お墓参りに関する記事

これで完璧!お墓の掃除方法と役立つ道具あれこれ

これで完璧!お墓の掃除方法と役立つ道具あれこれ

部屋の掃除と同じく、お墓の掃除もしっかりやると時間がかかります。時間がないときに押さえるポイントや、あると便利な道具をご紹介しましょう。


お墓掃除の流れ

お墓の掃除をごく簡単にまとめると、合掌した後に上から水で洗うという流れ。お墓によっては剪定や雑草処理が必要になりますが、効率のよいお墓掃除の流れの一例は次の通りです。

  1. 彫られている文字の中
  2. 一番上の墓石全体
  3. 台座の側面と背面
  4. お線香立て・花立て
  5. 水鉢
  6. 仕上げ

墓石の上から柄杓2杯ほどの水をかけてから行い、水をかけながら進めます。仕上げは全体にもう一度きれいな水をかけ、乾いたタオルで拭き上げます。 雑草が少なければ、その後に雑草抜き。多ければ、墓掃除の前に草刈りをしましょう。


お墓掃除で気をつけること

周囲のお墓に迷惑をかけないなど、周りに配慮しながら掃除をしましょう。


お墓を傷めない

お墓を触ると彫られた文字の部分は少しざらざらしていて、ほかはツルツルしています。これはお墓がコーティングされているから。

そのため、金属たわしや研磨剤の入った洗剤は絶対に使用しないようにしましょう。お墓専用の洗剤でもあわない場合があるので注意が必要です。


安全を心がける

お墓の掃除は水を多く使いますので、動きやすく塗れてもよい服装がベストです。また、お墓の石の辺や角は鋭利ですし、石が濡れると滑りやすいため、怪我をしないように十分に気をつけてください。


お墓掃除の盲点〜線香立て

お墓掃除で大変なのは、水鉢と線香立て。特に線香立ては、掃除抜きのお墓参りだけでも、きれいにしなければお線香が立てられません。

最近は取り外しがきく掃除のしやすい線香立ても増えましたが、倒れないようにお墓にくっついたままのものも多く見受けられます。細い穴の中の線香の燃え残りや、固まった灰を手で掃除するのは簡単なことではありません。

ここで活躍するのが、ピンセットと先を少し曲げた針金。ピンセットで残った線香を拾い上げ、底に固まっている灰を崩します。下に開いている水抜き穴から、針金を差し込んで灰をかき出すとスムーズに掃除をすることが可能です。


お墓掃除の基本の道具

お墓参りにあまり時間をかけられないときに、さっと掃除をする道具です。


バケツ・柄杓

水を汲んでかけます。お参り用のきれいな水とは別にしましょう。じょうろやペットボトルも便利です。


メラミンスポンジ・亀の子たわし

たわしでこするより、効率よく落ちるのがメラミンスポンジ。汚れたら、水で洗ってきれいにしながら使いましょう。力を入れれば、水鉢の汚れもかなり落とせます。文字の部分はメラミンスポンジがボロボロになるので、たわしで軽くこすります。


古タオルまたは雑巾

水で濡らして拭くものと、仕上げの乾拭き用の2枚準備しましょう。細かいところを拭くには、軍手や古い手袋も便利です。


これを持っていくと便利!な道具

しっかり掃除をするときは、道具もちゃんと準備した方がはかどります。


硬めの洗身タオル&先の細い割り箸

画数が多い文字の中などは、歯ブラシでも届かないときがあります。割り箸に、お風呂で使う洗身タオルを巻き付けたものがあると便利です。


サッシ用ブラシ、歯ブラシ

階段状になった目地は汚れが溜まりやすく、スポンジやたわしでは落としにくい部分。歯ブラシのほか、ペットボトルにつけるタイプのサッシ用ブラシがあれば、水をかけながら効率良く掃除を進めることが可能です。

花立ての横などの、お墓の隙間を掃除するのにも重宝します。


柄のついたスポンジ

水筒を洗う柄のついたスポンジが、花立てを洗うのに活躍します。花立ては長いので、柄の長いものがベスト。花を長持ちさせるためにも、きれいに掃除しておきましょう。


お墓の丁寧な掃除は業者に任せても

お墓が近くにあっても、なかなか時間をかけて掃除できない方が多いのではないでしょうか。しっかりとお墓をきれいに掃除するなら、業者にお願いするのも一つの方法です。

お墓参りに行けたときには軽く掃除をし、普段はおうちで故人を供養してはいかがでしょうか。未来創想では、一人一人のライフスタイルに合った手元供養の品をご提案しています。

手元供養品

手元供養に関する情報をもっと知る
× CTAのバナー CTAのバナー