仏壇に関する記事

通販で仏壇を買う際のメリットとデメリット

通販で仏壇を買う際のメリットとデメリット

“町の仏壇屋さん”が減ってきた現在、通販で仏壇を選ぶ時代になりつつあります。仏壇を通販で買うメリットやデメリットをまとめると、家具を通販で買うときと似通っていました。

仏壇を通販で購入するメリット

メリット

インターネットが普及し、ネット通販が身近になった今、仏壇も通販での購入が増えています。

価格が安く抑えられる

通販は人件費などが抑えられるので、仏壇に限らず通常より安い価格で買える場合が多いです。特に、低価格の仏壇は、実店舗での販売だと元値が低くなるため、作りの弱いものが多くなってしまいます。

安くてよいものが買えるのが、通販で仏壇を購入する最大のメリットでしょう。

置き場所を確認できる

仏壇は置くスペースのサイズが必要なのはもちろん、開閉するデザインでは、扉を開いた状態で邪魔にならないかなどの確認が必要です。

届いたけれど置けなかったり、うまく開かないというのを避けるためにも、サイズ確認はしっかりしたいもの。置き場所の前で、サイズや周りの状態を確認しながら検討できるのが、通販のメリットです。

見比べが簡単

歩き回って見比べなくても、通販ならカタログや画面を見るだけで比較検討ができます。近所に仏壇店が多くない場合や、出歩くのに負担がかかる人、忙しくて店舗へ行く時間がない人には、通販で選ぶのがよいでしょう。

好きな時間にいつでも見比べられるので、家族の意見なども聞きやすく、大事な方のイメージやライフスタイルに合わせてじっくりと検討できます。

いつでも注文できる

ネットやファックスでいつでも注文できるのも、通販の魅力。じっくり検討した後は、スピーディーに発注ができます。また、悲しくて外へ出るのがおっくうなときも、通販なら注文しやすいでしょう。

仏壇を通販で購入するデメリット(注意点)

デメリット

通販で仏壇を購入するデメリットは、販売店とやりとりすれば、ほぼ解消されます。

イメージと違う

仏壇に限らず実物を見ない通販では、手元に届いたときに“思っていたのと違う”というリスクを常にはらんでいます。立体のものを平面の写真で紹介されているのが、通販の一番の難しさ。

立体の仏壇が平面になっているだけでなく、一定の大きさの画像にさまざまな大きさの仏壇や仏具が紹介されますから、実際のサイズや形はイメージするしかありません。

また、実際の色と画像の色をぴったり合わせるのは至難の業。艶や堅さなどの質感にいたっては、画面にヒントがあるとはいえ伝わりにくいのも確かです。不安材料があれば、納得いくまで通販先に問い合わせるか、実店舗があれば出向いてみるのもよいでしょう。

どのようなのがよいのか迷う

仏壇は宗派ごとに、さまざまなしきたりがあります。家庭で信仰の宗派がある場合、どのような仏具が必要なのか迷ってしまうときもあるでしょう。初めてだと、なにをどう尋ねていいのかもわからない状態になることも。

実店舗なら、やりとりしながら仏壇をみてイメージが固まる場合もありますが、通販では、多くの中から自分で探さなければならないときもあります。

仏壇設置は自分で

仏壇を通販で買うとき、設置までお願いできるかどうかは大きな問題。特に大きさのある仏壇は、持つ位置なども決まっていて、専門的な知識も必要な場合があります。

一人で動かせるくらいの小さな仏壇なら問題ありませんが、大きさがあるときは、傷めないように設置できるかどうか、購入前に確認するとよいでしょう。

小さなミニ仏壇や手元供養品なら通販で

流通コストや店舗・人件費コストが抑えられる通販には、手ごろな価格の品物ほど向いているといえるでしょう。なかでも、シンプルで小さな品物は、少ない写真でもイメージしやすく、通販での購入向きです。

未来創想が扱うのは、日常の生活空間の中に祈りの場を作る、小さな仏壇や手元供養品。大切な人を亡くされた心を癒すための品を、ぜひお探しください。

「ミニ仏壇」の商品一覧はこちら

未来創想のミニ仏壇を選ぶ

手元供養に関する情報をもっと知る
× CTAのバナー CTAのバナー