このエントリーをはてなブックマークに追加

生前葬についての疑問にお答えします!

seize【生前葬】についての疑問にお答えします!

“生きているうちに、お世話になった方々に直接お礼の気持ちを伝えたい”そんな思いをかたちにした、「生前葬」に関心が高まりつつあります。「生前葬って実際にはどうなんだろう?」「どのように執り行うの?」「生前葬に招かれたけどどうすればいい?」ここでは、そんな生前葬にまつわる疑問にお答えします。

生前葬とは?

生前葬はその言葉からも想像ができるように、本人が生きている間に執り行う葬儀のこと。“人生の中でお世話になった大切な方々へ、直接会ってお礼の気持ちを伝えたい”そんな思いから生まれた、葬儀の新しいスタイルです。

では実際に行われている生前葬の、一般的な内容を少しご紹介いたします。

実際に行われている生前葬の内容(例)

  • 主催者のあいさつ
  • 親しい方からのスピーチ
  • 食事や歓談
  • 人生を振り返るスライドショーなどの上映
  • ビンゴやカラオケ、生演奏などの余興
  • プレゼントや花束等の贈呈
  • 招待客に会葬のお礼

このように生前葬は、形式的な一般の葬儀と比べると、とても自由度が高いことが分かると思います。生前葬についてのメリットも見てみましょう。

生前葬のメリット

生前葬の一番のメリットは、何といっても人生でお世話になった方への感謝の気持ちを、本人から直接伝えることができる点です。一般的な葬儀と比べるととても自由度が高く、自分の思い描く葬儀ができます。

かかる費用についても、ある程度自分の考えで決められる点がメリット。「お別れは自分らしく」そう思う方にとっては、とてもよい方法と言えるでしょう。

しかし一方で、まだまだ一般的な葬儀としては浸透していないのも事実ですので、実際に生前葬を執り行うとなると、細かな配慮が必要です。

生前葬を執り行う際の注意点

前例の少ない生前葬ですので、まずは家族としっかり話し合いをして、理解を得ておくことが大切です。

細かな段取りについては、生前葬の相談を受け付けている葬祭場に相談してみるのもひとつの方法。しっかりと計画をして、招待される側が戸惑わないよう、細かな配慮をする必要があります。

また、生前葬を済ませたからと言って、やるべきことがすべて終わったわけではありません。実際に亡くなったあと、家族葬をする場合もありますし、葬儀を行わない場合でも、納棺、出棺、火葬、お骨上げは必ず必要となることを心に留めておきましょう。

生前葬に招かれたときのマナーについて

生前葬に招かれたときのマナーについて

ここまでは、生前葬を行う際の注意点についてご紹介をしましたが、招かれた際のマナーについても、少し触れておきます。

まずは香典について。生前葬は会費制であることが多く、会費制であった場合は香典を準備する必要はないでしょう。

会費制ではなく、香典も辞退する旨が伝えられている場合は、後日お手紙などを添えて品物を贈るのもひとつの方法です。

いずれの記載もない場合は、本人に確認をするか、もしくは同じく招待をされている人と相談をして決めるとよいでしょう。生前葬の香典は、おおよそ1万~2万円くらいが相場です。

服装については、指定のドレスコードに従いますが、記載がない場合は香典と同じく、主催者や参列者に相談してみるとよいでしょう。「平服で」と記載があった場合は、ワンピースやスーツなどがおすすめです。

生前葬とあわせて考えておきたい供養方法の種類

生前葬を検討する際、さらに一歩進んで考えておきたいのが供養方法です。

火葬をしたあと、自分がどのように供養をしてもらいたいか、事前に伝えておくことが大切です。一般的なお墓への納骨だけではなく、いろいろな供養方法がありますので少しご紹介します。

永代供養

家族に代わって、お寺が遺骨を永年にわたり管理、供養してくれる方法。お墓を建てる費用が抑えられたり、お墓を管理する労力がかからないというメリットがあります。

樹木葬

法律的に許可を得た墓地に遺骨を埋葬し、遺骨の周辺にある樹木や新しく植えた樹木を、墓標として弔う方法。自然回帰の思想や、環境保全の観点から関心が高まっている、比較的新しい供養方法です。

散骨

細かく砕いた遺骨を、山や海へまく方法です。埋葬に金銭的な負担をかけたくないという理由や、自然回帰の考えから、散骨を供養方法に選ぶ方もいます。

手元供養

細かく砕いた遺骨をペンダントにして身に着けたり、家族で分骨をして手元に置いておくなどの供養方法を、手元供養と言います。宗教や形式にとらわれない、自由で新しい供養方法として関心が高まっています。

細かな心配りで自分らしい生前葬を

前例が少なくスタイルも自由な生前葬は、招待される側や遺族の立場に立った、細かな心配りが大切。しっかりと計画を立てて、人生の締めくくりにふさわしい、自分らしい生前葬にしたいものです。

さらに遺族の負担を少しでも減らせるよう、供養方法もあわせて決めておきましょう。

未来創想では、ご遺族の気持ちに寄り添うデザイン性の高い手元供養アイテムが、豊富に揃っています。生前葬とともに、自分らしい供養方法をきっと見つけていただけることでしょう。

手元供養品

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事