このエントリーをはてなブックマークに追加

遺骨ペンダントへのお骨の入れ方

遺骨ペンダントの封をする

遺骨ペンダントをご購入いただいたお客様から、「お骨の入れ方が分からないのだけど…」といったご質問をいただくことがしばしばあります。そこで今回は、遺骨ペンダントへのお骨の入れ方について、具体的にご案内させていただこうと思います。

お骨の入れ方

遺骨ペンダントがお手元に届き、さっそくお骨を納めようとしたけれども、実際にお骨を目の前にしてみると「入れ方がよく分からない」と戸惑ってしまわれる方が多いようです。

具体的な手順としては、次のようになります。

  • 1.お骨を細かく砕く
  • 2.遺骨ペンダントにお骨を入れる
  • 3.封をする

1.お骨を細かく砕く

お骨を細かく砕く

遺骨ペンダントに入るお骨の量は、デザインによる違いはありますが、お米の粒で約5~10粒ほどと、かなり少量となっています。このため、遺骨ペンダントに納める際には、お骨を細かく砕いていただく必要があります。

お骨を砕くと言うと「硬いもので強く叩いたりしなくてはならないの?」と、ご心配される方もいらっしゃるかもしれません。しかし、実は火葬されたお骨には、少し触れただけで崩れてしまうような部分も多いのです。そうした部分を選んでいただければ、指でそっと砕いてあげられます。

なお、未来創想では、お骨を砕くための器具「アッシュメーカー」もご用意しておりますので、そちらをご利用いただいてもよろしいかと思います。

2.遺骨ペンダントにお骨を入れる

遺骨ペンダントにお骨を入れる

次に、砕いたお骨を遺骨ペンダントに納めます。遺骨ペンダントのネジ・蓋を外し、付属のロートを使ってお骨を少しずつ中へ入れていきます。

入れ方のコツは、お骨を入れたら、遺骨ペンダントを軽く揺すってあげることです。お骨を入れては揺する作業を繰り返していくと、小さな遺骨ペンダントにも、思いのほかしっかりとした量のお骨を納めていただくことができます。

(ペンダントによってはロート不要の商品もございます。詳細は各商品ページをご覧ください。)

3.封をする

遺骨ペンダントの封をする

遺骨ペンダントにお骨を入れ終わったら、ネジ部分に付属の接着剤をつけ、ふたたびしっかりとねじ込んで封をします。

こうして密封することで、蓋が外れてお骨が飛び出してしまうことを防ぎ、お骨を湿気や汚れから守って、いつまでも安心して身につけていただけます。

お骨の入れ方に決まりはありません

遺骨ペンダントへのお骨の入れ方をご案内してきましたが、入れ方にはとくに作法や決まりごとがあるわけではなく、必ずしもこの方法でなくてはならないということではありません。ご自身が入れやすい方法で、入れていただければと思います。

未来創想の遺骨ペンダントは、お骨を納めるために必要な道具をすべてセットにしてお届けしております。

遺骨ペンダントへのお骨の入れ方

それぞれの道具の使い方や、遺骨ペンダントへのお骨の入れ方についてのご不明な点は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

未来創想の遺骨ペンダントを選ぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加

未来創想のご紹介

未来創想

手元供養の未来創想は、手元供養品の遺骨ペンダント、ミニ骨壷、ミニ仏壇を日本で最初に製造販売し、多くの方に手元供養を紹介してきました。未来創想では従来の形にとらわれない、新しい葬送・供養・想いをご提案しています。

未来創想について

カタログのご案内

カタログの写真

手元供養のためのカタログを無料でお送りしております。ぜひ、ご自宅でゆっくり未来創想の手元供養品コレクションをご覧下さい。

カタログのご請求はこちら

仏壇を持つのが初めてという方も安心

まずはこちら

届いたその日にお線香をお供えして、チーンとおりんを鳴らし、手を合わせることができます。お仏壇を持つのが初めての方に安心してお使いいただけるよう、充実のセット内容でお届けします。

やさしい時間・祈りの手箱を詳しくみる

未来創想のはじめての手元供養セット

手元供養セット

はじめて手元供養をされる方におすすめの「お得なミニ仏壇セット」。仏具、おりん、ミニ骨壷など、まずミニ仏壇と一緒に揃えたい手元供養の人気商品をセットにしました。

はじめての手元供養セットを詳しくみる

お客様の声

ミニ仏壇

未来創想では、暮らしに寄り添う小さくてオシャレなミニ仏壇をご用意しました。
大切な人の写真と一緒に飾れる仏具セットも取り揃えています。

全てのミニ仏壇をみる

ミニ骨壷

大切なご遺骨を自宅や手元に残しておける美しいミニ骨壷をご用意しました。
いつも身近に感じて傷ついた心を癒していくためのグリーフケアのミニ骨壷です。

全てのミニ骨壷をみる

遺骨ペンダント

愛する人を亡くした時、人は生きる気力すらなくしてしまうことがあります。
遺骨をペンダントに納め身につけ、一人ではないと感じることができます。

全ての遺骨ペンダントをみる

仏具

従来の形にこだわらない、手元供養にぴったりの可愛くて
スタイリッシュな仏具をご案内します。お部屋にさりげなく置けるオシャレなおりんや仏具は、
大切な故人を身近で祀る手元供養に彩りと華をそえます。

全ての仏具をみる

関連する記事