このエントリーをはてなブックマークに追加

やっていい?遺骨の自宅での保管

遺骨を自宅で保管することについて

大切な人の遺骨を、自宅で保管できないのでしょうか。いつも身近に感じていたいのに、納骨をしなければいけないと思うと、とても寂しい気持ちになりますよね。今回は、大切な人のお骨を身近におくことについてふれたいと思います。

遺骨の自宅保管、法律的に問題は?

納骨の時期としては、初七日以降が多く、四十九日や一周忌の法要に合わせて親族や知人に見守られながら納骨という形が多いと思います。けれど、どうしても手元に置いておきたいという方もいるでしょう。

葬儀の後は、お墓やお寺などに納骨を行うというのが一般的と考えられていて、遺骨の自宅での保管は法律的に問題があるのではないか?と思われがちです。しかし、問題ありません。

ただ、お墓を自宅の庭に作りその中や下に遺骨を埋葬することは、墓地以外に遺骨を埋葬してはいけないという法律により禁じられています。

“気持ちが落ち着くまで側に置いてよい”と、おっしゃってくださるご住職もいらっしゃいます。

なにより大事にしたい、故人を供養する気持ち

お墓や納骨堂など、しかるべき場所に納骨しなければ故人が成仏しないとか、故人が落ち着かないという話を聞いたことがありませんか?はては、祟りがあるかもしれないという話さえも…。しかし、それらは俗説や迷信です。

ただ、そのような俗説や迷信も、“故人をきちんとした形で供養してあげよう”という気持ちからきているのは間違いないでしょう。

一方、遺骨を自宅で保管したいという一番の理由も、“故人を手元に置いて、思い、心の支えになってもらいたい、大切に供養したい”という気持ちからきているのです。

どこに納骨しようとも、気持ちは同じなのです。また、自宅で供養すれば、故人も遺族のそばにいられて嬉しく思われるかもしれません。

遺骨の保管で故人が悲しむことがないように…

遺骨を自宅に保管して、手元供養するという形式は、これからの家族の情勢から見ると、増えていくのではないかと予想されます。

変化は少しずつ広がりを見せていますが、従来の考えが深く残っている人々も多く、納骨に対する考え方は、一番多様になっているのが現在かもしれません。

“お墓や納骨堂、お寺に納骨という古くからの形式が絶対”だと考える方もいれば、“家族の情勢は変わってきたし、そのときどきの状況に合わせて自宅で供養や分骨の形式にしてもよいだろう”と考える方もいます。

故人を供養しようという気持ちは同じなので、どちらが正しいというのもないでしょう。どのような形式にするか、一人が決めてしまうのではなく、親族間での十分な話し合いがとても大切です。

故人の遺骨のことでいつまでも、親族同士の折り合いがつかずいれば、故人は悲しく思うのではないでしょうか。

生前に家族の誰かが亡くなった場合を話し合うのも気が引けますが、遺族のためには供養の形式を決めておくのはとても大事です。故人も遺族も安らかな気持ちで、供養され、供養できる環境にしておきましょう。

遺骨の自宅保管は、遠い遠い将来も考えて

自宅で手元供養していても、いつかそれができなくなる日がやってきます。ライフスタイルが変わったり、供養していた本人も亡くなってしまったりと、さまざまな原因があるでしょう。

そうなったときには、お墓があればお墓に納骨、お墓がない場合は永代供養の納骨堂への保管、海や山の散骨、分骨であればほかのお骨と合わせて納骨という形になります。

その日は遠いか近いか予想できませんが、必ずくることは確か。その後の遺骨についても、親族で話し合っておきましょう。生前に話し合いをされておくと、故人も遺族も安心です。

遺骨を身近に保管するおすすめ供養アイテム5選

ほんのわずかな遺骨でも自宅に保管すれば、心のよりどころにできます。

おしゃれに遺骨を保管できるペンダント“月2”

“亡き人といつも一緒にいたい”という方におすすめなのが、遺骨ペンダント。柔らかな三日月型のフォルムに、わずかな遺骨を納められます。

自分で遺骨を入れられるネジ式のフタで、保管中にネジがゆるまないよう、専用接着剤も付属。フタはペンダントトップの裏にあるため、見た目はおしゃれな三日月のアクセサリーです。

三日月に光る宝石は、キュービックジルコニアのほか、誕生石の12種類から好きなものに変更もでき、文字入れとあわせて、“たった1つのデザイン”を作りやすいのが人気の遺骨ペンダントです。

遺骨ペンダント 「月シリーズ・月2」の商品詳細はこちら

2人分の遺骨をコンパクトに保管できる”スティックダブル”

一人暮らしなどで、自宅にいる時間が少ない人も増えているでしょう。そのような人にも最適なのが遺骨ペンダントですが、なかでもスティックダブルは1つのペンダントトップに2人分の遺骨を入れられ、コンパクトに保管できる設計。

シンプルなスティックタイプで、一見すると上から入れるだけのように見えますが、中にしきりがあり、底にもねじ式のフタがついています。

完全に2つの部屋に分かれるので、ひとまず1人分の遺骨を保管しておいて、後から別の遺骨を入れるのも可能。ご両親の遺骨を手元に保管するのはもちろん、大切な複数のペットの遺骨をコンパクトに保管するのにも適した遺骨ペンダントです。

遺骨ペンダント「シルバー 2人分のお骨が入るスティックダブル」の商品詳細はこちら

かわいくしっかり遺骨を保管:ミニ骨壷“パステル”

見るだけでほんのり心が明るくなるような、愛らしいフォルムとカラーのミニ骨壷の“パステル”。しかし、見た目の軽やかさからは感じられない、しっかりした重さも持っています。

持ち運べる骨壷のパステルは、移動中に考えられるアクシデントから大切な遺骨を守れるように、素材にも構造にもこだわりました。

移動中の振動や落下に耐えられ、自宅で保管中に地震やアクシデントで落下しても、遺骨を守ります。少々の振動にも揺るがないフタは、遺骨に大敵の湿気も寄せ付けません。万が一に備え、遺骨を納める内袋と骨壷を納める外袋も付属しています。

ミニ骨壷(持ち運べる分骨骨壷)「パステル」の商品詳細はこちら

おしゃれに遺骨を保管:ミニ骨壷“グランブルーシリーズ”

パステルと同じく、真鍮製でネジ式フタのミニ骨壷です。遺骨には湿気が大敵のため、ぴったりフタが閉まるのは、上手な保管をするのに大切な要素。グランブルーシリーズは、3種類の形がありますが、どれもフタがぴったり閉まります。

深く落ち着いたアースカラーに、大胆な模様。個性的にも見えますが、片手に乗るほどの小ささと、落ち着いた地色で上品に感じます。自宅に遺骨を保管するときにまず考えるのは、置き場所ではないでしょうか。

仏壇のない家庭が増えつつある現在、インテリアになじみやすいおしゃれな骨壷なら、日常生活の中で亡き人を想う場を作りやすいでしょう。

グランブルーシリーズは、6種類のデザインがあり、イメージやインテリアにあわせて選べます。

ミニ骨壷(コアボトル)「グランブルーシリーズ」の商品詳細はこちら

洋風ミニ仏壇セット:やさしい時間 祈りの手箱(ブラウンセット)

届いたその日に手元供養が始められる、ミニ仏壇セット“祈りの手箱”が進化。遺骨を保管するミニ骨壷とおりんがセットされ、亡き人を偲ぶ充実した祈りのスペースがすぐにできます。

“祈りの手箱”ブラウンにセットされるのは、持ち運べる骨壷の大人カラー”シンプルクラシック”と、美しい音色と形のおりん“チェリンミニ”。

シンプルクラシックは、パステルと同じく持ち運べる骨壷で、衝撃などにも強く、遺骨を保管するのにぴったり。また“祈りの手箱”は、フタのあるシンプルな木の箱の形なので、形見の品を保管するのにも最適です。

洋風ミニ仏壇セット「やさしい時間 祈りの手箱(ブラウンセット)」の商品詳細はこちら

遺骨を自宅や手元に保管するのが当たり前の時代に

手元で遺骨を保管するのは、遺された人の悲しみを癒す大きな力になるだけではありません。

現在の日本では、生涯未婚、核家族、一人っ子、故郷以外に永住というライフスタイルが増加、国土が狭いという理由から、皆がお墓を持つといつかは場所が足りなくなるという事実上の問題も。

日本の将来の状況を見据えても、自宅で遺骨を保管するという選択肢もあってもよいでしょう。故人のお骨を手元に置いて供養するのは、精神的にも物理的にも理にかなった方法なのです。

未来創想では、遺された人の悲しみが少しでも癒える、手元供養の商品を多くご提案しています。

手元供養品

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事