライフスタイルの多様化から供養への考えや方法もさまざまになり、より個人的なものとして「手元供養」という考え方も普及しだしています。

納骨したネックレスは心のよりどころに

遺族の心を癒やすネックレスへの納骨は、究極の手元供養とも呼ばれています。

ネックレスへの納骨が選ばれる理由

ネックレスへの納骨を選ばれる理由の多くは、いつも故人と一緒にいられる、なによりの安心感にあります。中には「大切な人の遺骨が不特定多数の人の目にされるのは遠慮したい」「遺骨を持ち歩くなんて…」と考えられる方もいるかもしれません。

しかし、供養の形がいろいろでも、大切な人には自分の近くにいてほしい気持ちは誰にもあるものでしょう。楽しく過ごした数々の思い出はすぐには忘れられませんし、二度と会えないのを受け入れた後も、亡くなった方と一緒にいたいと思う方は数多くいらっしゃいます。

亡くなった人を思い出す心のよりどころ(ネックレス)があり、いつも身近に感じながら毎日を過ごせるのは、ご遺族がとても安心できるもの。また「お墓へのお参りが頻繁にできない」という方も、納骨ネックレスがあれば、いつでも故人を偲んでお参りできます。

ネックレスへの納骨方法

ネックレスへの納骨の方法は、大きく分けて2つ。自分でお骨を粉状にしてネックレスに入れる方法と、お骨を販売メーカーに送り加工してもらうセミオーダーの方法です。

しっかりとネックレス内にお骨を封入したい場合はセミオーダーが、大切な遺骨だからご自分で納骨したい場合にはご自身で脳乙される方法がおすすめ。ご希望の方法やご予算に合わせて選ぶとよいでしょう。

納骨できるネックレスの選び方

納骨用のネックレスはチタン製、金製、誕生石つきのものなどさまざまな種類のものが販売されています。デザインについても色々なものがありますので、生前の故人の雰囲気やご自分のファッションに合うものなどを考え、選んでみるのはいかがでしょう。

また、大切な遺骨をいつまでも身につけていられるよう、きちんと閉まる形になっているかのチェックも大切。ネックレスに納骨したあと、ネジなどでしっかりと密封できる、きちんと接着剤で止められるなどの作りになっているかなどの確認も大事です。

納骨できるネックレス~遺骨ペンダント5選

未来創想では納骨できるネックレスとして遺骨ペンダントをご用意しています。ここではオススメの遺骨ペンダントを5点ご紹介いたします。

胸元でエレガントにゆれる「スウィングティア」

遺骨ペンダント|スウィングティア・シルバー925

「どこに納骨するのかしら」と思うほど、ネックレスとして自然なデザインの「スウィングティア」。シルバーの優しい輝きが、ゆらゆらと胸元で上品に揺れるのが魅力です。乾くことのない涙を重ねたようなデザインと純銀グレードの品質が、上質なアクセサリーとして使うシーンを選びません。

裏の小さなネジを開けて入れ接着剤で止める方式で、開けるためのドライバーからネジを止めるまでの道具はもちろん、その後のお手入れクロスも付属になっています。

耳かき約10杯ほどのご遺骨を納骨でき、ご希望に従って名前やメッセージなどの刻印もできます。曲面に職人がていねいに刻む文字で、よりパーソナルな手元供養品になるでしょう。

遺骨ペンダント「スウィングティア」の商品詳細はこちら

ジュエリーのような「月2|誕生石タイプ」

遺骨ペンダント | 月シリーズ・月2誕生石タイプ

丸みのあるシルバーの三日月に誕生石がきらめくネックレスは、とてもおしゃれで納骨をしているようには見えません。誕生石を入れたり、文字を刻印したりして、故人への想いを表せます。

丸みのあるペンダントトップへの文字は、職人が一つ一つ手作業で刻みます。思いを込めて刻む文字は、ネックレスにより特別感を添えるでしょう。

裏面にある口からロートで納骨し、ネジと接着剤でしっかり閉じるタイプです、ネジの開閉に必要なドライバーを含め、すべてがセットになっています。

遺骨ペンダント「月2|誕生石タイプ」の商品詳細はこちら

金属アレルギーの方に「NYニューヨーク・タイプ2|純チタン」

遺骨ペンダント|NYニューヨーク・タイプ2|チタン

遺骨をいつも身につけていたいけれど、金属アレルギーでネックレスが使えない…という方の思いを形にしました。金属アレルギーでも使いやすいと注目のチタンの中でも、より純度の高い純チタンを使用したネックレスです。

仏塔の頂点に立てられる”九輪”をイメージしたデザインは、亡き人の終の家としてもぴったりです。このような複雑なデザインをしても、しっかりした強度を保てる上に軽いのは、チタンのペンダントならでは。

さらに、納骨する前の重さはチェーンを入れて約5gと、ネックレスをつける習慣がない方でも気にならないほどです。手で開けられるネジ式の蓋を開けた中には、耳かき約27杯のご遺骨を納められます。納骨に使うロートや、ネジ緩みを防止する接着剤も付属しております。

遺骨ペンダント「NYニューヨーク・タイプ2|純チタン」の商品詳細はこちら

お骨をかけらのまま納骨できる「アーク・スリム」

遺骨ペンダント|ARKアークスリム・ステンレス(金属アレルギーを引き起こしにくいSUS316L)

“かけらのまま小さいネックレスに納骨したい”という、お客様のご要望から生まれた遺骨ペンダントです。やわらかな丸みを帯びたスティック状のペンダントトップは、裏側にスライド式の蓋を備え、粒状のご遺骨だけでなく、遺髪や大切なペットの毛などを入れられます。

使用しているステンレスは、アレルギーが起きにくい医療用のステンレス。ステンレスはやや重い金属のため、ネックレス部はステンレスと共にチタンもご用意しています。納骨した後に使うネジ、ネジ緩み防止剤、ネジを回すドライバーもセットになっています。

小ぶりでシンプルな形ですが、文字入れで自分だけの遺骨ペンダントに。やわらかなカーブのある形に、熟練の職人が一字一字ていねいに刻んだ文字が、故人への思いを伝えるでしょう。

遺骨ペンダント「アーク・スリム」の商品詳細はこちら

完全防水の「AZULアズール・ダイヤ」

遺骨ペンダント|AZULアズール・ダイヤ|シルバー925(完全防水・樹脂UVレジン)

純銀グレードの型に高品質の特殊樹脂を使って納骨する、新しい形の手元供養ネックレスです。ご遺骨は樹脂で固められるため完全防水になり、より多くのシーンで一緒に過ごせます。また、ご遺骨が湿気で傷むこともありません。

下に重心があるダイヤ型は、シャープなダイヤ型とハート型が組み合わさった形。2つの型があるため、樹脂の色を変えたり、片方だけに納骨したり…とバリエーションが豊かです。

ご遺骨はGPSつきカプセルで大切に移送し、職人の手によってひとかけらずつ納骨されます。グラデーションの美しい樹脂に浮かぶご遺骨は、亡き人をより身近に感じ、かけがえのない宝石のように、遺されたご家族の心を癒やすでしょう。

遺骨ペンダント「AZULアズール・ダイヤ」の商品詳細はこちら

納骨したネックレスと共にまた歩き始める

納骨したものをネックレスとして身につけるというのは、少し前まで考えられませんでした。そのためさまざまな意見があり、戸惑う方も多くいらっしゃるでしょう。

けれども亡くなった方への思いや喪失感などは、その人にしかわかりませんし、現代の供養への考えも変わってきています。

ネックレスによる納骨を選ぶ中には、最初にネックレスに納骨し、やがて自分の気持ちの整理がついたらそのペンダントをお墓に一緒に納める、という方もいらっしゃいます。一番大切なのは、故人を偲びつつも故人の死をどう向き合い、受け入れていくかでしょう。

辛い悲しみを癒やし、これから先の人生を悲しみだけでなく前向きな気持ちを持って生きていく。その一つの方法として手元供養の未来創想では、ネックレスへの納骨をご提案いたします。

未来創想の遺骨ペンダントを選ぶ

どんなことでもお気軽にお電話ください。フリーダイヤル0120-77-3794(受付時間10:00~17:00 土日祝除く)

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事