このエントリーをはてなブックマークに追加

「分骨は良くない?」という疑問にお答えします

分骨

手元供養の質問の中で、もっとも多いのが「分骨は良くないと聞いたのですが…?」という心配からくるもの。

今回は、疑問の解決を含め、分骨についての知っておきたいことをまとめました。

分骨は古来から行われてきた習慣

”分骨はよくないと昔からいわれている”という意見もありますが、分骨そのものは古くから行われてきた習慣です。

尊い習慣とされる分骨

分骨は、なにか良くないことや不吉なことなどではなく、むしろ“尊いこと”として古来から行われてきた習慣です。

例えば、仏教においてお寺などにお祀りされている”仏舎利”は、分骨したお釈迦様のお骨。キリスト教でも聖人の遺骨の一部が、”聖遺骨”として保管され、今に伝えられています。

いずれも、分骨によって世界の各地で人々の心の寄りどころとなった遺骨であり、祈りの対象として尊ばれているものです。

分骨は「良くないこと」ではない

現在でも、本山に喉仏を分骨して納める習慣が残っている地域があります。また、西日本では遺骨をすべて拾うのではなく、部分的に骨壷に納めるのが一般的。
お骨上げの時点で、すでに分骨されていると言えるでしょう。

故人の遺骨を、自宅など身近において保管・供養する”手元供養”を選ばれる方が、年々多くなってきています。

こうした手元供養などでは、分骨(故人のご遺骨を分けること)が必要。その分骨を、「良くないのでは?」と不安に思う方も多いのですが、決してそのようなことはありません。

分骨に関する迷信

分骨に関しては「魂が分割されるので成仏できない」「あの世で五体満足になれない」などといったことを耳にされる方も多いようです。しかし、それらはすべて何の根拠もない迷信なので、気に病む必要は何もありません。

このような迷信を気にされる背景には、遺骨に故人を重ねてしまう気持ちがあるかとらでしょう。

しかし、遺骨は故人が残していかれた“生きた証”なのであって、魂が留まっているわけではありません。もし魂が留まっていたら、そちらのほうが「成仏できない」という状況なのではないでしょうか。

生前に、事故などで身体の一部を失ってしまった方もいます。こうした方々が亡くなられたときを思えば、こうした迷信がなんと心ないものであるのかと、残念に感じられてなりません。

故人は遺された人の幸せを願う

故人はもともと愛する家族です。遺族が故人を想うように、遺された人の幸せを故人も願っているはずですから、分骨で家族に嫌な想いが起こるとは考えられません。故人を強く思うから、「分骨はよくないのではないか」と考えてしまうのでしょう。

それは裏返すと、故人と離れがたいという想いの現れ。だからこそ、「分骨して手元に置きたいけれど…」と悩んでしまうのです。

しかし、どのような角度から考えても、分骨によって故人や遺族に何か良くないことが起こったりはしません。安心して分骨し、気持ちが落ち着くまで手元に置くとよいでしょう。

手元に置きたい癒しの骨壷5選

離れがたい遺骨を分骨して手元に置くとき、故人のイメージやインテリアに合わせて骨壷を選んでみましょう。日常生活に溶け込む小さなミニ骨壷は、ただそこにあるだけで祈りと癒しの空間を演出してくれます。

愛らしいミニ骨壷「パステル」

ミニ骨壷パステル・ピンク

むっくりとしたお地蔵さんのような形と、マカロンのようにきれいなパステルカラー。さらさらとした手触りも気持ちいい”パステル”は、かわいらしい見かけとしっかりとした作りの分骨用ミニ骨壷です。

真鍮の棒をくり抜くという、高度な職人技で作られるため、錆びにくく湿気も寄せ付けません。ネジ式のピタリと閉まるフタで、遺骨を大敵の湿気や衝撃から守ります。真鍮はやや厚めに残されているため、やや重みがありますが衝撃に強い作りです。

さらに、遺骨を入れる内袋と骨壷を入れる外袋付き。お寺での法要やドライブにも連れていっても安心のミニ骨壷です。

ミニ骨壷「パステル」の商品詳細はこちら

小さな卵形の骨壷「たまごころ」

ミニ骨壷たまごころ・カメオベージュ

雛という命が生まれる卵は、キリスト教では再生や復活のシンボルとされています。”また生まれ変わってきて欲しい”、そんな願いを形にしたのが、小さな小さな骨壷の”たまごころ”です。

片手で包み込めるほどのかわいらしい大きさ。分骨を入れられるスペースは、ペットボトルのキャップほどと小さいのですが、小さな小さな欠片をそのまま納められます。遺骨を入れた後は、ネジ式の内ブタと外ブタで遺骨をしっかり守る安心設計。

上品な色合いと降り注ぐ光がイメージされたデザインで、3つのカラーの中から選べ、日常の中で気軽に語りかけられる、小さな祈りの空間ができるでしょう。

ミニ骨壷「たまごころ」の商品詳細はこちら

フォトスタンド型の骨壷「ピクチュアリスフィア」

写真立て一体型のミニ骨壷ピクチュアりスフィア・ピンク

つい両手で包み込みこんで、撫でたくなる丸い形。木のフタが優しさとナチュラルさを感じさせます。本体は真鍮で木のフタがぴったり入る設計。木のフタが湿気を調節し、遺骨などを守ってくれます。

口が広いので、遺骨だけでなく小さな形見を入れるのにも最適。どうしても分骨に抵抗のある方は、形見を入れるのもよいでしょう。

フタには曲線の切れ込みが付いており、写真を立てることも可能。骨壷と写真立てが一体になった形なので、狭い空間でも故人を偲ぶ祈りのスペースを作れます。

ミニ骨壷「ピクチュアリスフィア」の商品詳細はこちら

伝統の技が詰まった上品な骨壷「宝珠シリーズ」

ミニ骨壷宝珠/青

富山県高岡市は、400年続く仏壇・仏具の生産地。一本の真鍮をくり抜いて作る技が、日本で唯一残っています。

その技を駆使して作られる宝珠シリーズは、落ち着きと品の良さのある骨壷。ピタリと閉まるフタで、遺骨を湿気や衝撃から守ります。

仏の教えを表すとも言われる宝珠のモチーフは、遺骨を納めるのにふさわしいデザインと言えるでしょう。分骨した後、本山へ納骨したり、永代供養へ移すのにも適しています。

光沢と艶やかさが美しい濃い色目と、ふんわりとした印象の淡い色目がそれぞれ3種類。気に入った空間に合った色で、祈りの空間を作りましょう。

ミニ骨壷「宝珠シリーズ」の商品詳細はこちら

きらめくミニ骨壷「Hosta(ホスタ)シリーズ」

かわいいミニ骨壷ホスタ・シルバー

柔らかな色と香水入れのような優美な形、5つのスワロフスキーが華やかな小さな骨壷です。表面に施された梨地加工が、金属でありながら温かな印象を与えます。

片手で包み込める小さな骨壷ながら、存在感は十分。専用箱は、祈りのスペースにもなるおしゃれなデザインです。

小さいながら、真鍮の棒をくり抜く技法で作られているので、錆などにも強く、ふたもぴったり閉まります。うっかりと倒してしまったり、地震などのアクシデントにも安心の設計。

真鍮の重みが亡き人の命の重さを感じさせる骨壷です。

ミニ骨壷「Hosta(ホスタ)シリーズ」の商品詳細はこちら

一人ひとりにあった手元供養を

分骨それ自体は何も”良くないこと”ではありませんが、やはり分骨についての考え方は人によってさまざま。どうしても抵抗を感じてしまう方もいます。遺された家族の間で、意見が異なってしまうのも少なくありません。手元供養などのために分骨を望む場合には、まず家族で充分に話し合いを持つのが大切です。

私たち未来創想も、ご遺族お一人お一人のお声に耳をかたむけて、分骨や手元供養などに関するご質問、ご相談にお答えしていきたいと思っております。


未来創想のミニ骨壷を選ぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事