このエントリーをはてなブックマークに追加

分骨は良くない?分骨の手順と供養の方法

分骨

手元供養の質問の中で、もっとも多いのが「分骨は良くないと聞いたのですが…?」という心配からくるもの。

今回は、疑問の解決を含め、分骨について知っておきたいことや、分骨の方法をまとめました。

分骨は古来から行われてきた習慣

“分骨はよくないと昔から言われている”という意見もありますが、分骨そのものは古くから行われてきた習慣です。

尊い習慣とされる分骨

分骨は、何か良くないことや不吉なことなどではなく、むしろ“尊いこと”として古来から行われてきた習慣です。

例えば、仏教においてお寺などにお祀りされている”仏舎利”は、分骨したお釈迦様のお骨。キリスト教でも聖人の遺骨の一部が、”聖遺骨”として保管され、今に伝えられています。

いずれも、分骨によって世界の各地で人々の心の寄りどころとなった遺骨であり、祈りの対象として尊ばれているものです。

分骨は「良くないこと」ではない

現在でも、本山に喉仏を分骨して納める習慣が残っている地域があります。また、西日本では遺骨をすべて拾うのではなく、部分的に骨壷に納めるのが一般的。お骨上げの時点で、すでに分骨されていると言えるでしょう。

故人の遺骨を、自宅など身近において保管・供養する”手元供養”を選ばれる方が、年々多くなってきています。

こうした手元供養などでは、分骨(故人のご遺骨を分けること)が必要です。その分骨を、「良くないのでは?」と不安に思う方も多いのですが、決してそのようなことはありません。

分骨に関する迷信

分骨に関しては「魂が分割されるので成仏できない」「あの世で五体満足になれない」などといったことを耳にされる方も多いようです。しかし、それらはすべて何の根拠もない迷信なので、気に病む必要は何もありません。

このような迷信を気にされる背景には、遺骨に故人を重ねてしまう気持ちがあるからでしょう。

しかし、遺骨は故人が残していかれた“生きた証”なのであって、魂が留まっているわけではありません。もし魂が留まっていたら、そちらのほうが「成仏できない」という状況なのではないでしょうか。

生前に、事故などで身体の一部を失ってしまった方もいます。そのような方々が亡くなられたときを思えば、こうした迷信がなんと心ないものであるのかと、残念に感じられてなりません。

故人は遺された人の幸せを願う

故人はもともと愛する家族です。遺族が故人を想うように、遺された人の幸せを故人も願っているはずですから、分骨で家族に嫌な想いが起こるとは考えられません。故人を強く思うから、「分骨はよくないのではないか」と考えてしまうのでしょう。

それは裏返すと、故人と離れがたいという想いの現れ。だからこそ、「分骨して手元に置きたいけれど…」と悩んでしまうのです。

しかし、どのような角度から考えても、分骨によって故人や遺族に何か良くないことが起こったりはしません。安心して分骨し、気持ちが落ち着くまで手元に置くとよいでしょう。

分骨を行う手順や手続き・費用

分骨を行う手順や手続き・費用
「分骨が良くないことではない」とわかったところで、実際に分骨をどのように行えば良いか、その方法や流れについてご説明します。

分骨を行う方法は大きく2つ。1つは、火葬場で分骨を行うケース。もう1つは、お墓や納骨堂に納められている遺骨を分骨するケースです。

では、それぞれのケースごとに、分骨の手順や手続き、費用について見ていきましょう。

1.火葬場で分骨を行う

【手順】

  1. 分骨する数の骨壷を用意する
  2. 火葬場に「火葬証明書(分骨用)」もしくは「分骨証明書」を発行してもらう
  3. 火葬場で用意した骨壷に遺骨を納める
  4. 分骨先の管理者に「火葬証明書(分骨用)」もしくは「分骨証明書」を提出する

火葬場で分骨を行う場合、まず分骨する数の骨壷を用意します。

次に、火葬場に「火葬証明書(分骨用)」もしくは「分骨証明書」を発行してもらいましょう。

注意したいのが、火葬するときに発行される「火葬許可証」とは違うということ。火葬場によっては、証明書が当日の発行になってしまうため、事前に火葬場に連絡を入れて確認しておくと安心です。

また、手続きが面倒な場合や難しい場合は、葬儀社に依頼することができるので、別途お願いしておきましょう。

火葬場では、用意した骨壷にそれぞれ遺骨を納め分骨します。分骨した遺骨をお墓へ納骨する場合、それぞれの分骨先の管理者に「火葬証明書(分骨用)」もしくは「分骨証明書」を提出しましょう。

分骨した遺骨を納骨せず、手元供養する場合は、「火葬証明書(分骨用)」は必要ありません。

【費用】
火葬場で分骨を行う場合、分骨証明書の発行手数料が費用として発生します。各自治体によって金額に違いがありますが、一般的には300円程度が目安です。

またお墓に納骨する際に読経などを行う場合、お寺へのお布施が必要となります。

2.お墓や納骨堂に納められている遺骨を分骨する

【手順】

  1. 遺骨の管理者に連絡をする
  2. 納骨されている墓地の管理者に「分骨証明書」を発行してもらう
  3. 遺骨を取り出す日程を決める
  4. 閉眼供養をして遺骨を取り出す
  5. 分骨先に「分骨証明書」を提出し納骨する
  6. 開眼供養を行う

お墓や納骨堂に納められている遺骨を分骨する場合は、まず遺骨の管理者(祭祀者・墓守)に連絡しましょう。あらかじめ相談をせず分骨をすると、親族間で思わぬトラブルに発展してしまいます。事前にしっかり話し合い、了解を得ておくようにしましょう。

次に、納骨されている墓地の管理者に連絡をして「分骨証明書」を発行してもらいます。公営墓地の場合は自治会や管理事務所へ、民営墓地の場合は墓地の管理事務所にお願いします。また、寺院墓地の場合はお寺の住職へ連絡をして、証明となる書類を発行してもらいましょう。

それから、分骨する遺骨を取り出す日程を決めておきましょう。墓石を動かす必要がある場合は、石材店にお願いする必要があるため、あわせて日程を調整しておきます。また、このタイミングで閉眼供養(墓じまいをする際に魂を抜く供養)や開眼供養(新しいお墓に魂を入れる供養)をお願いしておくとよいでしょう。

ご遺骨を取り出す当日は、まず閉眼供養を行い、石材店の方にお願いして遺骨を取り出してもらいます。分骨を行ったら、それぞれの分骨先に納骨してもらいましょう。納骨の際は、「分骨証明書」を忘れず持参してください。納骨の際には、開眼供養を行います。

【費用】
お墓や納骨堂に納められている遺骨を分骨する場合、「分骨証明書」の手数料が発生します。一般的には100円程度が目安です。開眼供養や閉眼供養の費用は1〜3万円が金額の目安となります。また、墓石を動かす費用として2~3万円程度が発生します。

いずれも一般的な目安となるため、日程を調整する段階で事前に金額を確認しておくと、間違いがないでしょう。

分骨は違法なの?

分骨を行う際に気になるのが、分骨が違法なのか?ということ。

結論から述べると、分骨は違法ではありません。きちんと手順を踏んでおけば、法律上まったく問題はありません。

分骨は違法ではないと法律に明記されている

法律でも「墓地、埋葬等に関する法律施行規則」第5条にて、下記のように明記されています。

墓地等の管理者は、他の墓地等に焼骨の分骨を埋蔵し、又はその収蔵を委託しようとする者の請求があつたときは、その焼骨の埋蔵又は収蔵の事実を証する書類を、これに交付しなければならない。

焼骨の分骨を埋蔵し、又はその収蔵を委託しようとする者は、墓地等の管理者に、前項に規定する書類を提出しなければならない。

引用元:墓地、埋葬等に関する法律施行規則

つまり、きちんと墓地の管理者に書類を提出して手順を踏めば、分骨はなんら問題はないということ。しかし、すでに述べたように、「分骨は良くない」という迷信を気にされる方は多く、そのイメージから「分骨は違法」と誤解しているケースも少なくありません。

時代とともに、故人を供養する形も多様化してきました。分骨して故人をより身近で見守ることが、残された人たちの心を癒すことにも繋がります。ただしい認識のもと、納得のいく形で故人と寄り添うことも、立派な供養の在り方です。

分骨後の供養の方法

分骨後の供養方法にも、さまざまな形があります。ここでは、分骨後の供養の方法について見ていきましょう。

1.永代供養

永代供養(えいたいくよう)とは、寺院や霊園にお墓や納骨堂の管理・供養をお願いする方法です。

少子高齢化やライフスタイルの変化により、お墓を管理することができない・後継者がいないといったケースが増えてきました。こうした悩みを抱える方に代わって、寺院や霊園がお墓や納骨堂を管理し、供養してくれる方法が永代供養です。

覚えておきたいのが、「永代」といっても未来永劫供養してもらえる訳ではないということ。例えば、寺院や霊園がなくなってしまうことも考えられます。また、一定期間が経過すると、個別に供養するのではなく、合葬・合祀(他の遺骨と一緒に埋葬されて供養)される点も注意が必要です。

2.樹木葬

墓石の代わりに、シンボルツリー(樹木)の元で供養する方法が樹木葬です。

自然豊かな環境の中で、ゆっくりと眠りについて欲しいという想いを叶える形として、国内でも増えてきました。樹木葬では、都道府県の許可された正式な墓地でないと、埋葬することができません。樹木があるところならどこでも良いという意味ではないので、注意しておきましょう。

3.海洋散骨

海に散骨して供養する方法が海洋散骨です。

生前から海が好きだった故人の想いをくんで、海洋散骨を選ぶ方も増えています。海洋散骨をする場合は、必ず遺骨を粉骨しておく必要があります。

また、自治体によっては散骨できるエリアを指定していることがあるため、供養する場合は事前に自治体へ確認をしておきましょう。

4.手元供養

手元供養とは、分骨した遺骨を手元に置いて供養する方法です。

お墓に納骨せず手元で供養ができるため、故人をより身近に感じることができます。また、ライフスタイルに合わせた供養の仕方として、多く選ばれている方法です。

手元供養のためのミニ仏壇やミニ骨壷を置いて見守る方法や、遺骨ペンダントとして常に身につける方法など、さまざまな形を選ぶことができます。

手元に置きたい癒しの骨壷5選

故人の存在をより身近に感じられ、ご自身のライフスタイルに合わせた供養方法として、近年注目を集めている手元供養。

ご自宅のインテリアに合わせて選べるうえ、持ち運びもできるミニ骨壷は、初めて手元供養を行う方に、特にご提案したいアイテムです。

日常生活に溶け込む小さなミニ骨壷は、ただそこにあるだけで祈りと癒しの空間を演出してくれます。

離れがたい遺骨を分骨して手元に置くとき、故人のイメージやインテリアに合わせたミニ骨壷を選んでみましょう。

愛らしいミニ骨壷「パステル」

ミニ骨壷パステル・ピンク

むっくりとしたお地蔵さんのような形と、マカロンのようにきれいなパステルカラー。さらさらとした手触りも気持ちいい”パステル”は、かわいらしい見かけとしっかりとした作りの分骨用ミニ骨壷です。

真鍮の棒をくり抜くという、高度な職人技で作られるため、錆びにくく湿気も寄せつけません。ピタリと閉まるネジ式のフタで、遺骨を大敵の湿気や衝撃から守ります。真鍮はやや厚めに残されているため、少し重みがありますが衝撃に強い作りです。

さらに、遺骨を入れる内袋と骨壷を入れる外袋付き。お寺での法要や、一緒にドライブに出かけても安心のミニ骨壷です。

ミニ骨壷「パステル」の商品詳細はこちら

小さな卵形の骨壷「たまごころ」

ミニ骨壷たまごころ・カメオベージュ

雛という命が生まれる卵は、キリスト教では再生や復活のシンボルとされています。”また生まれ変わってきて欲しい”、そんな願いを形にしたのが、小さな小さな骨壷の”たまごころ”です。

片手で包み込めるほどのかわいらしい大きさ。分骨を入れられるスペースは、ペットボトルのキャップほどと小さいのですが、小さな小さな欠片をそのまま納められます。遺骨を入れた後は、ネジ式の内ブタと外ブタで遺骨をしっかり守る安心設計。

上品な色合いと降り注ぐ光がイメージされたデザインで、3つのカラーの中から選べ、日常の中で気軽に語りかけられる、小さな祈りの空間ができるでしょう。

ミニ骨壷「たまごころ」の商品詳細はこちら

フォトスタンド型の骨壷「ピクチュアリスフィア」

写真立て一体型のミニ骨壷ピクチュアりスフィア・ピンク

つい両手で包み込みこんで、撫でたくなる丸い形。木のフタが優しさとナチュラルさを感じさせます。本体は真鍮で木のフタがぴったり入る設計。木のフタが湿気を調節し、遺骨などを守ってくれます。

口が広いので、遺骨だけでなく小さな形見を入れるのにも最適。どうしても分骨に抵抗のある方は、形見を入れるのもよいでしょう。

フタには曲線の切れ込みがあり、写真を立てることも可能。骨壷と写真立てが一体になった形なので、狭い空間でも故人を偲ぶ祈りのスペースを作れます。

ミニ骨壷「ピクチュアリスフィア」の商品詳細はこちら

伝統の技が詰まった上品な骨壷「宝珠シリーズ」

ミニ骨壷宝珠/青

富山県高岡市は、400年続く仏壇・仏具の生産地。一本の真鍮をくり抜いて作る技が、日本で唯一残っています。

その技を駆使して作られる宝珠シリーズは、落ち着きと品の良さのある骨壷。ピタリと閉まるフタで、遺骨を湿気や衝撃から守ります。

仏の教えを表すとも言われる宝珠のモチーフは、遺骨を納めるのにふさわしいデザインと言えるでしょう。分骨した後、本山へ納骨したり、永代供養へ移すのにも適しています。

光沢と艶やかさが美しい濃い色目と、ふんわりとした印象の淡い色目がそれぞれ3種類。気に入った空間に合った色で、祈りの空間を作りましょう。

ミニ骨壷「宝珠シリーズ」の商品詳細はこちら

きらめくミニ骨壷「Hosta(ホスタ)シリーズ」

かわいいミニ骨壷ホスタ・シルバー

柔らかな色と香水入れのような優美な形、5つのスワロフスキーが華やかな小さな骨壷です。表面に施された梨地加工が、金属でありながら温かな印象を与えます。

片手で包み込める小さな骨壷ながら、存在感は十分。専用箱は、祈りのスペースにもなるおしゃれなデザインです。

小さいながら、真鍮の棒をくり抜く技法で作られているので、錆などにも強く、フタもぴったり閉まります。うっかりと倒してしまったり、地震などのアクシデントにも安心の設計。

真鍮の重みが亡き人の命の重さを感じさせる骨壷です。

ミニ骨壷「Hosta(ホスタ)シリーズ」の商品詳細はこちら

一人ひとりにあった手元供養を

分骨それ自体は何も”良くないこと”ではありませんが、やはり分骨についての考え方は人によってさまざま。どうしても抵抗を感じてしまう方もいます。遺された家族の間で、意見が異なってしまうのも少なくありません。手元供養などのために分骨を望む場合には、まず家族で充分に話し合いを持つのが大切です。

私たち未来創想も、ご遺族お一人お一人のお声に耳をかたむけて、分骨や手元供養などに関するご質問、ご相談にお答えしていきたいと思っております。


未来創想のミニ骨壷を選ぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加

未来創想のご紹介

未来創想

手元供養の未来創想は、手元供養品の遺骨ペンダント、ミニ骨壷、ミニ仏壇を日本で最初に製造販売し、多くの方に手元供養を紹介してきました。未来創想では従来の形にとらわれない、新しい葬送・供養・想いをご提案しています。

未来創想について

カタログのご案内

カタログの写真

手元供養のためのカタログを無料でお送りしております。ぜひ、ご自宅でゆっくり未来創想の手元供養品コレクションをご覧下さい。

カタログのご請求はこちら

仏壇を持つのが初めてという方も安心

まずはこちら

届いたその日にお線香をお供えして、チーンとおりんを鳴らし、手を合わせることができます。お仏壇を持つのが初めての方に安心してお使いいただけるよう、充実のセット内容でお届けします。

やさしい時間・祈りの手箱を詳しくみる

未来創想のはじめての手元供養セット

手元供養セット

はじめて手元供養をされる方におすすめの「お得なミニ仏壇セット」。仏具、おりん、ミニ骨壷など、まずミニ仏壇と一緒に揃えたい手元供養の人気商品をセットにしました。

はじめての手元供養セットを詳しくみる

お客様の声

ミニ仏壇

未来創想では、暮らしに寄り添う小さくてオシャレなミニ仏壇をご用意しました。
大切な人の写真と一緒に飾れる仏具セットも取り揃えています。

全てのミニ仏壇をみる

ミニ骨壷

大切なご遺骨を自宅や手元に残しておける美しいミニ骨壷をご用意しました。
いつも身近に感じて傷ついた心を癒していくためのグリーフケアのミニ骨壷です。

全てのミニ骨壷をみる

遺骨ペンダント

愛する人を亡くした時、人は生きる気力すらなくしてしまうことがあります。
遺骨をペンダントに納め身につけ、一人ではないと感じることができます。

全ての遺骨ペンダントをみる

仏具

従来の形にこだわらない、手元供養にぴったりの可愛くて
スタイリッシュな仏具をご案内します。お部屋にさりげなく置けるオシャレなおりんや仏具は、
大切な故人を身近で祀る手元供養に彩りと華をそえます。

全ての仏具をみる

関連する記事