このエントリーをはてなブックマークに追加

知っていますか?お墓参りの線香の深い意味

お線香の役割を知れば、お墓参りに欠かせないことが分かります。故人をお参りすることを「お線香をあげに行く」とも言いますが、お線香の意味と上手な供え方をまとめました。

お線香の香りは神仏の食べ物

香りは死者の食べ物とされますが、その元は古代インドの仏教教典にあります。その中に、「死後の人間が食べるのは匂いだけで、善い行いをしてきた死者はよい香りを食べ、悪い行いをした死者は嫌なニオイしか食べられない…」という部分が。

お墓参りでよい香りのお線香を手向けるのは、故人や仏様へ食べ物を差し上げるという意味を持ちます。それには“ここに眠る人たちはよい香りを食べる善人ですから、極楽へお導きください”という、遺族の想いも反映しているのでしょう。

線香の広がる香りが表すもの

五感の中で、嗅覚は独特の働きをします。目を閉じたり耳を塞いだりすれば遮られる視覚・聴覚、他人と分かちあえない味覚・触覚に対し、呼吸器を介する嗅覚は多くの人々と同時にその香りを共有できます。

一カ所から四方八方へとあまねく広がり、すべての人々が平等に感じられる香り。目に見えないという特性も加わって、よい香りの中に仏の慈悲や神の愛を感じたのではないでしょうか。

故人への仏様の慈悲を願い、故人と共有できるのがお墓参りのお線香なのです。

線香の香りが場を清め、心を落ち着かせる

土葬の時代、悪臭を消したり、動物を寄せ付けないために植物の香りが利用されました。見えなくても感じられる香りは、不思議な力で場を清めるものと考えられたのでしょう。

お線香に使われる多くの香りが、鎮静作用を持つことも解明されています。大事な人を亡くした悲しみを癒すのも、お墓参りにお線香を手向ける大きな理由と言えるでしょう。

お墓参りでの線香のあげ方

お墓参りでお線香をあげるときに、知っておくとよいポイントがあります。

やってはいけないこと

お墓参りのときの作法で必ず覚えておきたい作法は、“線香やロウソクの火を吹き消さない”のただ一つ。さまざまな命をいただく人間の口から出る息は汚れたものとされ、神聖なものにかかることが古くから嫌われました。

人に息を吹きかけるのが失礼になるのと同じく、お墓に息をかけるのも不作法なのだと覚えておきましょう。

お線香に火をつけたら、火が自然に消えるのを待つか、お線香を振って火を消します。お線香の束に火をつけて炎が上がっている場合は、ロウソクの火と同じく、手で扇いで消しましょう。

線香の本数

お墓参りのお線香は束でお供えするのが一般的ですが、一人ずつ必要本数をお供えするところも。供える本数は宗派によって違います。

  • 1本:曹洞宗・日蓮宗・臨済宗・禅宗
  • 2本:浄土宗
  • 3本:天台宗・真言宗

本数だけでなく、寝かせて供えるなどの作法がある宗派もあります。お線香は故人への供養ですから、堅苦しく考えなくてもよいのですが、気になる場合はお寺などに確認するとよいでしょう。

気をつけたいこと

火のついたお線香が余った場合は危険が伴いますので、お墓の線香立てにお線香がどれくらい入るか確認してから火をつけましょう。

少量の線香なら、ライターでも簡単に火がつきます。少なめのお線香の束にして火をつけておき、足りない分だけ墓前で火をつけるのが楽かもしれません。

家庭でお線香をあげるなら「ミニ仏壇」がおすすめ

神仏へ差し上げる食べ物として、深い意味を持つお線香。お墓参りに訪れた際は忘れず供えたいものですが、ご家庭でも日常的にお線香をあげたいという方には「ミニ仏壇」がおすすめです。

ミニ仏壇は、現代風のデザインがお部屋に馴染むだけでなく、故人をより身近に感じていたいという想いにしっかり寄り添ってくれます。

ここでは、おすすめのミニ仏壇を5つご紹介します。

やさしい時間 祈りの手箱|ブラウン(仏具セット)

ミニ仏壇_やさしい時間-祈りの手箱_ブラウン(仏具セット)
天然木の柔らかな風合いが特徴的なミニ仏壇が「やさしい時間 祈りの手箱|ブラウン(仏具セット)」です。

「祈りの手箱」の素材にはブナ材を使用し、独特の製法を採用することで美しい曲線を表現。木の温かみをより一層引き立てる丁寧な仕上がりとなっています。

線香立てには東京の伝統工芸「江戸硝子」の製法を用い、うっすらと淡い色合いに。

セットに含まれるお線香「やさしい時間」は、森の香りとシャボンの香りの2種類から選ぶことができ、煙も少なく灰も少量に抑えられることから、ご家庭でお線香をあげるのにぴったりです。

やさしい時間 祈りの手箱|ブラウン(仏具セット)の商品詳細はこちら

祈りのステージ・アリーナ|アッシュグレー(仏具セット)

ミニ仏壇_祈りのステージ・アリーナ_アッシュグレー(仏具セット)
金属製のモダンな曲線が目を引くミニ仏壇です。

インテリアアイテムのようなおしゃれなデザインは、現代建築のお部屋にも馴染みやすく、ライフスタイルに合わせた祈りの形を提供してくれます。

本体はフォトフレームになっており、故人の思い出の一枚を飾ることが可能。角の部分を丸い筒状にすることで、花立てとしての役割を持たせているのも、おしゃれさを感じさせてくれるポイントです。

線香立ての素材には真鍮を採用しており、シルバーの見た目が本体との一体感を演出しています。

祈りのステージ・アリーナ|アッシュグレー(仏具セット)の商品詳細はこちら

ビーイングフレーム仏具セット・ナチュラル(リビング仏壇)

ミニ仏壇_ビーイングフレーム仏具セット・ナチュラル(リビング仏壇)
奥行9cmのコンパクトなサイズで、場所を選ばずお供えできるミニ仏壇が「ビーイングフレーム仏具セット・ナチュラル(リビング仏壇)」です。

仏具はすべて天然木を使用しており、美しい木目と光沢が木の温かみを感じさせてくれます。

本体は大きめの写真フレームになっており、故人の思い出の写真を複数枚組み合わせたレイアウトが可能。

花立は、「火を使わない香りの演出」を実現するアロマディフューザーとしても使用でき、アロマオイルとスティックがセットになっています。小さいお子さんのいるご家庭や、高齢者の一人暮らしで「お線香をあげたいけど、火を使うのは心配…」という方にはぴったりのアイテムです。

ビーイングフレーム仏具セット・ナチュラル(リビング仏壇)の商品詳細はこちら

虹シリーズ|リンセンスRINCENSE・無地(シルバー)|おりん・お線香立て

手元供養の仏具-_-虹シリーズ_リンセンスRINCENSE・無地(シルバー)_おりん・お線香立て
香りと音を一緒に楽しむことができる「虹シリーズ|リンセンスRINCENSE・無地(シルバー)|おりん・お線香立て」は、おりんと線香立てが一体になった仏具で、上部のお香立てカップにお線香を供えることができます。

カップの形状は香りと音の広がりをイメージした花形を採用し、見た目にも美しい仕上がりに。

お線香をあげながら、おりんの音色に耳を傾ければ、心安らぐ落ち着いた祈りの時間を過ごすことができます。故人を悼む想いを、香りと音にのせて届けてみましょう。

虹シリーズ|リンセンスRINCENSE・無地(シルバー)|おりん・お線香立ての商品詳細はこちら

ミニ仏壇の仏具|Cheringチェリング(ゴールド)

仏具セット_ミニ仏壇の仏具_Cheringチェリング(ゴールド)1
すっきりと洗練されたデザインが美しい「Cheringチェリング(ゴールド)」。仏具はお花を供える花器と、お線香を手向ける火立・香炉が重なっており、コンパクトなサイズに仕上がっています。

それぞれを並べて使うこともでき、火立・香炉はお線香とカップ型のロウソクがセットに。普段は花器と重ねてお供えしておき、お線香をあげたいときだけ別々に使用するなど、ライフスタイルや居住スペースに柔軟に対応してくれる仏具です。

ゴールドのカラーリングは品の良さを感じさせる絶妙な色合いが、アイテムの魅力を引き立てます。

ミニ仏壇の仏具|Cheringチェリング(ゴールド)の商品詳細はこちら

お墓参りだけでなく、家庭でもお線香を

お線香はよい香りなだけでなく、さまざまな意味を持っています。その意味を理解して拝んでみると、いつものお墓参りもまた違ったものになるでしょう。

ライフスタイルの変化により、頻繁なお墓参りや大きな仏壇での供養がしにくくなっている現代。それでも故人を悼んだり、残された者の寂しい気持ちはいつになっても変わりません。

よい香りのお線香を通し、日常的に故人と語り合う時間があれば嬉しいもの。未来創想では、遺された一人一人が心落ち着ける手元供養をサポートさせていただいております。

手元供養品

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事