このエントリーをはてなブックマークに追加

「終活はいつから始める?」後悔しない終活のすすめ方

「終活はいつから始める?」後悔しない終活のすすめ方

人生の締めくくりについて考え始めたとき、「終活はいつごろから始めたらいいだろう?」そんな疑問を持つ方も多いことでしょう。この記事では、終活を始めるタイミングや、終活のポイントを伝授。今、関心が高まっている、手元供養についてもあわせてご紹介いたします。

終活はいつから始めるのがベスト?

人生の終わりについて意識をする年齢になったとき、もしくは身近な誰かが亡くなるといった経験が、終活を始めるきっかけとなる人も多いのではないでしょうか?

さまざまなリサーチを行う楽天インサイト株式会社 は、全国の20代から60代の男女1000人を対象に、終活に関する調査を実施。

終活をいつから始めたいかの問いに対しては、「60代」と答えた人が全体の40%以上を占めました。

終活をする主な理由としては、

  • 家族に迷惑をかけたくないから(71.4%)
  • 病気や怪我、介護生活で寝たきりになった場合に備えるため(48.6%)
  • 葬儀などの希望を家族に伝えるため(38.9%)

この3つが上位に。

男女によっても意識に違いが

終活に対する意識については、終活という言葉を聞いたことがある人が、全体の96.6%いるのに対し、終活の意向がある人は全体の39.1%という結果に。

さらに終活の意向があると答えた中では、男性の割合が41.4%、女性の割合が58.6%と、女性のほうが意識が高いということが分かりました。平均寿命が男性よりも長い女性ならではの、老後への心配が伺える結果とも言えるでしょう。

この調査では、半数近くが終活の意向を示す一方で、実際に終活を実施しているのはたったの1割という結果も出ています。

いざというときに十分な終活ができていなかったと後悔する前に、関心を持ち始めたタイミングで、早めに終活を始めることが望まれます。そのメリットについても、少し触れておきましょう。

終活をしておくメリット

まずはお金のことについて。人生の終末期にかかる費用のことを、終活でしっかりと計画しておくことで、無駄な出費を省くことができます。

老後を楽しむために使えるお金についても明確になりますし、より多くのお金を残すこともできるでしょう。

また、延命治療や葬儀といったデリケートな問題は、実際にそのときが近くなるとなかなか口にしづらいといった面もありますので、明確にしておくと安心です。

このように終活をしておくことで安心感が生まれ、残された人生をより前向きに充実して過ごすことができるのです。

終活で押さえておきたい3つのポイント

ではここで、終活を進める上で押さえておきたい3つのポイントをご紹介します。

主にこの3つを中心に準備をしておくと安心です。

1.エンディングノート

家族や知人に伝えておきたいことを記しておくノートのこと。人生の終末期における自身の希望や、遺産相続にいたるまで、心残りのないようにつづっておきましょう。

書店の終活コーナーなどで販売をしているエンディングノートなら、必要な項目が記載されていて、効率的に書きすすめることができるのでおすすめです。

2.所有物等の身の回りの整理

身の回りの物品の整理や、財産に関わる所有物等の整理をしておきます。特に遺産相続に関することは、明確にしておくことが大切です。

3.葬儀やお墓について

どのような葬儀にしたいか、またその費用についても準備をしておくことが大切です。実際にその日がきたときに、誰に知らせるのかをリストアップしておくなど、細かなことを決めておくと、遺族の負担も軽くなります。

さらに必要に応じて、お墓のことも決めておかなければなりません。近年は、お墓を持たず、手元供養をする方もとても増えています。

関心が高まる手元供養

「終活はいつから始める?」後悔しない終活のすすめ方
「宗教的な決まりごとや形式にこだわらず、故人のことをより身近に感じながら供養をしたい」という気持ちから生まれたのが「手元供養」。

お骨を入れて身に着けることができる「遺骨ペンダント(カロートペンダント)」や、分骨して手元に置くことができる「ミニ骨壷」、現代の生活に合うインテリアに溶け込むおしゃれな「ミニ仏壇」など、その供養スタイルは自由です。

住環境の変化や家族構成の変化から、今、手元供養に関心を持つ方がとても増えています。

終活は早めに始めておくと安心です

自分なりに懸命に歩いてきた人生を、できるだけ思い描くとおりに締めくくりたいというのは、誰もが抱く思いです。

「いつから始めるの?」そう思った今こそ、終活を始めるタイミング。早めの準備は、いざというときの心残りを少しでも軽くしてくれることでしょう。

未来創想は、実用性だけではなくデザインにもこだわった、手元供養アイテムの専門店。ご遺族の気持ちに少しでも寄り添えるような商品を、お届けしたいと願っています。

手元供養品

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事