このエントリーをはてなブックマークに追加

お骨を入れるネックレスの選び方

お骨を入れるネックレスの選び方

葬儀や供養、お墓に対する考え方が多様化してきた現在、亡くなった方のお骨の一部をネックレスに入れて供養する方法は、新しい供養の形として広く受け入れられるようになっています。

それだけにネックレスのデザインや種類もさまざまなものがあり、実際にお骨を入れるネックレスを選ぶとき、悩んでしまわれる方も多いようです。

今回は、お骨を入れるネックレスの選び方をいくつかご紹介いたします。

デザインで選ぶ

未来創想オリジナルデザインのシルバー925製遺骨ペンダントは、ご遺骨を安全に保管するための構造です。

お骨を入れるネックレスは、通常のアクセサリー同様にいろいろなデザインがあり、形や素材もさまざまなものが揃っています。そうした中から、故人の趣味や好み、故人との思い出などにちなんで、今は亡き愛する人をイメージしやすいデザインを選ばれる方が多いようです。

もちろん、ご遺族の方ご自身のファッションやお好みにあわせて選ばれるのもよいでしょう。いつでもどこでも身につけていたい場合には、シーンを選ばないシンプルなデザインもおすすめ。

また故人との特別な思い出をもとにして、世界でたった一つだけのペンダントをデザインできるオーダーメイドタイプのものもあります。

機能で選ぶ

純度の高い純チタンを使用した遺骨ペンダントファミリア。金属アレルギーを引き起こしにくい遺骨ペンダントです。

大切なお骨の入れ物でもある遺骨ペンダントは、機能性に優れたものを選ぶのが、もっとも大切なポイントです。なかでも一番確認しておくべき機能は、防水性。

家事で水仕事をしたり、外出中に急な雨にあったりなど、日々の生活の中でネックレスに水滴がかかってしまうことは避けられません。またネックレスは直接肌に触れますから、どうしても汗や皮脂などがついてしまいます。

そう考えると大切なお骨を水滴や湿気から守るためには、少なくとも生活防水仕様が必須でしょう。さらに温泉や水辺のレジャーなどへも故人の思い出と一緒に出かけたいという場合には、完全防水タイプのネックレスが最適です。

そのほかの機能として、金属アレルギーに対応したペンダントもあります。金属アレルギーの方のために、アレルギーの出にくいチタンやステンレスを素材として使用。

一般的なアクセサリーをつけられないという場合でも、いつでも安心して身につけられるように作られたネックレスです。

アフターケアで選ぶ

お骨ペンダントのアフターケア

お骨を入れるネックレスは長期間に渡って使用されるものだけに、日頃のメンテナンスだけでなく、購入後のアフターケアも大切なポイントです。

大切なお骨を保管するためのネックレスは、通常のアクセサリーよりもはるかに高い耐久性があります。汗や脂などの日常的な汚れをしっかり拭き取るなどの、こまめな手入れが美しさを保つ秘訣。

それでも肌身離さず身につけるうちには、どうしても金具が多少緩んだり、小さな傷がついたりという傷みが出る場合があります。また、長い間に少しずつ汚れが溜まって、通常のお手入れでは落ちなくなってしまう場合も。

単なるアクセサリーではなく、簡単に取り替えたりできない特別なネックレスだからこそ、先々を考えて修理やクリーニングなどのアフターケアが充実した製品を選ぶのは、とても大切です。

人気の遺骨ペンダント・ネックレス5選

迷ってしまうときには、人気の遺骨ペンダントやネックレスを見てみましょう。悲しみの中で、亡き人に慰められながら、ともに歩きたいという想いを共有できるかもしれません。その中から、自分の心にピッタリなネックレスを選んでください。

シンプルな銀の三日月ネックレス| 月2誕生石タイプ

12種類の誕生石から選べるシルバー925製の遺骨ペンダント。生活防水に対応しています。

大切なお骨を入れるペンダントトップは、優しい三日月に誕生石が光る人気のデザイン。素材は純度92.5%の銀(シルバー925)で、銀器などでは“純銀”と表示される最高の品質です。

生活防水対応のため日常的に使用でき、手入れを続ければ味のある輝きへと変化します。亡き人の誕生石を入れても、お守りとして自分の誕生石を選ぶのも、また、2人の思い出の石を選ぶのもよいでしょう。

シンプルな銀の三日月ネックレス「月2誕生石タイプ」の商品詳細はこちら

力強さを感じるネックレス | シルバー アンティークスティック

遺骨ペンダント|アンティークスティック・シルバー925

壁画のような模様をデザインしたペンダントトップは、存在感があり力強さを感じさせます。やや大ぶりのため、体の大きな男性も使用しやすいでしょう。

遺骨ペンダントの中では大きめで手で開けられるネジ式の蓋のため、遺骨を少し多めに入れたい方や髪の毛を遺しておきたい方にもピッタリです。

素材は高品質のシルバー925。渋い風合いのいぶし銀「モザイク」と、華やかな「アラベスク」があり、ペアで持つのも素敵です。

力強さを感じるネックレス「シルバー アンティークスティック」の商品詳細はこちら

優しい銀のネックレス| 涙のしずく

涙の形をデザインした、コロンと可愛いティアドロップ型の遺骨ペンダント涙のしずく。シルバーの優しい輝きが魅力のお骨を入れるペンダント。

大切な人との別れの辛さは、涙が教えてくれ、涙が癒してくれます。溢れ出す悲しみを受け止め、心を落ち着けてゆく涙型のペンダントトップが“涙のしずく”。

シルバー925で作られた涙型は、コロンとした形がどこか愛らしく優しい印象で、シンプルな形なので、どのような服装にもしっくりなじみます。生活防水仕様ですから、日常で使うのにも安心。

たくさん流した涙が、悲しみの中にいる人を支えてくれることを願って作られたデザインのネックレスです。

優しい銀のネックレス「涙のしずく」の商品詳細はこちら

ステンレスの遺骨ペンダント | アーク・スリム

ステンレスの遺骨ペンダント | アーク・スリム

ペンダントトップが小さいものは、遺骨を粉末にして納めるのが主流です。そのようななか、「小さくてもお骨を欠片のまま入れられる品を」との要望にお応えしたのが、ステンレスで作られた遺骨ペンダント「アーク・スリム」。

背面が大きく開くようになっており、小さなお骨の欠片なら、そのまま入れられます。お骨を入れた後は小さなネジでしっかり閉めれば、生活防水に対応。ネジを締めるためのドライバーも付属しています。

ステンレスは重さが気になりますが、小さなトップのため重さはあまり感じさせません。さらに、アレルギー体質の方も使用しやすいように、ネックレスチェーンはステンレスとチタンから選べます。

ステンレスのチェーンでは重さが気になる場合は、軽いチタンがおすすめです。ステンレスは、ペンダントトップ、チェーンともに医療用SUS316Lを使用。安定性が高く、汚れに強いステンレスの中でも高品質で、ほとんどアレルギーが出ないものです。

ステンレスの遺骨ペンダント「アーク・スリム」の商品詳細はこちら

セミオーダーのネックレス| アズール(星R)

セミオーダーのネックレス| アズール(星R)

空の雲のように、海のしずくのように、ご遺骨を美しく並べエナメルで固めたアズールシリーズ。完全防水になるため、“一緒に旅行に行きたいけれど温泉などで手放すのが不安”という方にもおすすめです。

星Rのペンダントトップは、台座が銀製の小ぶりの星形で、片面がお骨を入れた美しいカラーの星、反対面が銀の星になります。装いやその日の気分で表裏を使い分けるとよいでしょう。

ご遺骨をお預かりして、職人が丁寧に作り上げるセミオーダー品なので、大切なご遺骨が無事に行き来するよう、細心の注意を払っています。

※変質する場合があるため動物はお受けできません

セミオーダーのネックレス「アズール(星R)」の商品詳細はこちら

お骨を納めたネックレスと再び思い出作りを

亡くなった方のお骨を納め、残されたご遺族の心のよりどころとして長く身につけて使用されるネックレス。故人への想いがつまったネックレスは使い続けるほど愛着が積み重なり、ご遺族にとってかけがえのない存在となっていきます。

お骨を入れるネックレスについて、どのような製品を選んだらよいかがわからない、いろいろなネックレスの機能やアフターケアについて詳しく知りたいなどといった場合は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

ご遺族の想いに寄り添いながら、お一人お一人にご満足いただける製品選びのお手伝いをさせていただきたいと、未来創想では考えております。

未来創想の遺骨ペンダントを選ぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事