このエントリーをはてなブックマークに追加

死産した赤ちゃんの火葬や供養の方法は?

死産した赤ちゃんの火葬や供養の方法は?

愛する赤ちゃんを亡くすというのは他の誰が亡くなるよりも悲しく、心の傷は簡単には癒えません。そんな悲しみの中、手続きや火葬の準備をしなくてはなりません。どんな手続きが必要か、また火葬後の供養方法についてなど、いろいろと思い悩んでいるご両親も多いことでしょう。ここでは、死産から火葬までの流れについての説明と、遺族の想いに寄り添った新しい供養の形をご紹介いたします。

死産から火葬までの流れ

戸籍法においては、妊娠12週以降の流産を含めた死産は、市区町村役所へ死産届けの提出が必要となり、火葬許可証を取得して、火葬もしなければなりません。

死産届について

死産届は、妊娠12週以降から必要ですが、さらに妊娠22週以降となると、分娩時にまだ生存が確認されていた場合「出生届」と「死産届」の両方が必要となります。その判断は医師にゆだねられ、出生届を提出した場合には、戸籍に記載されます。

お葬式はしたほうが良いの?

お葬式は行わないケースや、家族のみで行うケースが比較的多いようですが、いずれにせよご両親の意向で決めてください。周囲の方もその気持ちを尊重してあげることが大切です。

お葬式をしない場合も、妊娠12週以降であれば必ず火葬が必要ですが、さらに妊娠24週以降の死産の場合は、24時間安置後の火葬となります。多くのご家庭では、自宅で安置することが多いようです。

火葬の際の注意点

赤ちゃんの遺骨は、設備が整っている火葬場でないと火力の問題で残せないことがあります。赤ちゃんの遺骨を残したいときは、火葬場に事前確認が必要です。

また、万が一のことを考えて、赤ちゃんのお写真や足形など、思い出に残せるものはできるだけ多く残しておくと良いでしょう。

火葬が済んだ赤ちゃんのご遺骨について

火葬が済んだあとの遺骨は、宗派によって一定の期間を経たあとに、納骨をするのが一般的ではあります。しかし小さな赤ちゃんの遺骨となると、離ればなれになることをつらく感じるご両親も多いことでしょう。

昨今では、そういった形式的なことにとらわれず、想いに添った供養ができる「手元供養」という形を選ばれる方も増えています。

赤ちゃんの遺骨を手元に置いて供養したり、現代のライフスタイルに合った小さな仏壇で供養したり、方法は自由です。火葬を終えた赤ちゃんの大切な遺骨は、お父さんお母さんが思うとおりに供養していただいて大丈夫なのです。

“想い”に寄せた供養ができる「手元供養」のアイテム

未来創想では、新しい供養の形「手元供養」を通して、ご遺族の心に寄り添う供養アイテムをお届けする専門店です。

ここでは、手元供養をまだご存じない方にも安心して手元供養が始められるアイテムをご紹介いたします。

遺骨ペンダント

遺骨ペンダント

故人との離れがたい思いに寄り添った、遺骨や遺髪、遺灰の一部を納められるペンダントです。性別・年齢に幅広く対応したペンダントを、デザイン豊富にご用意しています。

「遺骨の存在を胸元に感じられるだけで、心が落ち着き癒やされる」。多くの方からそのようなお声をいただいています。

「赤ちゃんとずっと一緒にいたい、見るはずだった景色をたくさん見せてあげたい」。そんな思いに遺骨ペンダントが寄り添い、あなたの未来に力を添えてくれるはずです。

遺骨ペンダントについての詳細はこちら

ミニ骨壷

ミニ骨壷

最近では、火葬後の遺骨を手元に置いて供養したいと望むご遺族も増えてきました。とくに死産をしてしまった赤ちゃんの場合は、そうしたいと願う方も多いことでしょう。

ミニ骨壷は、そんな遺族の心に寄り添って作られました。赤ちゃん用に優しい色で可愛い形ものから、家族の集まるリビングや寝室になじむオシャレなデザインのミニ骨壷まで豊富に揃っています。

ミニサイズの骨壷ですので、旅行や法事などにお持ちいただくことも可能です。

ミニ骨壷についての詳細はこちら

ミニ仏壇

ミニ仏壇

現代の住空間においては、先祖より受け継いできた仏壇を維持するのは難しくなりつつあり、また、堅苦しいデザインの仏壇を好まない方も増えています。

そんななか作られたのが、現代のライフスタイルに合ったミニ仏壇です。

コンパクト設計で狭い空間にも置くことができ、モダンなものや洋風のものなど、現代インテリアにもフィットするデザインの仏壇が多数揃っています。必要な仏具を選んで、自分らしく赤ちゃんを供養いただけるだけではなく、お手入れが楽な点も、慌ただしい日々を送る私たちにはぴったりです。

初めてで何を揃えて良いのかわからない方には、必要な仏具を揃えたミニ仏壇セットもご用意しています。

ミニ仏壇についての詳細はこちら

赤ちゃんの火葬が終わったら”想い”に合った供養方法を

誕生を心待ちにしていた赤ちゃんを死産してしまったら、せめて火葬後の遺骨は手元に置いておきたいと考えるのは当然のことです。

赤ちゃんを亡くしたお母さんはご自分を責めてしまい言葉では言い表せない苦しみの中におられます。
手元供養は、いろんな場所へ連れて行ってあげたり、いつでも話しかけたりすることができます。「これからの時間を一緒に過ごしてほしい。」
赤ちゃんは皆さまのそばにいると感じてもらい、これからの人生を歩んでいく中での力づけにしてもらえるような手元供養のお品をお届けします。

未来創想は、手元供養のアイテムを通して、悲しみの中にいるご遺族の新しい未来の力になりたいと願っています。いつでもご相談ください。

手元供養品

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事