このエントリーをはてなブックマークに追加

分骨の方法について~手元供養の知識

分骨には、大きく分けて2種類の方法があり、それぞれ必要な手続きが異なります。「手元供養のため家族の遺骨を分骨したいけれど、どうしたらいいかわからない」という方のために、分骨の方法をまとめました。

方法1~お墓に埋葬されているお骨を分骨する

すでにお墓の中に埋葬されてしまっている遺骨を、一度お墓から取り出して分骨する方法です。

どんな場合に行われる方法?

多く行われるのは、実家のお墓が遠方でなかなかお参りに行けないなど、お墓参りが難しくなったとき。近くに新しくお墓を建立し、そこに納めるためにお墓のお骨を分骨します。

また、一度はお墓へ納骨したものの、つよい悲しみや喪失感からなかなか立ち直れない…。そんな方が改めて手元供養を検討する場合なども、いったん取り出して分骨する方法が採られます。

大切な方を再び身近に感じることができれば、つよい悲しみや喪失感も少しずつ癒されるかもしれません。

この方法に必要な手続きは?

お墓の遺骨から分骨する手続きは、次の通りです。

  1. 分骨用の骨壷を用意する。
  2. お骨が埋葬されている墓地の管理者から、分骨証明書を発行してもらう。
  3. 自身で墓石を動かすことが困難な場合は、石材店へ作業を依頼する。
  4. お骨を取り出し分骨して、用意した骨壷に納める。
  5. 新たに埋葬する墓地の管理者へ分骨証明書を提出し、分骨したお骨をお墓へ納骨する。

遺骨を手元供養として手元で保管する場合は、原則として分骨証明書は必要ありません。ただ、何かの事情でいずれ再びお墓に納めることになった場合に、分骨証明書が必要になるため、大切に保管しておくとよいでしょう。

なお墓石を動かす際に、”魂抜き”などと呼ばれる供養が必要な場合もあります。

方法2~火葬場で分骨する

遺体を火葬場で荼毘に付し、お骨上げをする際に、その場で分骨する方法です。

どんな場合に行われる方法?

遠方に暮らす親族の間で、別々のお墓への納骨があらかじめ決まっている場合などに行われる分骨方法です。

また家族を突然亡くされた場合などに、遺骨と離れがたい想いを抱かれるのは、とても自然でよくあること。そうした方が、お骨の一部を取り分けて手元供養にする際にも、火葬場での分骨方法が採られます。

この方法に必要な手続きは?

火葬場で分骨する場合の手続きは、次の通りです。

  1. 葬儀社へ分骨の希望を伝え、分骨用の骨壷をあらかじめ用意しておく。
  2. 火葬場の窓口で、必要枚数の分骨証明書を発行してもらう。
  3. 火葬場の担当者や遺族の手で、お骨をそれぞれの骨壷に分けて納める。
  4. 埋葬する墓地の管理者へ分骨証明書を提出し、分骨したお骨をお墓へ納骨する。

遺骨ペンダントへ納骨を希望する場合は、納骨部分が小さいので少量のお骨が入る小さな容器などを用意するとよいでしょう。遺骨を持ち帰ってから、自宅でゆっくり納めるのがおすすめです。

後々のことを考え、分骨したお骨を手元供養にするときにも、分骨証明書は大切に保管しましょう。

分骨の際におすすめのミニ骨壷5選

現在、遺された人のさまざまな想いや、供養の形に応えるミニ骨壷があります。

シックな持ち運べる分骨骨壷「シンプルクラシック」

上品で落ち着いたカラーのミニ骨壷”シンプルクラシック”です。

霞がかったカラーのミスティ・シルバーは、表面に小さなガラス珠を吹き付ける方法を採っていて、なめらかな感触が特徴です。一本の真鍮の棒から熟練の技で作り出されているので、フタがぴったり閉まります。

小さな骨壷ですが、やや厚みのある真鍮で、意外にずっしりとしているのも特徴。本体だけでも衝撃に強い安全設計となっていますが、さらに、お骨を入れる中袋と骨壷を入れる外袋もついて、持ち運べる骨壷として万全の形です。

ミニ骨壷「シンプルクラシック」の商品詳細はこちら

形がかわいいミニ骨壷「蕾・艶シリーズ」

艶シリーズは、「陶芸家 市川博一氏」監修のミニ骨壷。壷の胴体部分の造形が上品で釉薬の透明感が格調高い印象です。

骨壷の内側は、職人の手による金箔貼りの方法がとられ、特別な方のご遺骨を納める分骨用のミニ骨壷として最適。また、お客様からのご要望が多い、骨壷本体に名前入れ加工もできるので、手元にご遺骨を残して、自宅供養をお考えの方に大変人気の骨壷です。

フタにはかみ合わせ用の小さな突起があり、倒れてもフタが取れない安心の形です。

ミニ骨壷「蕾・艶シリーズ」の商品詳細はこちら

小さくて美しいミニ骨壷「 Hosta(ホスタ)」

一見すると香水瓶のような、小さくて美しいミニ骨壷の「Hosta」。片手のひらで包み込める、愛らしいサイズの骨壷です。

金属の特性を生かした、優美なカラーが3種類で、表面には梨地加工をほどこし、金属でありながら、上品で柔らかな印象の仕上がりになっています。

優しい曲線で配置された5つのスワロフスキーが華やかさを添え、小さいながらも特別な存在感。わずかな分骨で済みますから、家族が色違いで遺骨を持ったり、仏壇に並べたり、さまざまな方法で飾れます。

真鍮製でネジブタ方式のため、倒れたり落ちたりしてもお骨が散らばることはありません。小さな祈りのスペースにもなる専用箱付きです。

ミニ骨壷「Hosta(ホスタ)」の商品詳細はこちら

かわいくてオシャレな分骨骨壷「グランブルー」

ご遺骨を自宅やお手元で供養をしたい気持ちを叶える、手元供養のためのおしゃれでかわいいミニ骨壷です。

可愛いたまご型のデザインですが、落ち着いた色が魅力のグランブルーシリーズ・シャインフラワー。片手のひらに乗る分骨に最適な小さなサイズのお骨入れです。インテリアに溶け込み、一見してご遺骨が中に入っている様には見えませんので、置く場所に困らないおしゃれなデザインのミニ骨壷。

さらに、納骨袋付き。そしてネジタイプの蓋でしっかり蓋を閉めることができますので、湿気からもご遺骨を守ることができ、ご遺骨を保管しながら供養できる気密性に優れたミニ骨壷です。

ミニ骨壷「グランブルー」の商品詳細はこちら

シンプルで飾りやすい形の分骨骨壷 「いおり」

直径と高さ7.5cmの円筒形骨壷の”いおり”は、一番小さい2寸の分骨用骨壷より、やや小さめの大きさ。ミニ骨壷にしては口径が広く取られていて、喉仏を崩さずに納められます。

遺骨の中で一番大事な骨ともいわれる喉仏を、お守りとして身近に置くのに最適の骨壷です。小さなクロスと小さな内袋がついているので、骨壷としてだけでなく、遺品入れとしてもぴったり。

さまざまなインテリアに合いやすい、落ち着いた4種類のカラーから好みのものが選べます。シンプルな形とともに、形にとらわれない祈りのスペースが作りやすい骨壷です。

ミニ骨壷「いおり」の商品詳細はこちら

分骨には親族の了解を得るのも忘れずに

どのような方法で分骨するにしても、自分だけで分骨を決めてしまうのではなく、他の親族に相談しておくことも忘れないようにしてください。

仲のよい親族でも、葬送や遺骨などについての考えは同じではありません。”すべての遺族が仲睦まじく”、それこそが故人への一番の供養となるでしょう。そのため、しっかりと親族の了解を得てから、分骨の手続きを始めるのをおすすめいたします。

分骨の方法、手続きなどについてお困りの際は、ぜひお気軽に未来創想へお問い合わせください。私たちはすべてのご遺族のお力になりたいと思っております。


未来創想のミニ骨壷を選ぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加

未来創想のご紹介

未来創想

手元供養の未来創想は、手元供養品の遺骨ペンダント、ミニ骨壷、ミニ仏壇を日本で最初に製造販売し、多くの方に手元供養を紹介してきました。未来創想では従来の形にとらわれない、新しい葬送・供養・想いをご提案しています。

未来創想について

カタログのご案内

カタログの写真

手元供養のためのカタログを無料でお送りしております。ぜひ、ご自宅でゆっくり未来創想の手元供養品コレクションをご覧下さい。

カタログのご請求はこちら

仏壇を持つのが初めてという方も安心

まずはこちら

届いたその日にお線香をお供えして、チーンとおりんを鳴らし、手を合わせることができます。お仏壇を持つのが初めての方に安心してお使いいただけるよう、充実のセット内容でお届けします。

やさしい時間・祈りの手箱を詳しくみる

未来創想のはじめての手元供養セット

手元供養セット

はじめて手元供養をされる方におすすめの「お得なミニ仏壇セット」。仏具、おりん、ミニ骨壷など、まずミニ仏壇と一緒に揃えたい手元供養の人気商品をセットにしました。

はじめての手元供養セットを詳しくみる

お客様の声

ミニ仏壇

未来創想では、暮らしに寄り添う小さくてオシャレなミニ仏壇をご用意しました。
大切な人の写真と一緒に飾れる仏具セットも取り揃えています。

全てのミニ仏壇をみる

ミニ骨壷

大切なご遺骨を自宅や手元に残しておける美しいミニ骨壷をご用意しました。
いつも身近に感じて傷ついた心を癒していくためのグリーフケアのミニ骨壷です。

全てのミニ骨壷をみる

遺骨ペンダント

愛する人を亡くした時、人は生きる気力すらなくしてしまうことがあります。
遺骨をペンダントに納め身につけ、一人ではないと感じることができます。

全ての遺骨ペンダントをみる

仏具

従来の形にこだわらない、手元供養にぴったりの可愛くて
スタイリッシュな仏具をご案内します。お部屋にさりげなく置けるオシャレなおりんや仏具は、
大切な故人を身近で祀る手元供養に彩りと華をそえます。

全ての仏具をみる

関連する記事