このエントリーをはてなブックマークに追加

不要になった骨壷の処分はどうすればいい?

「お墓のお骨を整理したいけれど、いらなくなった骨壷はどう処分すればいいの?」というお悩みも多いようです。不要になった骨壷の処分方法についてご案内いたします。

骨壷が不要になるとき

お墓に納められている骨壷を処分しなければならないのは、どういったときでしょうか。

お墓のお骨を整理したとき

先祖代々にわたり永く受け継がれてきたお墓など、時間経過によって、お墓の中が骨壷でいっぱいになってしまうときがあります。

こうした場合には骨壷からお骨を一旦取り出し、お墓の内部の土に撒いたり、数体分を1つの骨壷にまとめたりして、お墓のスペースを空けるのが一般的。お骨の整理をしますので、空になった不要な骨壷が出てきます。

墓じまいを行ったとき

「墓じまい」はお墓の中にあるお骨を取り出して、永代供養墓などに改葬したり散骨などで別の場所に移し、お墓を解体して処分すること。

近年、後継者のいない家庭や、あっても遠くに住んでいるなどで、将来的に現在のお墓を継いで守っていくことが困難になると思われる方が増えています。それに従い、「墓じまい」を選択されるケースがたいへん多くなっています。

永代供養には、使っている骨壷のまま改葬したりもしますが、散骨や骨壷の移し替えで、古い骨壷がいらなくなる場合があります。

使わなくなった骨壷の処分方法

不要となった骨壷は、どう処分したらよいのでしょうか。

不燃物として処分する

お骨を取り出して空になった骨壷は、単なる“容れもの”にすぎません。したがって、住んでいる自治体の決まりに基づき、不燃物として処分できます。

ただし回収場所に出すときは、人目につかないよう、骨壷の形が分からなくなるくらいに砕きましょう。とくに故人の名入りの骨壷は、名前が判別できないように完全に砕いて処分されることをおすすめします。

自治体のゴミの出し方にもよりますが、できれば新聞紙などで包み、収集される方が砕いたカケラでケガをされないように配慮しましょう。

処分を依頼する

不燃物として回収に出したり、骨壷を砕いたりするのが、どうしても心情的に抵抗があるという方もいらっしゃるでしょう。大事なお骨を守ってきた骨壷に、そのような畏敬の念を持つのはごく自然なこと。

自分で骨壷を処分するのに抵抗がある場合は、処分を請け負っている一部の葬儀社や石材店へ依頼する方法もあります。料金は業者によって違いますので、あらかじめしっかりと確認しておきましょう。

また、寺院によっては「お焚き上げ」として、供養をしてから処分を行っているところもあるようです。まずは一度、菩提寺に相談してみるとよいでしょう。

骨壷を処分する前に考えておきたいこと

骨壷の処分には、お骨の整理が必ずついて回ります。思い出のある人々のお骨を処分するのは、後ろめたい思いをするかもしれません。特に、お墓という家をなくしてしまう”墓じまい”の場合は、申し訳ないと思うでしょう。

そのような気持ちがあるのは、故人に対してまだ思いが残っているから。故人との思い出が深いときです。

亡き人の生きた証であるお骨の整理では、また何か大事なものをなくすような淋しさにおそわれるかもしれません。残された人の心が落ち着くまで、わずかなお骨を手元に残しておくのも一つの方法です。

小さなミニ骨壷に入れられるお骨の量はわずかですが、すべてなくなってしまうのに比べれば、何かにつけ心が慰められるもの。わずかな量なので、残したお骨を最終的に整理するときも楽に行えます。

お骨を手元に残すのにぴったりなミニ骨壷5選

今では普段の生活の中に置いても、骨壷とは分からない製品が多くあります。

持ち運べるかわいいミニ骨壷 | パステル

家に保管するだけでなく、お寺での法要に持っていけることを考えて作られた骨壷です。

ほのぼのとしたお地蔵様を思わせる形と優しいパステルカラーは、つい微笑んでしまいそうなかわいらしさ。しかし持ち歩く骨壷として、とても機能的に作られています。

高度な技で一本の真鍮をくり抜いて形作られているため、フタがぴったりと閉まります。2.5cmの口径は、ペットボトルの口ほどと狭いのですが、もしものときに中身がこぼれ落ちにくいようにとの作り。

さらにお骨を入れる内袋と骨壷を入れる外袋が付き、衝撃があっても万全です。

ミニ骨壷「パステル」の商品詳細はこちら

写真立てにもなるミニ骨壷| ピクチュアリ・シリンダ

小さな形見を入れ、写真立てにもなる”ピクチュアリ・シリンダ”。真鍮の入れ物部分と木のフタで、ナチュラルでおしゃれな雰囲気を漂わせます。口径は約4.5cmと、小さなお骨ならそのまま納められる大きさで、お骨を細かく砕くのに抵抗がある方にも最適。

ミニ骨壷としては口径が広いため、故人のお気に入りだった指輪や小さなペンダント、腕時計などの形見入れにもできます。

思い出の品は、なかなか処分できないもの。故人を思わせる品に、ちょっと居場所を作ってあげられる骨壷です。

フタの切れ込みに写真が立てられるので、小さなスペースでも故人を偲ぶ空間が演出できるでしょう。

ミニ骨壷「ピクチュアリ・シリンダ」の商品詳細はこちら

ちいさなちいさなミニ骨壷| たまごころTAMAGOCORO

片手で包み込めるほどの上品でかわいい卵型。再び生まれるための準備をしているような、そんなミニ骨壷です。

お骨を入れる部分は、ペットボトルのキャップほど。小さじ2杯ほどの砕いたお骨が入れられるだけですが、内ブタと外ブタがついてしっかり守ることができる作りに。遺骨を整理するときに、どうしても少し残しておきたいと思うときにもおすすめです。

高さ5cm・幅4cmと小さいので、お仏壇に並べても圧迫感がありません。上品な3つのカラーからイメージにあったものを選べ、わずかなスペースでも故人を偲べます。

ミニ骨壷「たまごころTAMAGOCORO」の商品詳細はこちら

美術品のように華やかなミニ骨壷| 七宝シリーズ

やわらかな丸みと鮮やかな色合いが特徴の、七宝シリーズ。七宝は、仏教で極楽浄土の美しさを表すと言われ、それに匹敵する美しさとして名付けられたのが七宝焼きです。

仏様の供物として欠かせない花を描いた骨壷は、美術品のように気品のある華やかさ。まさに極楽浄土を表していると言えるでしょう。口径2.5~3.5cmの優美な壷は、小さなお骨を大切にお守りするのにもぴったりです。

置いておくだけで周りを明るくするような美しさで、遺族の心を慰めてくれるでしょう。

ミニ骨壷「七宝シリーズ」の商品詳細はこちら

おしゃれなデザインのミニ骨壷| グランブルーシリーズ

シックな色合いに、ダイナミックな絵が特徴のグランブルーシリーズは、どこかモダンな印象の骨壷。

力強い絵の線は、生命力を感じさせる古代の壁画をも感じさせます。上品なデザインは、仏様とは切り離せない花模様4種類と、魂を天に連れて行くといわれる蝶と鳥の計6種類。

口径が2.5~3.5cmの真鍮製でフタがぴったり閉まり、お骨を湿気から守り、倒れても安心な設計なので、骨壷を処分する前に少しお骨を移し替えて、再び納めるのにも適しています。

ミニ骨壷「グランブルーシリーズ」の商品詳細はこちら

自分のスタイルで選べる手元供養の方法

ご紹介したミニ骨壷のように、故人の大切な遺骨と“離れたくない”“身近において供養をしたい”そんな願いから生まれた供養方法が、「手元供養」です。

未来創想は、そんな遺族の気持ちに寄り添う手元供養アイテムをご提供する専門店です。手元供養は、ミニ骨壷をはじめ遺骨ペンダントやミニ仏壇など、形式にとらわれず自分のスタイルで選べるのが大きなメリットです。

遺骨ペンダント

遺骨ペンダント
遺骨ペンダントは、遺骨や遺灰の一部を中に納めることができるペンダントです。

ペンダント素材は、シルバーやゴールドに加え、アレルギーの起こりにくいステンレスやチタンなど、さまざまな素材とデザインが豊富に揃います。

さらにUVレジンでお骨を樹脂と一緒に固めたものや、ガラスを用いてお骨が目で確認できるものなど、お好みでお選びいただけるのがメリット。

何よりも、ペンダントを身につけることでいつも身近に感じられ、遺族の心を励ましてくれるアイテムとして選ばれています。

遺骨ペンダントの商品一覧はこちらから

ミニ仏壇

ミニ仏壇
ミニ骨壷に納めた遺骨を手元供養する際に、簡易的な仏壇を準備したいと思われる方も多くいらっしゃいます。

未来創想のミニ仏壇は、手元供養品を設置するシンプルな飾り台をはじめ、ミニ骨壷などの必要なものが揃ったミニ仏壇セットなど、用途に合わせてお選びいただけます。

手元供養ならではの、形式にとらわれない自由なスタイルのミニ仏壇は、インテリアにもなじむデザイン性の高さが魅力です。

お部屋にミニ仏壇を設けることで、故人を思う“よりどころ”のような場所ができ、遺族の生活をそっと見守ってくれることでしょう。

ミニ仏壇の商品一覧はこちらから

骨壷のお悩みがあれば未来創想へ

骨壷は非日常にあるもので、大事なお骨を守ってきたものですので、不要になった際の処分や取り扱いをどうしたらいいか、誰に相談すればいいのか、悩んでしまう人も多いようです。

未来創想では、手元供養に最適なミニ骨壷を多数取り扱う立場から、骨壷の処分をはじめ骨壷に関するさまざまなご質問やご相談を承っております。

また、手元供養のアイテムも豊富に取り揃えておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。


未来創想のミニ骨壷を選ぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事