手元供養に関する記事

「手元供養は良くないこと?」その真相やさまざまな疑問を徹底解明_eyecatch

「手元供養は良くないこと?」その真相やさまざまな疑問を徹底解明

手元供養が徐々に社会に浸透する一方で「自宅に遺骨を置くのは良くない」と周囲に言われ、困惑してしまうケースもあるようです。 ここでは、手元供養は本当に良くないことなのか、その真相を解明しながら、手元供養にまつわるさまざまな疑問や周囲への対処法についてお答えします。 手元供養が良くないといわれる理由 そもそもなぜ手元供養が良くないといわれるのか、その理由を探ってみました。 理由その1:遺骨を納骨しないのは違法だと思っている 遺骨は四十九日の法要を済ませたらお墓に納骨をするのが一般的で、自宅に置いておくことを、違法だと思っている方も多いようです。 理由その2:故人が成仏できない・縁起が悪いと思っている なかには遺骨を納骨しないと故人が成仏できず、縁起が悪いと思う方も。ご遺骨に魂が宿っているというイメージから“成仏できない”といった考えにつながっているようです。 理由その3:遺骨を分骨するのは良くないと思っている 遺骨を粉骨・分骨すること自体に抵抗を感じる方や、そうすることで、あの世で五体満足になれないと考えてしまう方もいます。 理由その4:遺骨の管理が大変 遺骨にカビが生えないよう気を付けたり、災害時や長い歳月の間に紛失してしまう可能性もあり、管理について不安に思う方もいます。 手元供養を正しく知ろう 手元供養とは、ご遺骨やご遺灰を自宅に置いたり、ペンダントで身につけたりと、身近な場所で思い思いに供養をする新しい方法。 お墓を持たない選択をされる方、お墓が遠方でなかなかお参りに行けない方も多い現代において、自宅でいつでも手を合わせられるのはとても合理的です。 また、ご遺族の中には、遺骨を納骨するのが寂しいと感じる方、大切な方とこれからもずっと一緒にいたいと思う方も多いことでしょう。 手元供養は、そんなご遺族の気持ちに寄り添った供養方法なのです。 そのことを多くの方に理解してもらうためには、さまざまな誤解を解明する必要があります。 遺骨を自宅に置くのは違法ではない 遺骨を埋葬する際は「墓地、埋葬等に関する法律」により、定められた場所に埋葬しなければなりません。 しかし、自宅に置くことは「埋葬」には当てはまりませんので、法律上手元供養はまったく問題がありません。埋葬さえしなければ、自宅に小さなお墓「宅墓」を作ることもできます。 分骨や遺骨を自宅に置くことは縁起が悪いことではない まず遺骨を粉骨すること自体に、イメージ的な観点から抵抗を感じる方も多いかもしれません。 しかし、最近では「遺骨にカビが生えないように」「小さな骨壷にも納まるように」と、遺骨を加工するのが一般的になりつつあります。 また、分骨は仏教において古くから行われている供養方法の一つでもありますので、実は宗教上においてもまったく問題はないのです。 宗教によっても考え方は異なりますが、仏教の教えの中には、故人の魂は四十九日を過ぎるとご遺骨から離れて成仏するという考え方があります。 遺骨は魂が留まる場所ではなく、あくまでも故人が“生きた証”。粉骨したり分骨することで「縁起が悪い」「あの世で五体満足になれない」というのは迷信にすぎません。 「手元供養は良くない」という方を納得させるには? 手元供養が良くないという考え方の多くは、誤解によるものがほとんど。周囲の方に手元供養は良くないと反対されたときは、その理由に耳を傾けながら、 遺骨を自宅に置いて供養するのは違法ではないこと...

手元供養に関する記事

「手元供養は良くないこと?」その真相やさまざまな疑問を徹底解明

手元供養が徐々に社会に浸透する一方で「自宅に遺骨を置くのは良くない」と周囲に言われ、困惑してしまうケースもあるようです。 ここでは、手元供養は本当に良くないことなのか、その真相を解明しながら、手元供養にまつわるさまざまな疑問や周囲への対処法についてお答えします。 手元供養が良くないといわれる理由 そもそもなぜ手元供養が良くないといわれるのか、その理由を探ってみました。 理由その1:遺骨を納骨しないのは違法だと思っている 遺骨は四十九日の法要を済ませたらお墓に納骨をするのが一般的で、自宅に置いておくことを、違法だと思っている方も多いようです。 理由その2:故人が成仏できない・縁起が悪いと思っている なかには遺骨を納骨しないと故人が成仏できず、縁起が悪いと思う方も。ご遺骨に魂が宿っているというイメージから“成仏できない”といった考えにつながっているようです。 理由その3:遺骨を分骨するのは良くないと思っている 遺骨を粉骨・分骨すること自体に抵抗を感じる方や、そうすることで、あの世で五体満足になれないと考えてしまう方もいます。 理由その4:遺骨の管理が大変 遺骨にカビが生えないよう気を付けたり、災害時や長い歳月の間に紛失してしまう可能性もあり、管理について不安に思う方もいます。 手元供養を正しく知ろう 手元供養とは、ご遺骨やご遺灰を自宅に置いたり、ペンダントで身につけたりと、身近な場所で思い思いに供養をする新しい方法。 お墓を持たない選択をされる方、お墓が遠方でなかなかお参りに行けない方も多い現代において、自宅でいつでも手を合わせられるのはとても合理的です。 また、ご遺族の中には、遺骨を納骨するのが寂しいと感じる方、大切な方とこれからもずっと一緒にいたいと思う方も多いことでしょう。 手元供養は、そんなご遺族の気持ちに寄り添った供養方法なのです。 そのことを多くの方に理解してもらうためには、さまざまな誤解を解明する必要があります。 遺骨を自宅に置くのは違法ではない 遺骨を埋葬する際は「墓地、埋葬等に関する法律」により、定められた場所に埋葬しなければなりません。 しかし、自宅に置くことは「埋葬」には当てはまりませんので、法律上手元供養はまったく問題がありません。埋葬さえしなければ、自宅に小さなお墓「宅墓」を作ることもできます。 分骨や遺骨を自宅に置くことは縁起が悪いことではない まず遺骨を粉骨すること自体に、イメージ的な観点から抵抗を感じる方も多いかもしれません。 しかし、最近では「遺骨にカビが生えないように」「小さな骨壷にも納まるように」と、遺骨を加工するのが一般的になりつつあります。 また、分骨は仏教において古くから行われている供養方法の一つでもありますので、実は宗教上においてもまったく問題はないのです。 宗教によっても考え方は異なりますが、仏教の教えの中には、故人の魂は四十九日を過ぎるとご遺骨から離れて成仏するという考え方があります。 遺骨は魂が留まる場所ではなく、あくまでも故人が“生きた証”。粉骨したり分骨することで「縁起が悪い」「あの世で五体満足になれない」というのは迷信にすぎません。 「手元供養は良くない」という方を納得させるには? 手元供養が良くないという考え方の多くは、誤解によるものがほとんど。周囲の方に手元供養は良くないと反対されたときは、その理由に耳を傾けながら、 遺骨を自宅に置いて供養するのは違法ではないこと...

ミニ骨壷への「お骨の入れ方・分骨方法」について

ミニ骨壷への「お骨の入れ方・分骨方法」について

分骨には、大きく分けて2種類の方法があり、それぞれ必要な手続きが異なります。「手元供養のため家族の遺骨を分骨したいけれど、どうしたらいいかわからない」という方のために、分骨の方法をまとめました。 方法1〜お墓に埋葬されているお骨を分骨する すでにお墓の中に埋葬されてしまっている遺骨を、一度お墓から取り出して分骨する方法です。 どんな場合に行われる方法? 多く行われるのは、実家のお墓が遠方でなかなかお参りに行けないなど、お墓参りが難しくなったとき。近くに新しくお墓を建立し、そこに納めるためにお墓のお骨を分骨します。 また、一度はお墓へ納骨したものの、つよい悲しみや喪失感からなかなか立ち直れない…。そんな方が改めて手元供養を検討する場合なども、いったん取り出して分骨する方法が採られます。 大切な方を再び身近に感じることができれば、つよい悲しみや喪失感も少しずつ癒されるかもしれません。 この方法に必要な手続きは? お墓の遺骨から分骨する手続きは、次の通りです。 分骨用の骨壷を用意する。 お骨が埋葬されている墓地の管理者から、分骨証明書を発行してもらう。 自身で墓石を動かすことが困難な場合は、石材店へ作業を依頼する。 お骨を取り出し分骨して、用意した骨壷に納める。 新たに埋葬する墓地の管理者へ分骨証明書を提出し、分骨したお骨をお墓へ納骨する。 遺骨を手元供養として手元で保管する場合は、原則として分骨証明書は必要ありません。 ただ、何らかの事情でいずれ再びお墓に納めることになった場合に、分骨証明書が必要になるため、大切に保管しておくとよいでしょう。 なお墓石を動かす際に、”魂抜き”などと呼ばれる供養が必要な場合もあります。 方法2〜火葬場で分骨する 遺体を火葬場で荼毘に付し、お骨上げをする際に、その場で分骨する方法です。 どんな場合に行われる方法? 遠方に暮らす親族の間で、別々のお墓への納骨があらかじめ決まっている場合などに行われる分骨方法です。 また家族を突然亡くされた場合などに、遺骨と離れがたい想いを抱かれるのは、とても自然でよくあること。そうした方が、お骨の一部を取り分けて手元供養にする際にも、火葬場での分骨方法が採られます。 この方法に必要な手続きは? 火葬場で分骨する場合の手続きは、次の通りです。 葬儀社へ分骨の希望を伝え、分骨用の骨壷をあらかじめ用意しておく。 火葬場の窓口で、必要枚数の分骨証明書を発行してもらう。 火葬場の担当者や遺族の手で、お骨をそれぞれの骨壷に分けて納める。 埋葬する墓地の管理者へ分骨証明書を提出し、分骨したお骨をお墓へ納骨する。 遺骨ペンダントへ納骨を希望する場合は、納骨部分が小さいので少量のお骨が入る小さな容器などを用意するとよいでしょう。遺骨を持ち帰ってから、自宅でゆっくり納めるのがおすすめです。 後々のことを考え、分骨したお骨を手元供養にするときにも、分骨証明書は大切に保管しましょう。...

手元供養に関する記事

ミニ骨壷への「お骨の入れ方・分骨方法」について

分骨には、大きく分けて2種類の方法があり、それぞれ必要な手続きが異なります。「手元供養のため家族の遺骨を分骨したいけれど、どうしたらいいかわからない」という方のために、分骨の方法をまとめました。 方法1〜お墓に埋葬されているお骨を分骨する すでにお墓の中に埋葬されてしまっている遺骨を、一度お墓から取り出して分骨する方法です。 どんな場合に行われる方法? 多く行われるのは、実家のお墓が遠方でなかなかお参りに行けないなど、お墓参りが難しくなったとき。近くに新しくお墓を建立し、そこに納めるためにお墓のお骨を分骨します。 また、一度はお墓へ納骨したものの、つよい悲しみや喪失感からなかなか立ち直れない…。そんな方が改めて手元供養を検討する場合なども、いったん取り出して分骨する方法が採られます。 大切な方を再び身近に感じることができれば、つよい悲しみや喪失感も少しずつ癒されるかもしれません。 この方法に必要な手続きは? お墓の遺骨から分骨する手続きは、次の通りです。 分骨用の骨壷を用意する。 お骨が埋葬されている墓地の管理者から、分骨証明書を発行してもらう。 自身で墓石を動かすことが困難な場合は、石材店へ作業を依頼する。 お骨を取り出し分骨して、用意した骨壷に納める。 新たに埋葬する墓地の管理者へ分骨証明書を提出し、分骨したお骨をお墓へ納骨する。 遺骨を手元供養として手元で保管する場合は、原則として分骨証明書は必要ありません。 ただ、何らかの事情でいずれ再びお墓に納めることになった場合に、分骨証明書が必要になるため、大切に保管しておくとよいでしょう。 なお墓石を動かす際に、”魂抜き”などと呼ばれる供養が必要な場合もあります。 方法2〜火葬場で分骨する 遺体を火葬場で荼毘に付し、お骨上げをする際に、その場で分骨する方法です。 どんな場合に行われる方法? 遠方に暮らす親族の間で、別々のお墓への納骨があらかじめ決まっている場合などに行われる分骨方法です。 また家族を突然亡くされた場合などに、遺骨と離れがたい想いを抱かれるのは、とても自然でよくあること。そうした方が、お骨の一部を取り分けて手元供養にする際にも、火葬場での分骨方法が採られます。 この方法に必要な手続きは? 火葬場で分骨する場合の手続きは、次の通りです。 葬儀社へ分骨の希望を伝え、分骨用の骨壷をあらかじめ用意しておく。 火葬場の窓口で、必要枚数の分骨証明書を発行してもらう。 火葬場の担当者や遺族の手で、お骨をそれぞれの骨壷に分けて納める。 埋葬する墓地の管理者へ分骨証明書を提出し、分骨したお骨をお墓へ納骨する。 遺骨ペンダントへ納骨を希望する場合は、納骨部分が小さいので少量のお骨が入る小さな容器などを用意するとよいでしょう。遺骨を持ち帰ってから、自宅でゆっくり納めるのがおすすめです。 後々のことを考え、分骨したお骨を手元供養にするときにも、分骨証明書は大切に保管しましょう。...

納骨堂が今、注目を集める理由やそのメリット・デメリットを詳しく解説

納骨堂が今、注目を集める理由やそのメリット・デメリットを詳しく解説

近年よく耳にするようになった「納骨堂」という言葉。納骨堂は今、現代の家族構成やライフスタイルに合ったお墓としてとても注目を集めています。 一度は耳にしたことがあっても、納骨堂がどんなものなのか知らない方もまだ多いのではないでしょうか。 ここでは納骨堂の基本的なことから、そのメリット・デメリットまで詳しく解説していきます。 近年注目を集める納骨堂 核家族化が進み、お墓の後継者もいなくなりつつある昨今、墓じまいをする人が増え、新しくお墓を作る人は、年々少なくなり始めています。 そんななか、現代のライフスタイルに合った方法として「納骨堂」が注目を集めるようになりました。 納骨堂とは 納骨堂というと、お墓とは別のものと捉えている方も多いかもしれませんが、歴としたお墓の一種です。 屋外墓地にある一般的なお墓とは対照的に、納骨堂は屋内に納骨スペースを備えた建物。 もともとは遺骨をお墓に納骨するまでの間、寺院等で遺骨を一時的に預かっていたのが始まりでした。 現在納骨堂は、自治体や民間・寺院などが運営していて、一般的には法要に合わせた3年・13年・33年などの利用期間によって、管理費用を支払うシステム。 管理期間を終えると、永代供養墓という大きなお墓に、他の人の遺骨とともに納骨される「合葬」という流れが多いようです。 納骨堂が増えている理由 昨今では、墓じまいをする人やお墓を作らない人も増えています。それに比例するように、納骨堂をお墓として利用する人が多くなりました。 納骨堂なら、回忌法要はしっかりと供養を行える上に、一般墓のような管理の必要がなくなるため、遺族の負担も軽減できます。 現代の家族構成やライフスタイルにとても合っている点が、近年注目を集めている理由といえそうです。 納骨堂のメリット・デメリット 納骨堂を利用しようとお考えの方は、事前にそのメリット・デメリットを知った上で、自分に合った納骨堂を選ぶことが大切です。 納骨堂のメリット まず第一のメリットは、お墓を作るよりも費用が抑えられる点。 納骨堂や選ぶプランによっても金額はまちまちですが、複数人で利用したり、遺骨を合葬する場合はさらにその費用が抑えられます。 一定の管理期間を終えると永代供養墓に納めてもらえるので、一般墓のように「無縁仏」になってしまう心配がない点は大きな安心です。 また、お墓掃除など管理の必要がない点は、遺族にとっても安心できるポイント。 納骨堂はアクセスのよい場所に作られることが多いので、回忌法要の際も訪れやすく、空調の効いた屋内で快適にお墓参りができます。 納骨堂のデメリット 納骨堂でのお墓参りは、火災防止の観点からお線香をあげることは禁じられています。 納骨スペースは区切られているものの、それぞれが密接しているため、お参りの際に窮屈に感じることもあるでしょう。 納骨堂によっては、共用スペースでお参りするシステムになっているところもありますので、事前にお参りの仕方を確認しておくと、戸惑うこともありません。 そのほかにも老朽化や地震などで、建物が損壊してしまう可能性があることも心に留めておく必要があります。 建物の築年数や改修予定など、管理者に事前に確認しておくと安心です。...

手元供養に関する記事

納骨堂が今、注目を集める理由やそのメリット・デメリットを詳しく解説

近年よく耳にするようになった「納骨堂」という言葉。納骨堂は今、現代の家族構成やライフスタイルに合ったお墓としてとても注目を集めています。 一度は耳にしたことがあっても、納骨堂がどんなものなのか知らない方もまだ多いのではないでしょうか。 ここでは納骨堂の基本的なことから、そのメリット・デメリットまで詳しく解説していきます。 近年注目を集める納骨堂 核家族化が進み、お墓の後継者もいなくなりつつある昨今、墓じまいをする人が増え、新しくお墓を作る人は、年々少なくなり始めています。 そんななか、現代のライフスタイルに合った方法として「納骨堂」が注目を集めるようになりました。 納骨堂とは 納骨堂というと、お墓とは別のものと捉えている方も多いかもしれませんが、歴としたお墓の一種です。 屋外墓地にある一般的なお墓とは対照的に、納骨堂は屋内に納骨スペースを備えた建物。 もともとは遺骨をお墓に納骨するまでの間、寺院等で遺骨を一時的に預かっていたのが始まりでした。 現在納骨堂は、自治体や民間・寺院などが運営していて、一般的には法要に合わせた3年・13年・33年などの利用期間によって、管理費用を支払うシステム。 管理期間を終えると、永代供養墓という大きなお墓に、他の人の遺骨とともに納骨される「合葬」という流れが多いようです。 納骨堂が増えている理由 昨今では、墓じまいをする人やお墓を作らない人も増えています。それに比例するように、納骨堂をお墓として利用する人が多くなりました。 納骨堂なら、回忌法要はしっかりと供養を行える上に、一般墓のような管理の必要がなくなるため、遺族の負担も軽減できます。 現代の家族構成やライフスタイルにとても合っている点が、近年注目を集めている理由といえそうです。 納骨堂のメリット・デメリット 納骨堂を利用しようとお考えの方は、事前にそのメリット・デメリットを知った上で、自分に合った納骨堂を選ぶことが大切です。 納骨堂のメリット まず第一のメリットは、お墓を作るよりも費用が抑えられる点。 納骨堂や選ぶプランによっても金額はまちまちですが、複数人で利用したり、遺骨を合葬する場合はさらにその費用が抑えられます。 一定の管理期間を終えると永代供養墓に納めてもらえるので、一般墓のように「無縁仏」になってしまう心配がない点は大きな安心です。 また、お墓掃除など管理の必要がない点は、遺族にとっても安心できるポイント。 納骨堂はアクセスのよい場所に作られることが多いので、回忌法要の際も訪れやすく、空調の効いた屋内で快適にお墓参りができます。 納骨堂のデメリット 納骨堂でのお墓参りは、火災防止の観点からお線香をあげることは禁じられています。 納骨スペースは区切られているものの、それぞれが密接しているため、お参りの際に窮屈に感じることもあるでしょう。 納骨堂によっては、共用スペースでお参りするシステムになっているところもありますので、事前にお参りの仕方を確認しておくと、戸惑うこともありません。 そのほかにも老朽化や地震などで、建物が損壊してしまう可能性があることも心に留めておく必要があります。 建物の築年数や改修予定など、管理者に事前に確認しておくと安心です。...

手元供養とは?〜はじめて手元供養を始められる方へ〜

手元供養とは?〜はじめて手元供養を始められる方へ〜

目次 手元供養とは 手元供養が広がりを見せる理由 はじめて手元供養を始められる方へ 手元供養のやり方 お客様の声 人気の商品 商品をカテゴリーから探す 手元供養の残りの遺骨について 手元供養とは? 故人を身近に感じ、想いを語りかけ、手を合わせて祈りたい。 遺された家族の離れがたい気持ちを形にするものが手元供養です。 お骨を入れて身に着けることができる「遺骨ペンダント」」や、分骨して手元に置くことができる「ミニ骨壷」。自分だけの供養のスペースをつくる「ミニ仏壇」など。 それぞれの方にあった形で供養ができるのが、手元供養の特徴です。 手元供養が広がりを見せる理由 住環境や家族構成の変化、お墓を持たないという選択が増えていることから、手元供養は広がりつつあります。 大きなお仏壇を置く場所が無くなり、供養の形も変化しています。それでも、大切な人に手を合わせたい。そんな想いを叶えるものとして、時代の変化とともに手元供養は広がりを見せております。 手元供養の特徴 悲しみを和らげられる 故人を身近に感じられる 宗教や様式にとらわれない 高いデザイン性の供養品 「自分らしさ」を求めた供養品選び 手元供養はこのような方のためにあります 定期的なお墓参りが困難な方 何らかの事情でお墓を建てられない方 様式に縛られない祈りの空間を作りたい方 ご遺骨を身近においておきたい方 常に故人を身近に感じていたい方 はじめて手元供養を始められる方へ...

手元供養に関する記事

手元供養とは?〜はじめて手元供養を始められる方へ〜

目次 手元供養とは 手元供養が広がりを見せる理由 はじめて手元供養を始められる方へ 手元供養のやり方 お客様の声 人気の商品 商品をカテゴリーから探す 手元供養の残りの遺骨について 手元供養とは? 故人を身近に感じ、想いを語りかけ、手を合わせて祈りたい。 遺された家族の離れがたい気持ちを形にするものが手元供養です。 お骨を入れて身に着けることができる「遺骨ペンダント」」や、分骨して手元に置くことができる「ミニ骨壷」。自分だけの供養のスペースをつくる「ミニ仏壇」など。 それぞれの方にあった形で供養ができるのが、手元供養の特徴です。 手元供養が広がりを見せる理由 住環境や家族構成の変化、お墓を持たないという選択が増えていることから、手元供養は広がりつつあります。 大きなお仏壇を置く場所が無くなり、供養の形も変化しています。それでも、大切な人に手を合わせたい。そんな想いを叶えるものとして、時代の変化とともに手元供養は広がりを見せております。 手元供養の特徴 悲しみを和らげられる 故人を身近に感じられる 宗教や様式にとらわれない 高いデザイン性の供養品 「自分らしさ」を求めた供養品選び 手元供養はこのような方のためにあります 定期的なお墓参りが困難な方 何らかの事情でお墓を建てられない方 様式に縛られない祈りの空間を作りたい方 ご遺骨を身近においておきたい方 常に故人を身近に感じていたい方 はじめて手元供養を始められる方へ...

ミニ骨壷

大切な人のご遺骨を持ち歩く

?ご遺骨を持ち歩くことを希望される方の中には、「いけないことでは?」「どうやって持ち歩くの?」といったご心配をされる方も多いもの。そこで今回は、こうしたご心配についてお答えさせていただきます。 遺骨を持ち歩くことはいけないことではありません 大切な人を亡くしたとき、そのご遺骨の一部を手元に残して持ち歩くことを希望される方は、年々多くなってきています。故人の面影を映すご遺骨と「ずっと一緒にいたい」と願うことは、遺された方々にとってごく自然なことでしょう。 こうしたご遺族の中には、ご遺骨を持ち歩くことについて「法律で罰せられるのでは?」「縁起が悪いのでは?」といった、さまざまなご心配を抱かれる方も少なくありません。 しかしながら、ご遺骨を持ち歩くことは、法的にも宗教的にも決して「いけないこと」ではなく、ご心配されるようなことは何もありません。亡き人への想いのままに、ご遺族それぞれが納得のいくまで、いつまでも安心してご遺骨と一緒に過ごされていいのです。 遺骨を持ち歩くためのアイテム 「手元供養」の考えが多くの方にとって身近となった現在では、ご遺骨を身近で保管するためのアイテムもますます広がりを見せています。ご遺骨を持ち歩くには、やはりこうした専用のアイテムがもっともおすすめ。大切なご遺骨を守るための機能性に優れ、多彩なデザインからお選びいただくことができます。 遺骨ペンダント ごく少量のご遺骨を納めて身につける「遺骨ペンダント」は、ご遺骨を持ち歩くためのアイテムとしては、もっともポピュラーなタイプ。 シーンを問わずつけられるシンプルなものから、故人の思い出などにちなんで選べる個性的なものまで、通常のアクセサリーと同じ感覚で、さりげなく身につけていただけます。 特に防水機能のあるタイプなら、水辺のレジャーや温泉も、故人と一緒にお楽しみいただけるでしょう。また、金属アレルギーの方にもお使いいただけるよう、ステンレス製やチタン製のタイプもあります。 >「遺骨ペンダント」の商品一覧はこちら ミニ骨壷 ?ペンダントより、もう少し多くのご遺骨を納めたいという方には、ミニ骨壷もおすすめです。一見してそれとはわからない、おしゃれで小さな骨壷は、バッグなどにそっと入れて持ち歩くのに最適。 オブジェのように美しく、普段はご家族の集まる場所にさりげなく飾っていただけるのも魅力です。 持ち歩くためのミニ骨壷を選ぶポイントは、ご遺骨をしっかり密封できること。バッグの中でご遺骨がこぼれてしまったりすることのないよう、蓋がしっかり閉まるネジタイプを選んでいただくとよいでしょう。 >「ミニ骨壷」の商品一覧はこちら おすすめの遺骨ペンダント3選 普段から身につけることができる遺骨ペンダントは、一見してそれと分からないオシャレなアイテムが多く揃っています。 1.遺骨ペンダント|誕生石タイプ|シルバー925 夜空に浮かぶ三日月に、きらりと輝く星があしらわれた遺骨ペンダント「月2 誕生石タイプ」。チャームには誕生石を選ぶことができ、故人や身につける方の生まれ月に合わせて、お好みの誕生石をお選びいただけます。 ペンダントの素材にはシルバー925を使用。無垢のシルバーの美しい輝きは、日々のお手入れをすることで年月を重ねるごとに深みを増していき、独特の風合いを感じさせてくれます。 >遺骨ペンダント「誕生石タイプ|シルバー925」の商品詳細はこちら 2.遺骨ペンダント|ロンド レース|ステンレス製 「ロンド レース」は幾つもの輪を重ねることで、美しいレース模様が描かれた遺骨ペンダントです。 デザインの要となる輪は、大切な人との繋がりや絆をイメージしたもの。いつも身につけるペンダントタイプだからこそ、故人との関係を深く感じることができるデザインを採用しました。 ネジタイプのフタ部分はパッキンを使用することで、外れにくい仕組みに。付属のネジゆるみ防止剤をお使いいただくことで、より安心して身につけることができます。...

手元供養に関する記事

大切な人のご遺骨を持ち歩く

?ご遺骨を持ち歩くことを希望される方の中には、「いけないことでは?」「どうやって持ち歩くの?」といったご心配をされる方も多いもの。そこで今回は、こうしたご心配についてお答えさせていただきます。 遺骨を持ち歩くことはいけないことではありません 大切な人を亡くしたとき、そのご遺骨の一部を手元に残して持ち歩くことを希望される方は、年々多くなってきています。故人の面影を映すご遺骨と「ずっと一緒にいたい」と願うことは、遺された方々にとってごく自然なことでしょう。 こうしたご遺族の中には、ご遺骨を持ち歩くことについて「法律で罰せられるのでは?」「縁起が悪いのでは?」といった、さまざまなご心配を抱かれる方も少なくありません。 しかしながら、ご遺骨を持ち歩くことは、法的にも宗教的にも決して「いけないこと」ではなく、ご心配されるようなことは何もありません。亡き人への想いのままに、ご遺族それぞれが納得のいくまで、いつまでも安心してご遺骨と一緒に過ごされていいのです。 遺骨を持ち歩くためのアイテム 「手元供養」の考えが多くの方にとって身近となった現在では、ご遺骨を身近で保管するためのアイテムもますます広がりを見せています。ご遺骨を持ち歩くには、やはりこうした専用のアイテムがもっともおすすめ。大切なご遺骨を守るための機能性に優れ、多彩なデザインからお選びいただくことができます。 遺骨ペンダント ごく少量のご遺骨を納めて身につける「遺骨ペンダント」は、ご遺骨を持ち歩くためのアイテムとしては、もっともポピュラーなタイプ。 シーンを問わずつけられるシンプルなものから、故人の思い出などにちなんで選べる個性的なものまで、通常のアクセサリーと同じ感覚で、さりげなく身につけていただけます。 特に防水機能のあるタイプなら、水辺のレジャーや温泉も、故人と一緒にお楽しみいただけるでしょう。また、金属アレルギーの方にもお使いいただけるよう、ステンレス製やチタン製のタイプもあります。 >「遺骨ペンダント」の商品一覧はこちら ミニ骨壷 ?ペンダントより、もう少し多くのご遺骨を納めたいという方には、ミニ骨壷もおすすめです。一見してそれとはわからない、おしゃれで小さな骨壷は、バッグなどにそっと入れて持ち歩くのに最適。 オブジェのように美しく、普段はご家族の集まる場所にさりげなく飾っていただけるのも魅力です。 持ち歩くためのミニ骨壷を選ぶポイントは、ご遺骨をしっかり密封できること。バッグの中でご遺骨がこぼれてしまったりすることのないよう、蓋がしっかり閉まるネジタイプを選んでいただくとよいでしょう。 >「ミニ骨壷」の商品一覧はこちら おすすめの遺骨ペンダント3選 普段から身につけることができる遺骨ペンダントは、一見してそれと分からないオシャレなアイテムが多く揃っています。 1.遺骨ペンダント|誕生石タイプ|シルバー925 夜空に浮かぶ三日月に、きらりと輝く星があしらわれた遺骨ペンダント「月2 誕生石タイプ」。チャームには誕生石を選ぶことができ、故人や身につける方の生まれ月に合わせて、お好みの誕生石をお選びいただけます。 ペンダントの素材にはシルバー925を使用。無垢のシルバーの美しい輝きは、日々のお手入れをすることで年月を重ねるごとに深みを増していき、独特の風合いを感じさせてくれます。 >遺骨ペンダント「誕生石タイプ|シルバー925」の商品詳細はこちら 2.遺骨ペンダント|ロンド レース|ステンレス製 「ロンド レース」は幾つもの輪を重ねることで、美しいレース模様が描かれた遺骨ペンダントです。 デザインの要となる輪は、大切な人との繋がりや絆をイメージしたもの。いつも身につけるペンダントタイプだからこそ、故人との関係を深く感じることができるデザインを採用しました。 ネジタイプのフタ部分はパッキンを使用することで、外れにくい仕組みに。付属のネジゆるみ防止剤をお使いいただくことで、より安心して身につけることができます。...

遺骨を自宅に保管

遺骨を自宅で保管してもいいの?

故人の遺骨をご自宅で保管することは、法律的な面でも宗教的な面でも問題はありません。ご家族のお気持ちに整理がつくまではもちろん、ずっとご自宅で一緒に過ごしていただくことも可能です。 遺骨を自宅保管すると法律に触れるのでは? 故人が荼毘に付されたのち、ご遺骨はご遺族と一緒にご自宅へと戻られます。そして四十九日などの区切りまで自宅で保管されたあと、お墓に納められるのが一般的な流れとなっています。 しかしながらお墓への納骨については、特に法律で決められているわけではありません。 ご遺族が遺骨に対して、離れがたい想いを抱かれるのはごく自然なこと。いつ納骨するのか、または納骨をするかしないかについては、ご遺族自身が納得できるよう、自由に決めていただいてよいのです。 魂が成仏できないのでは? たたりがあるのでは? 遺骨は“故人が存在した証”として遺されたもので、故人その人ではありません。もちろん魂もそこに留まっているわけではなく、すでに安らかな地へと旅立たれていますので、どうぞご安心ください。 また「たたり」についても同様。ご遺族が故人への深い想いから選んだご供養を、ご本人がお怒りになるというのは、決してありえないと言ってよいでしょう。遺骨の自宅での保管は、宗教的に見てもなんの心配もいらないのです。 遺骨をご自宅で保管するには ご自宅に遺骨を保管したいと希望される方は、意外に多いもの。手元供養が広く浸透してきた昨今では、保管するためのアイテムや方法も多様になってきています。 遺骨をすべて保管する場合 すべての遺骨をご自宅で保管するなら、ご葬儀の際の骨壷をそのまま利用するのがもっともシンプルです。 ただ、この骨壷の見た目が「いかにも」という感じで気になる場合は、人気の高まっているおしゃれなデザイン骨壷などに遺骨を移し替えてもよいでしょう。 遺骨を細かな粒状に砕くと全体的なかさが減り、小さめの骨壷にも納まりやすくなります。 遺骨を一部だけ保管する場合 散骨・本山納骨・永代供養などの際に、遺骨を一部だけ残してご自宅に保管する場合は、ミニ骨壷や遺骨ペンダントなどがおすすめです。いずれも機能・デザインも多彩な製品がそろっており、用途やお好みに合わせてお選びいただけます。 また、骨壷や遺影などをさり気なく飾れる現代的なお仏壇と組み合わせれば、亡き人を偲ぶ場を、より特別な空間に演出できるでしょう。 自宅の遺骨保管におすすめのミニ骨壷 自宅でご遺骨を保管する際におすすめなのが、ミニ骨壷です。 クラシカルなデザインからモダンなデザインまで多彩な種類が用意されており、インテリアや好みに合わせて骨壷の種類を選ぶことができます。また、大切なご遺骨を守るため機能面もしっかりこだわって作ており、安心してご遺骨を納めることが可能です。 1.ミニ骨壷(持ち運べる分骨骨壷)|パステル コロンとしたお人形のようなフォルムの「パステル」は、きれいな色が愛らしい骨壷。しかしキュートな見た目とは裏腹に、遺骨保管にするのにとても高性能です。 “一本の真鍮の棒をくり抜く”という高度な職人技で作られているネジ式のフタは、ピタリと閉まり、遺骨を湿気から守るだけでなく、持ち運びの衝撃にも安心。真鍮はさびにくいため、長年の保管にも適しています。 両手で包み込めるほど小さいのに重量感があるのは、落ちても安全なように真鍮が肉厚のため。遺骨をしっかり守る構造になっています。 持ち運び用の袋がついていて、自宅だけでなくお寺の法要に持って行ったり、霊場周りに一緒に出かけられる骨壷です。 >ミニ骨壷「パステル」の商品詳細はこちら 2.ミニ骨壷(コア・ボトル)|たまごころTAMAGOCORO とても小さな骨壷ながら、しっかりと遺骨を保管できる「たまごころ」。片手で包み込めるほどの大きさですが、内ブタ・外ブタともにネジ式で湿気を寄せ付けません。フタが二重になっているので、倒れても遺骨がこぼれることなく安心です。 真鍮性の小さいながらも安定感のある重量は、逝ってしまった人の命の重さを感じさせます。 卵形の骨壷に納められるのは、小さじ2杯ほどの遺骨。場所をとらず、ひっそりとご供養したい方にぴったりです。小さくて上品な色合いなので、いくつか並べて自宅で遺骨を保管するのにも向いています。...

手元供養に関する記事

遺骨を自宅で保管してもいいの?

故人の遺骨をご自宅で保管することは、法律的な面でも宗教的な面でも問題はありません。ご家族のお気持ちに整理がつくまではもちろん、ずっとご自宅で一緒に過ごしていただくことも可能です。 遺骨を自宅保管すると法律に触れるのでは? 故人が荼毘に付されたのち、ご遺骨はご遺族と一緒にご自宅へと戻られます。そして四十九日などの区切りまで自宅で保管されたあと、お墓に納められるのが一般的な流れとなっています。 しかしながらお墓への納骨については、特に法律で決められているわけではありません。 ご遺族が遺骨に対して、離れがたい想いを抱かれるのはごく自然なこと。いつ納骨するのか、または納骨をするかしないかについては、ご遺族自身が納得できるよう、自由に決めていただいてよいのです。 魂が成仏できないのでは? たたりがあるのでは? 遺骨は“故人が存在した証”として遺されたもので、故人その人ではありません。もちろん魂もそこに留まっているわけではなく、すでに安らかな地へと旅立たれていますので、どうぞご安心ください。 また「たたり」についても同様。ご遺族が故人への深い想いから選んだご供養を、ご本人がお怒りになるというのは、決してありえないと言ってよいでしょう。遺骨の自宅での保管は、宗教的に見てもなんの心配もいらないのです。 遺骨をご自宅で保管するには ご自宅に遺骨を保管したいと希望される方は、意外に多いもの。手元供養が広く浸透してきた昨今では、保管するためのアイテムや方法も多様になってきています。 遺骨をすべて保管する場合 すべての遺骨をご自宅で保管するなら、ご葬儀の際の骨壷をそのまま利用するのがもっともシンプルです。 ただ、この骨壷の見た目が「いかにも」という感じで気になる場合は、人気の高まっているおしゃれなデザイン骨壷などに遺骨を移し替えてもよいでしょう。 遺骨を細かな粒状に砕くと全体的なかさが減り、小さめの骨壷にも納まりやすくなります。 遺骨を一部だけ保管する場合 散骨・本山納骨・永代供養などの際に、遺骨を一部だけ残してご自宅に保管する場合は、ミニ骨壷や遺骨ペンダントなどがおすすめです。いずれも機能・デザインも多彩な製品がそろっており、用途やお好みに合わせてお選びいただけます。 また、骨壷や遺影などをさり気なく飾れる現代的なお仏壇と組み合わせれば、亡き人を偲ぶ場を、より特別な空間に演出できるでしょう。 自宅の遺骨保管におすすめのミニ骨壷 自宅でご遺骨を保管する際におすすめなのが、ミニ骨壷です。 クラシカルなデザインからモダンなデザインまで多彩な種類が用意されており、インテリアや好みに合わせて骨壷の種類を選ぶことができます。また、大切なご遺骨を守るため機能面もしっかりこだわって作ており、安心してご遺骨を納めることが可能です。 1.ミニ骨壷(持ち運べる分骨骨壷)|パステル コロンとしたお人形のようなフォルムの「パステル」は、きれいな色が愛らしい骨壷。しかしキュートな見た目とは裏腹に、遺骨保管にするのにとても高性能です。 “一本の真鍮の棒をくり抜く”という高度な職人技で作られているネジ式のフタは、ピタリと閉まり、遺骨を湿気から守るだけでなく、持ち運びの衝撃にも安心。真鍮はさびにくいため、長年の保管にも適しています。 両手で包み込めるほど小さいのに重量感があるのは、落ちても安全なように真鍮が肉厚のため。遺骨をしっかり守る構造になっています。 持ち運び用の袋がついていて、自宅だけでなくお寺の法要に持って行ったり、霊場周りに一緒に出かけられる骨壷です。 >ミニ骨壷「パステル」の商品詳細はこちら 2.ミニ骨壷(コア・ボトル)|たまごころTAMAGOCORO とても小さな骨壷ながら、しっかりと遺骨を保管できる「たまごころ」。片手で包み込めるほどの大きさですが、内ブタ・外ブタともにネジ式で湿気を寄せ付けません。フタが二重になっているので、倒れても遺骨がこぼれることなく安心です。 真鍮性の小さいながらも安定感のある重量は、逝ってしまった人の命の重さを感じさせます。 卵形の骨壷に納められるのは、小さじ2杯ほどの遺骨。場所をとらず、ひっそりとご供養したい方にぴったりです。小さくて上品な色合いなので、いくつか並べて自宅で遺骨を保管するのにも向いています。...