このエントリーをはてなブックマークに追加

骨壷内の遺骨を再び分骨しても大丈夫?

骨壷内の遺骨を再び分骨しても大丈夫?

「すでに骨壷に納められてしまっているお骨を、再び骨壷から取り出して分骨しても大丈夫?」手元供養のために分骨を希望されるご遺族の中には、こうしたご心配をされる方もいらっしゃいます。そこで今回は、骨壷のお骨を分骨することについてご説明します。

骨壷から取り出して分骨しても大丈夫です

故人のご遺体は火葬場で荼毘に付され、お骨となります。この時点ですでに分骨が決まっている場合は、お骨を拾う際に必要な量を取り分けておくのが一般的です。

しかし、いったんすべてのお骨が骨壷に納められてしまった後、お墓への納骨を待つ間などに分骨が必要になったときはどうすればよいのでしょうか。

こうした場合には、自分で骨壷を開けてお骨を取り出してかまいません。宗教的にも、もちろん法律的にも何も問題はないのです。

骨壷から分骨するとよくないことが起こるのでは?

日常の中で、骨壷を開けたりお骨に触れたりというのは、まず経験しないでしょう。そのため、こうした行為によって何か悪いことが起こるのでは…とご心配される方も多いようです。

しかし、決してそのようなことはありません。ご遺族の心情として、どうしてもお骨に故人の面影を重ねてしまうため、このような心配に結びついているのではないでしょうか。

しかしながら、故人の魂はすでに安らかな場所へと旅立たれており、お骨には魂が宿っているわけではありません。お骨は故人が遺していかれた“生きた証”であって、故人その人ではないのです。

お骨を骨壷から取り出す、分骨する、小さく砕くといった行為は、宗派を問わず古来から一般的に行われてきました。それらは、むしろ尊い行為とされていますので、ぜひご安心いただければと思います。

骨壷から分骨するときの注意点・手続き

骨壷からお骨を取り出して分骨することは、とくに問題はありませんが、次のような点に注意が必要です。

分骨証明書をもらっておく

分骨したお骨をいずれ改めて埋葬するときのために、「分骨証明書」を取得しておきましょう。

この証明書は、本骨(分骨した残りのお骨)を納める墓地の管理者に依頼すれば発行してもらえます。お寺ならばご住職、公営の墓地なら管理をする役所です。

喪主の了解を得る

お骨は法律上、喪主が所有者となっていますので、喪主の許可なしに勝手に取り出せません。また分骨に対する考え方も人によってさまざまですので、後々のトラブルにならないよう、喪主の了解を得た上で行いましょう。

分骨をしっかり保管するミニ骨壷おすすめ5選

分骨した後、大切なお骨を安全に状態よく保管するためには、ミニ骨壷が最適です。

持ち運べるかわいい分骨骨壷「パステル」

持ち運べるかわいい分骨骨壷「パステル」

生まれて間もない赤ちゃん、かわいい盛りの子どもから、仕事がまだまだこれからの世代まで、世の中のバトンを受けるはずだった人の死は、周りの人々に大きな衝撃を与えます。

そんな中で「せめて遺骨を側に置きたい」と思うのは、当然の気持ちです。パステルは、ちょっと片手に持ってなでてあげたいような愛らしい形。そして、ふんわりとしたきれいで優しい色が、遺された人々の心を慰めてくれます。

かわいらしい骨壷ですが、遺骨を保管するのには非常に優れていて、少々の衝撃ぐらいではびくともしません。家族旅行や法要につれて歩ける骨壷です。

分骨骨壷「パステル」の商品詳細はこちら

写真立てにもなるsottoシリーズミニ骨壷「ピクチュアリスフィア」

写真立てにもなるsottoシリーズミニ骨壷「ピクチュアリスフィア」

まぁるい形、真鍮の本体に木のフタというモダンなナチュラルさ、写真立てにもなるピクチュアリスフィアは、インテリア性の高いミニ骨壷です。

喉仏のような崩したくない遺骨をそのまま納められる、広い口径。そのため、分骨用の骨壷ではありますが、指輪や時計などの小さな形見入れとしても重宝する作りです。

木のフタには切れ込みがあり、写真を差し込んで立てられる写真立てと一体型。リビングはもちろん、デスクの上やベッドルームなどのわずかなスペースに故人を偲べる空間ができあがります。

本体カラーは4種類。それぞれの色にマッチした木のふたがおしゃれな、ミニ骨壷です。

sottoシリーズミニ骨壷「ピクチュアリスフィア」の商品詳細はこちら

華やかで上品なプチ骨壷「Hosta(ホスタ)シリーズ」

華やかで上品なプチ骨壷「Hosta(ホスタ)シリーズ」

やさしくて気品のある、小さな小さな分骨用骨壷の「ホスタシリーズ」。片手で包み込めるくらいの小ささですが、スワロフスキーのきらめきで華やかな存在感です。

優しかった故人のイメージで購入される方、洋風で若々しい部屋になじむからと購入される方などさまざま。ネジ式のフタと小さくても重量があるボディで、遺骨をしっかり守る実用性と、小さいながらも高級感あふれるデザインを兼ね備えています。

香水瓶のように見える形は、ギボウシ(擬宝珠)の蕾をかたどったもの。擬宝珠はお釈迦様の骨壷ともいわれています。小さな祈りのスペースを作るのに最適な形の骨壷といえるでしょう。

ミニ骨壷「Hosta(ホスタ)シリーズ」の商品詳細はこちら

アートなデザインのミニ骨壷「グランブルーシリーズ」

アートなデザインのミニ骨壷「グランブルーシリーズ」

深く落ち着いたカラーに、メタリックなデザイン。グランブルーシリーズは、モダンでおしゃれなミニ骨壷です。おしゃれなミニ骨壷ながら、どこか懐かしさを感じさせるのは、柔らかな曲線の形と、渋いカラーのためでしょうか。

デフォルメされたデザインも、どこかの絵本に出てきそうです。卵形と2種の壷型の3種類のフォルムがあり、それぞれに2種類のデザインの計6種類があり、故人のイメージやお部屋のインテリアにあわせて選べます。

両手で包めるぐらいの大きさながら重量感があるのは、素材が真鍮のため。しっかりと閉まるネジ式のフタで、分骨した遺骨をしっかりと守ります。

ミニ骨壷「グランブルーシリーズ」の商品詳細はこちら

陶芸家作、日光の似合うミニ骨壷「Tholos(トロス)」

陶芸家作、日光の似合うミニ骨壷「Tholos(トロス)」

ガーデニングが大好きだった方、山登りが大好きだった方、自然を相手に仕事をされてきた方…。自然とともに生きた方々の終の住処にぴったりの、とんがり屋根の骨壷です。

妖精が住んでいそうなかわいらしい形は、性質の違う土を3つ重ねて作られており、それぞれの色が引き立てあってモダンなデザインに。窓辺の光の中に置くのが似合いそうな、ナチュラルなミニ骨壷です。

陶器の骨壷ながら、約2cmの厚みがあるため、そう簡単には壊れません。底辺が広く安定性がよい上に、円錐系なので、万が一倒れても衝撃が分散される作りになっています。

呼吸をする陶器ですから、骨壷の中は湿度・温度ともに、ちょうどよい状態に保たれ、分骨したお骨に適した環境で保存できます。

ミニ骨壷「Tholos(トロス)」の商品詳細はこちら

遺骨にも遺された人にもやさしい分骨用の骨壷を

現在では、分骨・手元供養に最適な小さな骨壷が、デザインも豊富に多数登場しています。

日常生活に違和感なく溶け込む骨壷は、故人を身近に感じられ、遺された人の心を少しずつ癒してくれるでしょう。機能性に優れた専用の骨壷ならば、遺骨を状態よく納めておけます。

未来創想でもデザイン性、機能性に優れたミニ骨壷をさまざまにご用意。それぞれのライフスタイルに合わせてお選びいただけます。

また、分骨や骨壷についてのご質問も承っておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

未来創想のミニ骨壷を選ぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事