このエントリーをはてなブックマークに追加

お線香の本数に決まりはある?

お線香の本数に決まりはある?

お仏壇にあげるお線香、本数は何本が正しいのでしょうか?親戚など他家へ訪問してお仏壇にお参りしたり、またご自宅のお仏壇をお世話したりする際のために、お線香の基本的なお作法についてご紹介いたします。

宗派などによって異なるお線香の本数

お線香の本数やあげ方は、じつは宗派によって、また地域の慣習や各寺院の伝統などによっても、少しずつ異なっている場合が多くあります。そういった意味では、「これが絶対に正しい」と言い切れるお作法は“ない”というのが実際のところかもしれません。

ここでは一般的な目安として、各宗派ごとのお作法についてまとめました。

天台宗・真言宗

お線香の本数は、3本とされています。これは「三宝」といって、仏様・法の教え・僧のすべてを大切にご供養するという考えによるものなのだとか。自分から見て逆三角形になるよう、香炉には手前に1本、奥に2本の線香を立てます。

曹洞宗・臨済宗・浄土宗・日蓮宗

お線香の本数は1本、香炉の中央に立ててお供えします。お線香を立てるのは、昔、僧侶が修行する際にお線香を立て、1本が燃え尽きる間を目安として時間を計ったことに由来するとも言われています。

浄土真宗

お線香の本数は曹洞宗などと同じく1本ですが、立てません。香炉の幅に合わせてお線香を折り、煙の出ている側を自分から見て左にして香炉の中に寝かせてお供えします。

なお、お作法について心配なときは、それぞれのご家庭の菩提寺にお尋ねするのが一番です。また他家に訪問したときなど、宗派が分からない場合には、いつもご自身がされている方法でお線香をあげても、とくに失礼にはならないでしょう。

お線香をあげるときに気をつけたいこと

さらに、いずれの宗派の場合でも、基本的なマナーとして気をつけるべきお作法があります。

お線香をあげる前にはお仏壇の前で一礼、さらに他家にてお参りする場合はご家族にも一礼を。また、お参りの後にも、再びお仏壇やご家族に一礼をお忘れなく。

お線香は本数に関わらずまとめて手に持ち、ロウソクの火でつけます。お線香に直接火をつけてはいけません。ロウソクに火がついていないときは、自分でまずロウソクをつけましょう。

そして、お線香やロウソクの火を消すときは、決して口で息を吹きかけてはいけません。必ず手であおいで消しましょう。

初めての方でもお線香をあげたりお世話がしやすいミニ仏壇・仏具

お線香の作法をはじめ灰のお手入れだったりと、お仏壇のお世話は何かと大変です。ここでは、お仏壇のそれらのお世話がとてもしやすい、現代スタイルのミニ仏壇と仏具をご紹介いたします。

洋風ミニ仏壇セット|やさしい時間 祈りの手箱(ナチュラルセット)

洋風ミニ仏壇セット_やさしい時間 祈りの手箱(ナチュラルセット)
木のぬくもりがやさしい印象の「祈りの手箱」は、フタがついていて、閉めると仏壇であることを感じさせないデザイン。必要な仏具とお線香が揃っていて、初めてで何を揃えれば良いのか分からない方にも安心です。

洋風でやわらかな印象のミニ仏壇は、ナチュラルカラーが祈りの空間を明るい印象に作ってくれます。

洋風ミニ仏壇セット|やさしい時間 祈りの手箱(ナチュラルセット)の商品詳細はこちら

洋風ミニ仏壇セット|やさしい時間 祈りの手箱(ブラウンセット)

洋風ミニ仏壇セット_やさしい時間 祈りの手箱(ブラウンセット)
ブラウンを基調とした、「祈りの手箱」お色違いのミニ仏壇セットです。木のぬくもりはそのままに、少し落ち着いた印象を好まれる方におすすめ。

職人の手仕事で作られる木の曲線美は、ミニサイズの仏壇ながら、とても上品な仕上がりで、どんなお部屋にもフィットするシンプルさも魅力のひとつです。

洋風ミニ仏壇セット|やさしい時間 祈りの手箱(ブラウンセット)の商品詳細はこちら

モダンなミニ仏壇セット|アリーナ・ピュアホワイト(セットプラン1)

モダンなミニ仏壇セット_アリーナ・ピュアホワイト(セットプラン1)
金属の優雅な曲線美が冴える、とてもモダンな印象のミニ仏壇セットです。飾るお写真はマグネットで留めるタイプですので、好きな位置に、またいろいろなお写真に自由に変えていただくことができます。

清潔感のあるピュアホワイトのミニ仏壇は、まるで天使が寄り添ってくれているかのように、故人とご遺族の気持ちをつないでくれることでしょう。

モダンなミニ仏壇セット|アリーナ・ピュアホワイト(セットプラン1)の商品詳細はこちら

手元供養の仏具|Potterinポタリン|オールインワン仏具(銀)

手元供養の仏具_Potterinポタリン_オールインワン仏具(銀)
花立・香立・火立・おりんが、オールインワンにコンパクトにまとまった仏具は、2015年にグッドデザイン賞を受賞した、モダンなデザイン。

「仏壇はないけれど、お線香をあげながら故人に語りかけるスペースが欲しい」。そんな方にぴったりです。仏具であることを感じさせない洗練されたデザインは、インテリアを引き立てながらあらゆる空間にフィットします。

手元供養の仏具|Potterinポタリン|オールインワン仏具(銀)の商品詳細はこちら

手元供養の仏具 |虹シリーズ|リンセンスRINCENSE・柄入り(墨色)|おりん・お線香立て

手元供養の仏具-_-虹シリーズ_リンセンスRINCENSE・柄入り(墨色)_おりん・お線香立て
お線香・香立・おりんが一体型となった仏具「リンセンス」。かわいらしい柄と、心を落ち着かせてくれる墨色が、さりげなく特別感を持たせてくれます。

ふと悲しみが押し寄せたときは、お香の香りとおりんのやさしい音色に癒やされながら、静かに祈りをささげてみるのも良いかもしれません。ミニ骨壷とともに、手元供養のアイテムとしてお求めになる方も多い仏具です。

手元供養の仏具 |虹シリーズ|リンセンスRINCENSE・柄入り(墨色)|おりん・お線香立ての商品詳細はこちら

お線香に真心を込めて

お線香の香りは、仏様やご先祖様の「食べもの」だと言われています。本数など正しいお作法を知ったうえで、真心を込めてお線香をあげ、豊かな香りを十分に召し上がっていただきたいものですね。

仏壇を管理するのが心配な方は、ご紹介したミニ仏壇や仏具を選ぶのもひとつの方法です。

未来創想では、お線香のお作法をはじめ、お仏壇に関するさまざまなご相談を承っております。どうぞ、お気軽にお問い合わせくださいませ。

未来創想のミニ仏壇を選ぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事