ミニ骨壷に関する記事

手元供養におすすめの骨壷の大きさは?

祈りの場に揃えておきたい仏具と仏壇用品

「手元供養のための骨壷は、どのくらいの大きさを選べばいいのでしょうか?」というお問い合わせをいただくことがあります。そこで今回は、手元供養におすすめの骨壷の大きさについてご案内させていただきたいと思います。

様々な大きさの骨壷

骨壷の大きさは「寸」という単位で表され、用途に合わせて様々な大きさのものがあります。

もっともよく知られているのは、火葬後のご遺骨を納めるための骨壷。このとき使用する骨壷の大きさは、拾骨の習慣の違いから地域によって差があり、大きく分けて関東では「7寸」、関西では「5寸」の大きさが主流となっているようです。

そのほかにも、複数のご遺骨をまとめて納める8寸〜一尺(10寸)の大きなものや、各種ペットのために4寸〜7寸などの様々な大きさの骨壷があります。手元供養のための骨壷としては、一般に2寸〜3寸相当の大きさのものが用いられています。

手元供養に最適な大きさの骨壷

手元供養の特徴として、いちばん大切なのは「故人の存在をいつも身近に感じられる」ということ。それはつまり、愛する人の“いのちの証”であるご遺骨が、遺された方々のすぐそばにあって、生前と同じようにいつでも語りかけたり触れたりできるということです。

そこで未来創想では、リビングや寝室など日々の生活の場所に飾りやすく、お仏壇にも安置していただきやすい大きさの、「片手サイズ」「両手サイズ」の骨壷をおすすめしています。

片手サイズの大きさ

手元供養に最適な大きさの骨壷

片手サイズの骨壷は、高さ約4cm〜8cm、容量約2cc〜80ccといったごく小さなタイプで、片手にすっぽりと収まるくらいの大きさのものです。

ちょっとしたスペースにも飾りやすいのはもちろん、とくにフタが密閉できるタイプであれば、ご旅行などの際にご一緒に持ち歩いていただくことも可能です。


両手サイズの大きさ

手元供養に最適な大きさの骨壷

両手サイズの骨壷は、高さ約9cm〜10cm、容量約50cc〜250ccと少し大きめで、ちょうど両手で包み込めるほどの大きさのものです。

比較的しっかりとした分量のご遺骨を納めていただくことができ、亡くなった方の存在感をより強く感じていただける骨壷となっています。

大きさもデザインも

ご家族のすぐそばに、さり気なく置いていただけるよう、未来創想のミニ骨壷は大きさだけでなく、デザインにもこだわっています。かわいらしいものやスタイリッシュなものなど、多彩なラインナップの中から、故人とご家族の絆をつなぐ一品をお選びいただけます。

手元供養の骨壷についてのご質問・ご相談は、私たち未来創想までどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

未来創想のミニ骨壷を選ぶ

手元供養に関する情報をもっと知る
× CTAのバナー CTAのバナー