赤ちゃんの供養に関する記事

流産や死産した赤ちゃんの供養方法|埋葬までの流れや心のケア方法も解説

流産や死産した赤ちゃんの供養方法|埋葬までの流れや心のケア方法も解説

妊娠してから残念ながら出産できずに亡くなってしまう赤ちゃんは、実は少なくありません。生まれなくても赤ちゃんは大切な家族の一人です。赤ちゃんが安らかに過ごせるよう供養したいと考える家族も多いでしょう。しかし、流産や死産などの場合、家族が立ち直るまで時間がかかるうえ、センシティブな問題のため、供養についてなかなか人に聞けずどうすればいいのかわからないという方もいます。今回は、流産した場合の赤ちゃんの供養の仕方や時期、具体的な流れについて詳しくお伝えします。 出生前に亡くなるケースはいろいろ 妊娠してから生まれるまでに赤ちゃんが亡くなってしまうケースはいろいろあります。 流産 流産は妊娠22週未満で赤ちゃんが亡くなってしまうことをいいます。流産の80%以上は妊娠11週目までの初期に発生するといわれています。また、出血や腹痛など母体が感じる自覚症状がないまま、赤ちゃんが亡くなってしまうのが稽留流産です。一般的に稽留流産は妊娠6〜9週目頃の初期に起こることが多く、妊娠12週未満で赤ちゃんが亡くなった場合は、死産届の提出は必要ありません。専門の業者が赤ちゃんを引き取り火葬するため、葬儀は行わずに見送るケースがほとんどです。しかし、稽留流産でもお寺で読経してもらったり自宅で位牌を祀って供養したりすれば水子供養は可能です。 死産 死産とは、妊娠12週以降に赤ちゃんが亡くなることをいいます。また、出生してまもなく赤ちゃんが亡くなった場合も死産となります。死産すると死産届を住んでいる地域の市区町村へ提出しなければいけません。 中絶 妊娠しても何らかの理由で妊娠が継続できなかったり、望まない妊娠をしたりした場合は中絶手術を行います。妊娠12週未満までに行う中絶手術を初期中絶手術といい、妊娠22週未満までに行う中絶手術は中期中絶手術といいます。それぞれ、手術の方法が異なります。また、妊娠22週以降は、どんな理由があっても人工妊娠中絶は行えません。妊娠12週以降に中絶手術を受ける場合は、死亡届の提出と火葬による埋葬が義務化されています。 不妊治療 不妊治療を行う際に、赤ちゃんが発育不全で流産するケースもあります。不妊治療による流産の場合は、妊娠10週までに流産するケースが多いといわれています。 流産後に気をつけるべきこと 流産すると深い悲しみが押し寄せてお母さんはなかなか立ち直れません。自分を責めたり赤ちゃんのことを思い続けたりして、自分の心や体のケアまで気が回らない方も多いでしょう。しかし、流産は母体にとっても大きな負担がかかります。なるべくゆっくり過ごして以下のことに気をつけましょう。 体を冷やさない 流産後は、季節に関係なく体を冷やさないようにしましょう。特に手首、足首や首元はストールや指無し手袋、レッグウォーマーなどで温めてください。お腹周りは、腹巻きやカイロを使いましょう。夏場でもエアコンが効きすぎていると、体が冷えてしまいます。設定温度を高めにして、冷えを感じるようであれば、靴下や腹巻き、レッグウォーマーなどで対策を取りましょう。 睡眠を十分取る 体を回復させるためには、十分な睡眠が必要です。意識して睡眠時間を確保しましょう。流産の影響で血液が不足して寝つきが悪くなったり、眠っても途中で目が覚めてしまうこともあるかもしれません。その場合は、無理に眠ろうとするとなかなか眠れなくなってしまうため、ただ横になって目を閉じて呼吸を意識するとリラックスして体を休められます。 バランスの取れた食事を心がける 流産のショックと悲しみで食欲がなくなってしまうかもしれませんが、なるべくバランスの取れた食事を少しでも食べるようにしましょう。冷たい飲み物や脂っぽいもの、香辛料の多いものなどは避け、消化の良い食べ物を選んでください。しょうがやはちみつなど、体を温めるものを取り入れましょう。とり肉やレバー、山芋なども体を温める働きがあります。これらの材料でスープを作るのもおすすめです。食べられる範囲で少しでも口に入れてください。 水子供養以外の心のケア 流産した赤ちゃんは水子供養ができます。無事に成仏して安らかに過ごせるよう、お母さんの体調が回復し、家族の気持ちが落ち着いてから水子供養を行うとよいでしょう。また、お母さんや家族のための心のケアも必要です。水子供養は赤ちゃんのための供養ですが、水子供養を行うことで家蔵の気持ちが少し落ち着くこともあります。もしも、水子供養を済ませてもなかなか気持ちが前向きになれなかったり、食事や睡眠が以前のように取れなかったりする場合は、残った家族の苦しみや悲しみなどが少しずつ癒されていくようなグリーフケアを行いましょう。グリーフケアとは、身近な人と死別を経験し、悲しみに暮れる人を立ち直れるよう支援することをいいます。専門家のカウンセリングを受けてもいいですし、周囲に事情を話せる人がいれば話を聞いてもらってもよいでしょう。 >子どもを亡くしたあなたのための【グリーフケアのハンドブック】はこちら 赤ちゃんを死産した場合の埋葬までの流れ 赤ちゃんを死産した場合の、埋葬までの流れを詳しく解説します。一般的には妊娠12週未満に流産すると、死亡届や死産届は提出せずに葬儀も行いません。12週以降に赤ちゃんが亡くなった場合は、死亡届または死産届を出し水子供養を行います。 死亡届または死産届の提出 妊娠12週以降に赤ちゃんが亡くなった場合は、住んでいる地域の市町村に死産した日を含めて7日以内に死亡届または死産届を提出します。出産前に胎児が亡くなった場合と、出産した後に赤ちゃんが亡くなった場合では、届出の内容が異なります。 胎内で赤ちゃんが亡くなった場合:戸籍を作らずに死産届けを提出します。 妊娠22週以降、または出産後に赤ちゃんが亡くなった場合:出生届を提出してから死亡届を提出します。また、赤ちゃんの名前も決める必要があります。 葬儀を行う 赤ちゃんの葬儀を行います。妊娠12週以降に死亡した赤ちゃんは火葬しなければいけません。ただし、法律によって妊娠24週以降に死産した赤ちゃんは、亡くなってから24時間経過しないと火葬できないと定められています。葬儀と火葬が済むまでは、棺と骨壺を用意して赤ちゃんを安置する必要があります。葬儀や火葬をどのように執り行うかは、家族で相談して決めるとよいでしょう。...

赤ちゃんの供養に関する記事

流産や死産した赤ちゃんの供養方法|埋葬までの流れや心のケア方法も解説

妊娠してから残念ながら出産できずに亡くなってしまう赤ちゃんは、実は少なくありません。生まれなくても赤ちゃんは大切な家族の一人です。赤ちゃんが安らかに過ごせるよう供養したいと考える家族も多いでしょう。しかし、流産や死産などの場合、家族が立ち直るまで時間がかかるうえ、センシティブな問題のため、供養についてなかなか人に聞けずどうすればいいのかわからないという方もいます。今回は、流産した場合の赤ちゃんの供養の仕方や時期、具体的な流れについて詳しくお伝えします。 出生前に亡くなるケースはいろいろ 妊娠してから生まれるまでに赤ちゃんが亡くなってしまうケースはいろいろあります。 流産 流産は妊娠22週未満で赤ちゃんが亡くなってしまうことをいいます。流産の80%以上は妊娠11週目までの初期に発生するといわれています。また、出血や腹痛など母体が感じる自覚症状がないまま、赤ちゃんが亡くなってしまうのが稽留流産です。一般的に稽留流産は妊娠6〜9週目頃の初期に起こることが多く、妊娠12週未満で赤ちゃんが亡くなった場合は、死産届の提出は必要ありません。専門の業者が赤ちゃんを引き取り火葬するため、葬儀は行わずに見送るケースがほとんどです。しかし、稽留流産でもお寺で読経してもらったり自宅で位牌を祀って供養したりすれば水子供養は可能です。 死産 死産とは、妊娠12週以降に赤ちゃんが亡くなることをいいます。また、出生してまもなく赤ちゃんが亡くなった場合も死産となります。死産すると死産届を住んでいる地域の市区町村へ提出しなければいけません。 中絶 妊娠しても何らかの理由で妊娠が継続できなかったり、望まない妊娠をしたりした場合は中絶手術を行います。妊娠12週未満までに行う中絶手術を初期中絶手術といい、妊娠22週未満までに行う中絶手術は中期中絶手術といいます。それぞれ、手術の方法が異なります。また、妊娠22週以降は、どんな理由があっても人工妊娠中絶は行えません。妊娠12週以降に中絶手術を受ける場合は、死亡届の提出と火葬による埋葬が義務化されています。 不妊治療 不妊治療を行う際に、赤ちゃんが発育不全で流産するケースもあります。不妊治療による流産の場合は、妊娠10週までに流産するケースが多いといわれています。 流産後に気をつけるべきこと 流産すると深い悲しみが押し寄せてお母さんはなかなか立ち直れません。自分を責めたり赤ちゃんのことを思い続けたりして、自分の心や体のケアまで気が回らない方も多いでしょう。しかし、流産は母体にとっても大きな負担がかかります。なるべくゆっくり過ごして以下のことに気をつけましょう。 体を冷やさない 流産後は、季節に関係なく体を冷やさないようにしましょう。特に手首、足首や首元はストールや指無し手袋、レッグウォーマーなどで温めてください。お腹周りは、腹巻きやカイロを使いましょう。夏場でもエアコンが効きすぎていると、体が冷えてしまいます。設定温度を高めにして、冷えを感じるようであれば、靴下や腹巻き、レッグウォーマーなどで対策を取りましょう。 睡眠を十分取る 体を回復させるためには、十分な睡眠が必要です。意識して睡眠時間を確保しましょう。流産の影響で血液が不足して寝つきが悪くなったり、眠っても途中で目が覚めてしまうこともあるかもしれません。その場合は、無理に眠ろうとするとなかなか眠れなくなってしまうため、ただ横になって目を閉じて呼吸を意識するとリラックスして体を休められます。 バランスの取れた食事を心がける 流産のショックと悲しみで食欲がなくなってしまうかもしれませんが、なるべくバランスの取れた食事を少しでも食べるようにしましょう。冷たい飲み物や脂っぽいもの、香辛料の多いものなどは避け、消化の良い食べ物を選んでください。しょうがやはちみつなど、体を温めるものを取り入れましょう。とり肉やレバー、山芋なども体を温める働きがあります。これらの材料でスープを作るのもおすすめです。食べられる範囲で少しでも口に入れてください。 水子供養以外の心のケア 流産した赤ちゃんは水子供養ができます。無事に成仏して安らかに過ごせるよう、お母さんの体調が回復し、家族の気持ちが落ち着いてから水子供養を行うとよいでしょう。また、お母さんや家族のための心のケアも必要です。水子供養は赤ちゃんのための供養ですが、水子供養を行うことで家蔵の気持ちが少し落ち着くこともあります。もしも、水子供養を済ませてもなかなか気持ちが前向きになれなかったり、食事や睡眠が以前のように取れなかったりする場合は、残った家族の苦しみや悲しみなどが少しずつ癒されていくようなグリーフケアを行いましょう。グリーフケアとは、身近な人と死別を経験し、悲しみに暮れる人を立ち直れるよう支援することをいいます。専門家のカウンセリングを受けてもいいですし、周囲に事情を話せる人がいれば話を聞いてもらってもよいでしょう。 >子どもを亡くしたあなたのための【グリーフケアのハンドブック】はこちら 赤ちゃんを死産した場合の埋葬までの流れ 赤ちゃんを死産した場合の、埋葬までの流れを詳しく解説します。一般的には妊娠12週未満に流産すると、死亡届や死産届は提出せずに葬儀も行いません。12週以降に赤ちゃんが亡くなった場合は、死亡届または死産届を出し水子供養を行います。 死亡届または死産届の提出 妊娠12週以降に赤ちゃんが亡くなった場合は、住んでいる地域の市町村に死産した日を含めて7日以内に死亡届または死産届を提出します。出産前に胎児が亡くなった場合と、出産した後に赤ちゃんが亡くなった場合では、届出の内容が異なります。 胎内で赤ちゃんが亡くなった場合:戸籍を作らずに死産届けを提出します。 妊娠22週以降、または出産後に赤ちゃんが亡くなった場合:出生届を提出してから死亡届を提出します。また、赤ちゃんの名前も決める必要があります。 葬儀を行う 赤ちゃんの葬儀を行います。妊娠12週以降に死亡した赤ちゃんは火葬しなければいけません。ただし、法律によって妊娠24週以降に死産した赤ちゃんは、亡くなってから24時間経過しないと火葬できないと定められています。葬儀と火葬が済むまでは、棺と骨壺を用意して赤ちゃんを安置する必要があります。葬儀や火葬をどのように執り行うかは、家族で相談して決めるとよいでしょう。...

流産した赤ちゃんの水子供養の仕方|供養時期やお寺や自宅で供養する方法を解説

流産した赤ちゃんの水子供養の仕方|供養時期やお寺や自宅で供養する方法を解説

流産した際の供養方法「水子供養」とは? 水子供養(みずこくよう)とは、流産や中絶により、お母さんのお腹の中で亡くなってしまった赤ちゃんに対して行う供養のことです。 「水子」はお母さんのお腹の中にいる胎児のことを言いますが、水子供養は生まれて間もなく死産した赤ちゃんに対しても執り行われます。 流産だけでなく死産した赤ちゃんも水子供養ができる 流産した赤ちゃんにしか水子供養ができない、と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、死産した赤ちゃんにも水子供養はできます。 また、生まれてから1年以内に亡くなった赤ちゃんの場合は、水子供養ではなく「嬰児供養(えいじくよう)」を行いますが、産まれて間もなく亡くなった赤ちゃんに対しては水子供養ができます。 流産した時に水子供養を行う理由 水子供養は、亡くなった赤ちゃんのためではなく、大切な我が子を失ったお母さん・お父さんのためにするものです。 水子供養をすることで、悲しみが消えるわけではありませんが、喪失によってもたらされる大きな悲しみを癒すために必要なグリーフケアの時間となります。 水子供養のタイミングや時期 一般的に、お通夜やお葬式は故人が亡くなってから7日以内に執り行われます。また、納骨式は四十九日の法要後が良いなど、目安となるタイミングがあります。しかし、水子供養するのに最適なタイミングや時期はありません。 両親が赤ちゃんを「供養してあげたい」と思える心の準備ができた時に行うとよいでしょう。また、いつまで供養し続けるべきかという決まりもありませんが、何か目安を知りたいという方は以下を参考にされてください。 【水子供養をいつまでするかの目安】 年忌法要の弔い上げである33回忌まで 亡くなった赤ちゃんが成人する20年後まで 自分が亡くなるまで また、水子供養を行う頻度にも決まりはありませんので、「月命日(月1回)」「祥月命日(年1回)」「春と秋のお彼岸に1回ずつ」を目安に行うのもいいでしょう。 手元供養であれば頻度を気にせず、毎日でも手を合わせて供養してあげられるのでおすすめです。 流産した赤ちゃんの供養の仕方について 流産した赤ちゃんの供養の仕方には、主にお寺で供養してもらう方法と自宅で手元供養する方法の2つがあります。 ここでは、それぞれの供養の仕方と費用について詳しく解説します。 お寺で供養する方法と費用 一般的に、水子供養はお寺に相談してお願いします。普段利用しているお寺や近所にお寺があれば、水子供養ができるか確認してください。 お寺を利用したことがない方は、霊園業者や仏具店で水子供養に対応したお寺を教えてくれることがあるので、一度相談してみるといいでしょう。 ここでは、お寺で水子供養する方法を6つ紹介するので、ご自身に合った供養の仕方を見つけてください。 法要を行い水子供養する お寺では、水子供養のために読経などを行う「法要」をお願いできます。法要には、「個別法要」と「合同法要」の2種類があります。 個別法要の費用は1回につき約1万円〜3万円、合同法要の費用は1回につき約3千円〜5千円が相場です。 お寺によっては合同法要に子どもが参列できないことがあるので、事前にお寺に問い合わせましょう。 塔婆を立てて水子供養する...

赤ちゃんの供養に関する記事

流産した赤ちゃんの水子供養の仕方|供養時期やお寺や自宅で供養する方法を解説

流産した際の供養方法「水子供養」とは? 水子供養(みずこくよう)とは、流産や中絶により、お母さんのお腹の中で亡くなってしまった赤ちゃんに対して行う供養のことです。 「水子」はお母さんのお腹の中にいる胎児のことを言いますが、水子供養は生まれて間もなく死産した赤ちゃんに対しても執り行われます。 流産だけでなく死産した赤ちゃんも水子供養ができる 流産した赤ちゃんにしか水子供養ができない、と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、死産した赤ちゃんにも水子供養はできます。 また、生まれてから1年以内に亡くなった赤ちゃんの場合は、水子供養ではなく「嬰児供養(えいじくよう)」を行いますが、産まれて間もなく亡くなった赤ちゃんに対しては水子供養ができます。 流産した時に水子供養を行う理由 水子供養は、亡くなった赤ちゃんのためではなく、大切な我が子を失ったお母さん・お父さんのためにするものです。 水子供養をすることで、悲しみが消えるわけではありませんが、喪失によってもたらされる大きな悲しみを癒すために必要なグリーフケアの時間となります。 水子供養のタイミングや時期 一般的に、お通夜やお葬式は故人が亡くなってから7日以内に執り行われます。また、納骨式は四十九日の法要後が良いなど、目安となるタイミングがあります。しかし、水子供養するのに最適なタイミングや時期はありません。 両親が赤ちゃんを「供養してあげたい」と思える心の準備ができた時に行うとよいでしょう。また、いつまで供養し続けるべきかという決まりもありませんが、何か目安を知りたいという方は以下を参考にされてください。 【水子供養をいつまでするかの目安】 年忌法要の弔い上げである33回忌まで 亡くなった赤ちゃんが成人する20年後まで 自分が亡くなるまで また、水子供養を行う頻度にも決まりはありませんので、「月命日(月1回)」「祥月命日(年1回)」「春と秋のお彼岸に1回ずつ」を目安に行うのもいいでしょう。 手元供養であれば頻度を気にせず、毎日でも手を合わせて供養してあげられるのでおすすめです。 流産した赤ちゃんの供養の仕方について 流産した赤ちゃんの供養の仕方には、主にお寺で供養してもらう方法と自宅で手元供養する方法の2つがあります。 ここでは、それぞれの供養の仕方と費用について詳しく解説します。 お寺で供養する方法と費用 一般的に、水子供養はお寺に相談してお願いします。普段利用しているお寺や近所にお寺があれば、水子供養ができるか確認してください。 お寺を利用したことがない方は、霊園業者や仏具店で水子供養に対応したお寺を教えてくれることがあるので、一度相談してみるといいでしょう。 ここでは、お寺で水子供養する方法を6つ紹介するので、ご自身に合った供養の仕方を見つけてください。 法要を行い水子供養する お寺では、水子供養のために読経などを行う「法要」をお願いできます。法要には、「個別法要」と「合同法要」の2種類があります。 個別法要の費用は1回につき約1万円〜3万円、合同法要の費用は1回につき約3千円〜5千円が相場です。 お寺によっては合同法要に子どもが参列できないことがあるので、事前にお寺に問い合わせましょう。 塔婆を立てて水子供養する...

赤ちゃんミニ骨壷

亡くなった赤ちゃんのためにできること|かわいい骨壷・お仏壇の贈り物を

目次 亡くなった大切な赤ちゃん(胎児)のためにすべきこと 亡くなった赤ちゃんとの思い出を残すためにできること おうちで赤ちゃんを手元供養できる小さな仏壇セット 赤ちゃんのお骨を収められるミニ骨壷 お空の赤ちゃんへ届けるおりんの音色 赤ちゃんといつも一緒にいられる遺骨ペンダント 赤ちゃん用の供養商品を探す 赤ちゃんへのお供え物はどうしたらいいの? 赤ちゃんの供養に関するお悩みを解決 大切な赤ちゃんとのお別れのとき。「せめてかわいい骨壷に入れてあげたい」「お仏壇を用意したい」と、多くのご家族が思うことです。 色や形がかわいい「小さな骨壷」。サイズも小さく、インテリアにもなじんでマンションやアパートでも置きやすい「ミニ仏壇」があることをご存じでしょうか。 おうちで赤ちゃんのお骨を保管し、手元に置ける「ミニ骨壷」や「ミニ仏壇」をご紹介します。 亡くなった大切な赤ちゃん(胎児)のためにすべきこと 妊娠の喜びから一転、悲しみへ突き落とされる中でも、赤ちゃんのためにするべきことがあります。少しずつ前に進むために、しっかりやるべきことを把握しておきましょう。そして、必要な対応が終わったら赤ちゃんのためにできることをしてあげましょう。 死産・流産後の手続き 流産や死産で、赤ちゃん(胎児)がいなくなってしまったとき、ママやご家族の悲しみは計り知れません。しかし、体調も整わず深い悲しみの中でも、死産の場合はいろいろな手続きを行わなくてはなりません。 日本の産婦人科では妊娠12週目未満を「初期流産」、12週〜22週目を「後期流産」、22週目以降を「死産」と定義しています。 12週目以前に亡くなった場合は、死産届の提出は必要ありませんが、12週〜22週目の「後期流産」の場合、戸籍法では死産とみなされるため、死産届を提出する必要があります。併せて火葬許可証を取得し、火葬しなくてはなりません。 また、22週目以降では、分娩前に赤ちゃんが亡くなっている場合は死産届のみの提出となりますが、分娩直後に亡くなった場合は死産届と出生届を提出しなければなりません。出生の判断は医師に従いましょう。 【死産届の提出】 死産届は、分娩した日から7日以内に、届出人(提出する人ではなく、死産届を記入する人)の住民票がある市区町村役所の窓口、または死産をした病院などがある市区町村役所の窓口、いずれかに提出します。 提出時には以下のものが必要となります。 死産届・医師等が発行する死産証書(死胎検案書と一体になっています) 届出人の印鑑 (シャチハタは不可) 身分証明書(届出人の免許証や健康保険証など) 死胎火葬許可申請書 死産届・医師等が発行する死産証書は、病院で医師や助産師から発行されます。 また、死胎火葬許可申請書は、市区町村の役所で申請できます。申請時には火葬場を記載しなければならないため、事前に場所を決めておきましょう。火葬場がまだ決まっていない場合は、市区町村によっては死産届と火葬許可申請証の受理のみにしてくれる場合があります。...

赤ちゃんの供養に関する記事

亡くなった赤ちゃんのためにできること|かわいい骨壷・お仏壇の贈り物を

目次 亡くなった大切な赤ちゃん(胎児)のためにすべきこと 亡くなった赤ちゃんとの思い出を残すためにできること おうちで赤ちゃんを手元供養できる小さな仏壇セット 赤ちゃんのお骨を収められるミニ骨壷 お空の赤ちゃんへ届けるおりんの音色 赤ちゃんといつも一緒にいられる遺骨ペンダント 赤ちゃん用の供養商品を探す 赤ちゃんへのお供え物はどうしたらいいの? 赤ちゃんの供養に関するお悩みを解決 大切な赤ちゃんとのお別れのとき。「せめてかわいい骨壷に入れてあげたい」「お仏壇を用意したい」と、多くのご家族が思うことです。 色や形がかわいい「小さな骨壷」。サイズも小さく、インテリアにもなじんでマンションやアパートでも置きやすい「ミニ仏壇」があることをご存じでしょうか。 おうちで赤ちゃんのお骨を保管し、手元に置ける「ミニ骨壷」や「ミニ仏壇」をご紹介します。 亡くなった大切な赤ちゃん(胎児)のためにすべきこと 妊娠の喜びから一転、悲しみへ突き落とされる中でも、赤ちゃんのためにするべきことがあります。少しずつ前に進むために、しっかりやるべきことを把握しておきましょう。そして、必要な対応が終わったら赤ちゃんのためにできることをしてあげましょう。 死産・流産後の手続き 流産や死産で、赤ちゃん(胎児)がいなくなってしまったとき、ママやご家族の悲しみは計り知れません。しかし、体調も整わず深い悲しみの中でも、死産の場合はいろいろな手続きを行わなくてはなりません。 日本の産婦人科では妊娠12週目未満を「初期流産」、12週〜22週目を「後期流産」、22週目以降を「死産」と定義しています。 12週目以前に亡くなった場合は、死産届の提出は必要ありませんが、12週〜22週目の「後期流産」の場合、戸籍法では死産とみなされるため、死産届を提出する必要があります。併せて火葬許可証を取得し、火葬しなくてはなりません。 また、22週目以降では、分娩前に赤ちゃんが亡くなっている場合は死産届のみの提出となりますが、分娩直後に亡くなった場合は死産届と出生届を提出しなければなりません。出生の判断は医師に従いましょう。 【死産届の提出】 死産届は、分娩した日から7日以内に、届出人(提出する人ではなく、死産届を記入する人)の住民票がある市区町村役所の窓口、または死産をした病院などがある市区町村役所の窓口、いずれかに提出します。 提出時には以下のものが必要となります。 死産届・医師等が発行する死産証書(死胎検案書と一体になっています) 届出人の印鑑 (シャチハタは不可) 身分証明書(届出人の免許証や健康保険証など) 死胎火葬許可申請書 死産届・医師等が発行する死産証書は、病院で医師や助産師から発行されます。 また、死胎火葬許可申請書は、市区町村の役所で申請できます。申請時には火葬場を記載しなければならないため、事前に場所を決めておきましょう。火葬場がまだ決まっていない場合は、市区町村によっては死産届と火葬許可申請証の受理のみにしてくれる場合があります。...

赤ちゃん供養・水子供養にふさわしいお仏壇をご紹介

赤ちゃん供養・水子供養にふさわしいお仏壇をご紹介

赤ちゃん供養や水子供養は、旅立った赤ちゃんへの弔いの気持ちを、ひとつのかたちにするものです。 また、深い悲しみに暮れたご遺族にとっても、悲しみを癒やすための大切な時間になるでしょう。 今回は、赤ちゃん供養や水子供養のためのお仏壇をご紹介します。 赤ちゃんとご遺族、双方の心に寄り添ってくれるお仏壇を一緒に見ていくことにしましょう。 赤ちゃん供養・水子供養とは? 赤ちゃん供養(水子供養)は、幼くして旅立った赤ちゃんや、お腹の中で亡くなった赤ちゃんを供養することを言います。 以前までは、四十九日を過ぎるとお墓や納骨堂、水子供養の合祀などに納骨して供養するのが一般的でした。 しかし、わずか1ヵ月半足らずの時間で、幼くして旅立ったわが子を手離すのはとても心苦しいものです。 そこで最近では、納骨をせず家族の手元で一緒に過ごす「手元供養」という選択をすることも増えてきました。 悲しみが癒えるまでの時間をゆっくりと自宅で過ごすという、新しい赤ちゃん供養のかたちです。 仏壇の意味とは? ご自宅で赤ちゃん供養をする際は、仏壇を用意するのが一般的です。 仏壇とは本来、「自宅に仏様をお祀りするための小さなお寺」の役割を担うもの。 赤ちゃん供養においても、旅立った赤ちゃんの安らかな眠りを祈る、よりどころとなってくれます。 もちろん残された家族にとっても、仏壇があることで、亡くなった赤ちゃんの存在をより身近に感じることができるでしょう。 旅立った赤ちゃんとじっくりと「対話する」ことができるのも、仏壇の魅力といえます。 赤ちゃん供養のための仏壇13選 ここからは赤ちゃん供養、水子供養にぴったりな仏壇をご紹介します。 赤ちゃんとご家族の架け橋となってくれる、魅力ある仏壇を見ていきましょう。 ミニ仏壇|やさしい時間・祈りの手箱|ナチュラル(ホワイトブーケ付) インテリアを損なうことなく空間になじむ、木の風合いが優しい洋風のミニ仏壇「祈りの手箱」に、花立て・香立て・火立てのガラスの三具足と写真立てが付いたシンプルなミニ仏壇セット。 今回、当店で祈りの手箱をご購入いただく方だけに、オリジナル『ホワイトブーケ』をサービスします。 届いたその日から、お花を供えることが出来ます。 わかりやすくて充実のセット。はじめてお仏壇を買う方でも安心のセット内容。 お好みでカスタマイズできるようシンプルに作られたセットですので、かわいらしいミニ骨壷やおりんをプラスするのもおすすめです。 >ミニ仏壇|やさしい時間・祈りの手箱|ナチュラル(ホワイトブーケ付)の商品詳細はこちら ミニ仏壇セット|小さな祈りのステージEセット(飾り台ナチュラル、パステル、まわりんの3点セット) 「いかにも仏壇」といった感じではなく、さりげなく祈りの空間を設けたい方におすすめなのが「小さな祈りのステージEセット」。 木の温もりを感じさせるシンプルな飾り台に、ミニ骨壷「パステル」とおりん「まわりん」が付いたシンプルなセットです。 ミニ骨壷「パステル」は、マカロンのように丸みを帯びたフォルムと、選べる4色のパステルカラーがとてもかわいらしい印象。...

赤ちゃんの供養に関する記事

赤ちゃん供養・水子供養にふさわしいお仏壇をご紹介

赤ちゃん供養や水子供養は、旅立った赤ちゃんへの弔いの気持ちを、ひとつのかたちにするものです。 また、深い悲しみに暮れたご遺族にとっても、悲しみを癒やすための大切な時間になるでしょう。 今回は、赤ちゃん供養や水子供養のためのお仏壇をご紹介します。 赤ちゃんとご遺族、双方の心に寄り添ってくれるお仏壇を一緒に見ていくことにしましょう。 赤ちゃん供養・水子供養とは? 赤ちゃん供養(水子供養)は、幼くして旅立った赤ちゃんや、お腹の中で亡くなった赤ちゃんを供養することを言います。 以前までは、四十九日を過ぎるとお墓や納骨堂、水子供養の合祀などに納骨して供養するのが一般的でした。 しかし、わずか1ヵ月半足らずの時間で、幼くして旅立ったわが子を手離すのはとても心苦しいものです。 そこで最近では、納骨をせず家族の手元で一緒に過ごす「手元供養」という選択をすることも増えてきました。 悲しみが癒えるまでの時間をゆっくりと自宅で過ごすという、新しい赤ちゃん供養のかたちです。 仏壇の意味とは? ご自宅で赤ちゃん供養をする際は、仏壇を用意するのが一般的です。 仏壇とは本来、「自宅に仏様をお祀りするための小さなお寺」の役割を担うもの。 赤ちゃん供養においても、旅立った赤ちゃんの安らかな眠りを祈る、よりどころとなってくれます。 もちろん残された家族にとっても、仏壇があることで、亡くなった赤ちゃんの存在をより身近に感じることができるでしょう。 旅立った赤ちゃんとじっくりと「対話する」ことができるのも、仏壇の魅力といえます。 赤ちゃん供養のための仏壇13選 ここからは赤ちゃん供養、水子供養にぴったりな仏壇をご紹介します。 赤ちゃんとご家族の架け橋となってくれる、魅力ある仏壇を見ていきましょう。 ミニ仏壇|やさしい時間・祈りの手箱|ナチュラル(ホワイトブーケ付) インテリアを損なうことなく空間になじむ、木の風合いが優しい洋風のミニ仏壇「祈りの手箱」に、花立て・香立て・火立てのガラスの三具足と写真立てが付いたシンプルなミニ仏壇セット。 今回、当店で祈りの手箱をご購入いただく方だけに、オリジナル『ホワイトブーケ』をサービスします。 届いたその日から、お花を供えることが出来ます。 わかりやすくて充実のセット。はじめてお仏壇を買う方でも安心のセット内容。 お好みでカスタマイズできるようシンプルに作られたセットですので、かわいらしいミニ骨壷やおりんをプラスするのもおすすめです。 >ミニ仏壇|やさしい時間・祈りの手箱|ナチュラル(ホワイトブーケ付)の商品詳細はこちら ミニ仏壇セット|小さな祈りのステージEセット(飾り台ナチュラル、パステル、まわりんの3点セット) 「いかにも仏壇」といった感じではなく、さりげなく祈りの空間を設けたい方におすすめなのが「小さな祈りのステージEセット」。 木の温もりを感じさせるシンプルな飾り台に、ミニ骨壷「パステル」とおりん「まわりん」が付いたシンプルなセットです。 ミニ骨壷「パステル」は、マカロンのように丸みを帯びたフォルムと、選べる4色のパステルカラーがとてもかわいらしい印象。...

赤ちゃんの遺骨は希望どおりに供養しても大丈夫?

赤ちゃんの遺骨は希望どおりに供養しても大丈夫?

赤ちゃんを失うというとても耐え難い深い悲しみの中で、遺骨について、一番よい供養方法をと、心を悩ませていらっしゃる方も多いことでしょう。 ここでは、赤ちゃんの遺骨の供養方法や注意点について、詳しく説明していきます。 赤ちゃんの遺骨の供養方法は両親の意向で大丈夫 赤ちゃんが亡くなってしまった場合、妊娠12週以降の赤ちゃんは、役所へ「死亡届」を提出し、「火葬許可証」をもらい火葬をします。 一方で、「お葬式をどうするか?」「遺骨をどうするか?」については、基本ご両親の希望するとおりで大丈夫です。 お葬式については、おなかの中で亡くなってしまった場合にお葬式をされる方は、妊娠8ヶ月ごろから割合的には増え、多くは家族葬を希望されるようです。 火葬の際の注意点 火葬場の設備によっては、火力の問題で、赤ちゃんのお骨は残すことが難しい場合がありますので、注意が必要です。必ず事前に確認をしておきましょう。 さらに、棺や骨壷の手配についても事前確認が必要です。火葬場によっては、小さな骨壷しか受け付けない場合や、棺に入れるものが制限される場合もありますので、あわせて確認をしておくとよいでしょう。 遺骨はどうする?意外と多い手元供養 赤ちゃんを亡くしたご両親にとって、遺骨をどうするかが、おそらく一番心を悩まされることではないでしょうか? 遺骨は宗教によって、一定の期間を経てお墓に納骨をするのが一般的ではありますが、多くのご両親は、赤ちゃんの遺骨と離れるのをつらく感じるケースがほとんど。 なかには、「遺骨を手元に置いておくのはよくない」という近親者の意見に、心を痛めておられる方もいらっしゃることでしょう。 しかし、思っている以上に多くのご家族が、赤ちゃんの遺骨を手元に残す、「手元供養」という方法を選んでいます。 一番大切なのは、亡くなった赤ちゃんや、残されたご両親にとって、“どんな供養方法が一番救われるのか”ということなのです。 赤ちゃんのためのいろいろな手元供養品 未来創想には、大切な赤ちゃんの遺骨を手元供養するためのアイテムが揃っています。 ここからは、その代表アイテムでもある「ミニ骨壷」「遺骨ペンダント」「ミニ仏壇セット」の中から、おすすめの商品をご紹介いたします。 ミニ骨壷 ミニ骨壷は、赤ちゃんのご遺骨を納めるのに最適な小さな骨壷。深い悲しみが押し寄せてくるときは、手のひらでそっと包み込んで心を落ち着かせたり、さらには旅行や法事に持ち運べる点も、ミニ骨壷ならではのメリットです。 未来創想のミニ骨壷は、コンパクトながら大切なご遺骨をしっかりと守れるよう、素材や作りにしっかりとこだわっています。 インテリアを引き立てるようなデザイン性の高さも、多くのお客さまに選ばれている理由。赤ちゃん用に、ぜひかわいらしいミニ骨壷を準備してあげてください。 ミニ骨壷|パステル|ホワイト 手のひらでそっと包み込める、ふっくらと丸みを帯びたシルエットに、やさしいホワイトカラーがピュアな赤ちゃんにぴったりのミニ骨壷です。 まるでマカロンのようなミニ骨壷は、パステルカラーのお色違いが色彩豊かにそろいます。真ちゅう製ですので安定感もあり、万が一倒れてもお骨が飛び出さない安心設計です。 >ミニ骨壷|パステル|ホワイト(真ちゅう製)の商品詳細はこちら おしゃれなミニ骨壷|ピクチュアリ・スフィア | ピンク コロンとかわいらしいまんまるシルエットのミニ骨壷は、ナチュラルで落ち着きのある、インテリア性の高いデザイン。木製のフタに写真を飾ることができるのが、うれしいポイントです。...

赤ちゃんの供養に関する記事

赤ちゃんの遺骨は希望どおりに供養しても大丈夫?

赤ちゃんを失うというとても耐え難い深い悲しみの中で、遺骨について、一番よい供養方法をと、心を悩ませていらっしゃる方も多いことでしょう。 ここでは、赤ちゃんの遺骨の供養方法や注意点について、詳しく説明していきます。 赤ちゃんの遺骨の供養方法は両親の意向で大丈夫 赤ちゃんが亡くなってしまった場合、妊娠12週以降の赤ちゃんは、役所へ「死亡届」を提出し、「火葬許可証」をもらい火葬をします。 一方で、「お葬式をどうするか?」「遺骨をどうするか?」については、基本ご両親の希望するとおりで大丈夫です。 お葬式については、おなかの中で亡くなってしまった場合にお葬式をされる方は、妊娠8ヶ月ごろから割合的には増え、多くは家族葬を希望されるようです。 火葬の際の注意点 火葬場の設備によっては、火力の問題で、赤ちゃんのお骨は残すことが難しい場合がありますので、注意が必要です。必ず事前に確認をしておきましょう。 さらに、棺や骨壷の手配についても事前確認が必要です。火葬場によっては、小さな骨壷しか受け付けない場合や、棺に入れるものが制限される場合もありますので、あわせて確認をしておくとよいでしょう。 遺骨はどうする?意外と多い手元供養 赤ちゃんを亡くしたご両親にとって、遺骨をどうするかが、おそらく一番心を悩まされることではないでしょうか? 遺骨は宗教によって、一定の期間を経てお墓に納骨をするのが一般的ではありますが、多くのご両親は、赤ちゃんの遺骨と離れるのをつらく感じるケースがほとんど。 なかには、「遺骨を手元に置いておくのはよくない」という近親者の意見に、心を痛めておられる方もいらっしゃることでしょう。 しかし、思っている以上に多くのご家族が、赤ちゃんの遺骨を手元に残す、「手元供養」という方法を選んでいます。 一番大切なのは、亡くなった赤ちゃんや、残されたご両親にとって、“どんな供養方法が一番救われるのか”ということなのです。 赤ちゃんのためのいろいろな手元供養品 未来創想には、大切な赤ちゃんの遺骨を手元供養するためのアイテムが揃っています。 ここからは、その代表アイテムでもある「ミニ骨壷」「遺骨ペンダント」「ミニ仏壇セット」の中から、おすすめの商品をご紹介いたします。 ミニ骨壷 ミニ骨壷は、赤ちゃんのご遺骨を納めるのに最適な小さな骨壷。深い悲しみが押し寄せてくるときは、手のひらでそっと包み込んで心を落ち着かせたり、さらには旅行や法事に持ち運べる点も、ミニ骨壷ならではのメリットです。 未来創想のミニ骨壷は、コンパクトながら大切なご遺骨をしっかりと守れるよう、素材や作りにしっかりとこだわっています。 インテリアを引き立てるようなデザイン性の高さも、多くのお客さまに選ばれている理由。赤ちゃん用に、ぜひかわいらしいミニ骨壷を準備してあげてください。 ミニ骨壷|パステル|ホワイト 手のひらでそっと包み込める、ふっくらと丸みを帯びたシルエットに、やさしいホワイトカラーがピュアな赤ちゃんにぴったりのミニ骨壷です。 まるでマカロンのようなミニ骨壷は、パステルカラーのお色違いが色彩豊かにそろいます。真ちゅう製ですので安定感もあり、万が一倒れてもお骨が飛び出さない安心設計です。 >ミニ骨壷|パステル|ホワイト(真ちゅう製)の商品詳細はこちら おしゃれなミニ骨壷|ピクチュアリ・スフィア | ピンク コロンとかわいらしいまんまるシルエットのミニ骨壷は、ナチュラルで落ち着きのある、インテリア性の高いデザイン。木製のフタに写真を飾ることができるのが、うれしいポイントです。...

死産した赤ちゃんの火葬や供養の方法は?

死産した赤ちゃんの火葬や供養の方法は?

愛する赤ちゃんを亡くすというのは他の誰が亡くなるよりも悲しく、心の傷は簡単には癒えません。そんな悲しみの中、手続きや火葬の準備をしなくてはなりません。 どんな手続きが必要か、また火葬後の供養方法についてなど、いろいろと思い悩んでいるご両親も多いことでしょう。 ここでは、死産から火葬までの流れについての説明と、遺族の想いに寄り添った新しい供養の形をご紹介いたします。 死産から火葬までの流れ 戸籍法においては、妊娠12週以降の流産を含めた死産は、市区町村役所へ死産届の提出が必要となり、火葬許可証を取得して、火葬もしなければなりません。 死産届について 死産届は、妊娠12週以降から必要ですが、さらに妊娠22週以降となると、分娩時にまだ生存が確認されていた場合「出生届」と「死産届」の両方が必要となります。 その判断は医師にゆだねられ、出生届を提出した場合には、戸籍に記載されます。 ご両親がまず決めなくてはならないこと 死亡届の提出や火葬について把握したところで、まず具体的に決めなくてはならないのが、お葬式を執り行うかどうか。 家族だけで火葬のみを行う 宗教者のみ手配して立ち会ってもらう お葬式を行ってから火葬する 大きくはこの3つの選択となりますので、まずは家族で話し合って、この方針を決めましょう。 お葬式はしたほうが良いの? お葬式については、行わないケースや、家族のみで行うケースが比較的多いようですが、いずれにせよご両親の意向で決めても大丈夫。周囲の方も、その気持ちを尊重してあげることが大切です。 お葬式をしない場合も、妊娠12週以降であれば必ず火葬が必要ですが、さらに妊娠24週以降の死産の場合は、24時間安置後の火葬となります。多くのご家庭では、自宅で安置することが多いようです。 赤ちゃんのお葬式の相場は? 赤ちゃんはお葬式を執り行わない場合が多いため、ほとんどのケースは、火葬にかかる費用数万円のみとなります。主な内訳は、 火葬料金…自分で手配した場合1万円程度・葬儀社に手配してもらった場合3〜10万円程度 お棺・骨壷代…数千円〜2万円程度 搬送費…自家用車で運ぶため不要 ドライアイス…8000円〜1万円程度(必要ないことも) そのほか供養事項やお葬式等を執り行う場合は、別途その料金(30万円?50万円程度)がかかります。 火葬の際の注意点 赤ちゃんの遺骨は、設備が整っている火葬場でないと火力の問題で残せないことがありますので、ご遺骨を残したいときは火葬場に事前確認が必要です。 万が一のことを考えて、赤ちゃんのお写真や足形など、思い出に残せるものはできるだけ多く残しておくと良いでしょう。 また、準備をしていたベビー服やおもちゃなどを、棺に入れてあげたいとお考えのご両親も多いことでしょう。 しかし副葬品に関しても、火葬の妨げにならないものしか入れられないため、こちらも必ず事前確認が必要です。 火葬が済んだ赤ちゃんのご遺骨について...

赤ちゃんの供養に関する記事

死産した赤ちゃんの火葬や供養の方法は?

愛する赤ちゃんを亡くすというのは他の誰が亡くなるよりも悲しく、心の傷は簡単には癒えません。そんな悲しみの中、手続きや火葬の準備をしなくてはなりません。 どんな手続きが必要か、また火葬後の供養方法についてなど、いろいろと思い悩んでいるご両親も多いことでしょう。 ここでは、死産から火葬までの流れについての説明と、遺族の想いに寄り添った新しい供養の形をご紹介いたします。 死産から火葬までの流れ 戸籍法においては、妊娠12週以降の流産を含めた死産は、市区町村役所へ死産届の提出が必要となり、火葬許可証を取得して、火葬もしなければなりません。 死産届について 死産届は、妊娠12週以降から必要ですが、さらに妊娠22週以降となると、分娩時にまだ生存が確認されていた場合「出生届」と「死産届」の両方が必要となります。 その判断は医師にゆだねられ、出生届を提出した場合には、戸籍に記載されます。 ご両親がまず決めなくてはならないこと 死亡届の提出や火葬について把握したところで、まず具体的に決めなくてはならないのが、お葬式を執り行うかどうか。 家族だけで火葬のみを行う 宗教者のみ手配して立ち会ってもらう お葬式を行ってから火葬する 大きくはこの3つの選択となりますので、まずは家族で話し合って、この方針を決めましょう。 お葬式はしたほうが良いの? お葬式については、行わないケースや、家族のみで行うケースが比較的多いようですが、いずれにせよご両親の意向で決めても大丈夫。周囲の方も、その気持ちを尊重してあげることが大切です。 お葬式をしない場合も、妊娠12週以降であれば必ず火葬が必要ですが、さらに妊娠24週以降の死産の場合は、24時間安置後の火葬となります。多くのご家庭では、自宅で安置することが多いようです。 赤ちゃんのお葬式の相場は? 赤ちゃんはお葬式を執り行わない場合が多いため、ほとんどのケースは、火葬にかかる費用数万円のみとなります。主な内訳は、 火葬料金…自分で手配した場合1万円程度・葬儀社に手配してもらった場合3〜10万円程度 お棺・骨壷代…数千円〜2万円程度 搬送費…自家用車で運ぶため不要 ドライアイス…8000円〜1万円程度(必要ないことも) そのほか供養事項やお葬式等を執り行う場合は、別途その料金(30万円?50万円程度)がかかります。 火葬の際の注意点 赤ちゃんの遺骨は、設備が整っている火葬場でないと火力の問題で残せないことがありますので、ご遺骨を残したいときは火葬場に事前確認が必要です。 万が一のことを考えて、赤ちゃんのお写真や足形など、思い出に残せるものはできるだけ多く残しておくと良いでしょう。 また、準備をしていたベビー服やおもちゃなどを、棺に入れてあげたいとお考えのご両親も多いことでしょう。 しかし副葬品に関しても、火葬の妨げにならないものしか入れられないため、こちらも必ず事前確認が必要です。 火葬が済んだ赤ちゃんのご遺骨について...