手元供養に関する記事

分骨の手続きについて~手元供養の知識

分骨の手続きについて~手元供養の知識

ご遺骨を分骨して手元において保管、供養するというだけであれば、とくに手続きは必要ありません。ただ、その手元供養をしているご遺骨を、改めてお墓に納骨するという場合には「分骨証明書」が必要です。 ここでは、分骨の手続きについてご説明させていただきます。 分骨の方法によって異なる手続き 亡くなった方のご遺骨を分骨することは、法律上何ら問題のあることではありません。近年では、手元供養の広まりにともなって、分骨を希望される方も多くなりました。 分骨したご遺骨を手元供養するだけであれば、とくにこれといった手続きは必要ありませんが、後に何らかの事情でその手元のご遺骨をお墓に納めることになった場合、「分骨証明書」などの書類が必要になります。 分骨についての手続きは、分骨の方法によって次のように異なります。 火葬場で分骨する場合の手続き 火葬場で分骨する場合は、火葬場の窓口で分骨証明書を必要な枚数発行していただきます。その後、火葬場の方で分骨していただいたお骨を各自で受けとります。 分骨することが決まっている場合は、その旨を葬儀社や火葬場側に事前に伝えておくと、分骨に必要な書類の発行がスムーズです。手元供養のための骨壷なども予め準備しておけば、当日お骨を納めて持ち帰ることも可能です。 お墓からご遺骨を取り出して分骨する場合の手続き すでにお墓に納められてしまっているご遺骨を分骨する場合は、分骨証明書は墓地の管理者から発行していただくことになります。 その後、お墓からご遺骨を取り出して、必要なだけ分骨します。 分骨証明書とは? 上記いずれの場合にも、必要となる「分骨証明書」ですが、これはそのご遺骨が“どなたのものであるか”を証明する書類です。分骨したご遺骨を別のお墓に納骨するという場合は、分骨証明書を新たなご遺骨の納め先となる墓地の管理者へ提出します。 現時点で手元供養をご検討の方も、今後、ご遺骨をお墓に納めることがあるかもしれません。その際には分骨証明書が必要となりますので、大切に保管しておきましょう。 いつかは訪れる日に備えて 大切な誰かを亡くした悲しみの中で、さまざまな手続きなどに追われるのは大変なことです。分骨などに必要な手続きについて事前に知っておくことは、誰にもいつか訪れるその日を、安心して迎えるための備えとなるでしょう。 こうした手続きについての疑問・お悩みの際は、ぜひお気軽に私たち未来創想へご相談いただければと思います。

手元供養に関する記事

分骨の手続きについて~手元供養の知識

ご遺骨を分骨して手元において保管、供養するというだけであれば、とくに手続きは必要ありません。ただ、その手元供養をしているご遺骨を、改めてお墓に納骨するという場合には「分骨証明書」が必要です。 ここでは、分骨の手続きについてご説明させていただきます。 分骨の方法によって異なる手続き 亡くなった方のご遺骨を分骨することは、法律上何ら問題のあることではありません。近年では、手元供養の広まりにともなって、分骨を希望される方も多くなりました。 分骨したご遺骨を手元供養するだけであれば、とくにこれといった手続きは必要ありませんが、後に何らかの事情でその手元のご遺骨をお墓に納めることになった場合、「分骨証明書」などの書類が必要になります。 分骨についての手続きは、分骨の方法によって次のように異なります。 火葬場で分骨する場合の手続き 火葬場で分骨する場合は、火葬場の窓口で分骨証明書を必要な枚数発行していただきます。その後、火葬場の方で分骨していただいたお骨を各自で受けとります。 分骨することが決まっている場合は、その旨を葬儀社や火葬場側に事前に伝えておくと、分骨に必要な書類の発行がスムーズです。手元供養のための骨壷なども予め準備しておけば、当日お骨を納めて持ち帰ることも可能です。 お墓からご遺骨を取り出して分骨する場合の手続き すでにお墓に納められてしまっているご遺骨を分骨する場合は、分骨証明書は墓地の管理者から発行していただくことになります。 その後、お墓からご遺骨を取り出して、必要なだけ分骨します。 分骨証明書とは? 上記いずれの場合にも、必要となる「分骨証明書」ですが、これはそのご遺骨が“どなたのものであるか”を証明する書類です。分骨したご遺骨を別のお墓に納骨するという場合は、分骨証明書を新たなご遺骨の納め先となる墓地の管理者へ提出します。 現時点で手元供養をご検討の方も、今後、ご遺骨をお墓に納めることがあるかもしれません。その際には分骨証明書が必要となりますので、大切に保管しておきましょう。 いつかは訪れる日に備えて 大切な誰かを亡くした悲しみの中で、さまざまな手続きなどに追われるのは大変なことです。分骨などに必要な手続きについて事前に知っておくことは、誰にもいつか訪れるその日を、安心して迎えるための備えとなるでしょう。 こうした手続きについての疑問・お悩みの際は、ぜひお気軽に私たち未来創想へご相談いただければと思います。

手元供養の分骨に関する疑問

手元供養で分骨する際のご質問にお答えします

ご遺骨を分骨してご自宅など身近に置き、故人を偲ぶ手元供養。近年ますます注目を集めており、手元供養についてのお問い合わせも数多くいただくようになりました。 そうした中でも、とりわけよくいただくのが分骨についてのご質問です。分骨には、人によっても地域によっても様々な説や言い伝えがあり、手元供養をお考えのご遺族の中には、思い悩んでしまわれる方も少なくありません。 ここでは、そんな分骨についてのご質問にお答えしていきたいと思います。 分骨に関する疑問1.「分骨すると成仏できない?」 分骨についてもっとも多いのが、ご親戚やご友人から「“分骨すると成仏できない”と言われたけれど大丈夫でしょうか?」というご質問です。同様に“魂が分裂してしまう”、“あの世で五体がそろわない”などとも言われますが、いずれにしてもこのようなことを聞かれたご遺族のご心配は察して余りあるものでしょう。 結論から言いますと、これらはすべて根拠のない迷信であり、心配される必要は全くありません。 分骨は、昔から様々な宗教において、尊い行為として広く行われてきたことです。例えば仏教では、お釈迦様のご遺骨は「仏舎利」として分骨され、世界各地の寺院で大切にお祀りされています。またキリスト教においても、「聖遺骨」と呼ばれる諸聖人の遺骨の一部が、様々な場所で人々の敬意を集めています。 こうしたことからもお判りいただけるように、手元供養のために分骨することが、故人の魂に災いをもたらすなどということは決してないのです。もちろん法律においても何ら問題ありませんので、どうぞご安心ください。 分骨に関する疑問2.「分骨のタイミングは?」 分骨のタイミングとしては、ご家族の場合、火葬の後ご自宅へお戻りになられたときがもっとも多いようです。ご一緒に戻られた故人の骨壷から、手元供養のためのご遺骨を取り分けます。また、火葬のお骨上げの時点で、分骨してとっておかれる方もいらっしゃいます。 すでにお墓などに納骨されてしまっているご遺骨の場合は、墓地管理者に了解を得た上で、お墓の中の骨壷から分骨されるということになります。 分骨に関する疑問3.「分骨証明書は必要?」 分骨証明書は、分骨したご遺骨を別のお墓に納める際に必要な書類です。したがって、手元供養のために分骨した場合は、基本的には分骨証明書は必要ありません。 しかしながら、後々事情が変わって納骨するという場合も考えられますので、そのときのために、可能であるならば分骨証明書を用意しておかれることをおすすめします。 分骨に関する疑問4.「分骨した後の残りの遺骨は?」 分骨して残された分のご遺骨については、あらためて行く先を決めておかれる必要があります。 お墓がある場合は、通常通りそちらへ納骨されるのが一般的です。またお墓がない場合にも、本山納骨、合祀永代供養、散骨などの自然葬といった様々な選択肢がありますので、ご家族で充分にご相談の上、故人にふさわしい行き先を選んであげていただくとよいでしょう。 また、分骨して手元供養にしたご遺骨も、「落ち着いたら他のお骨と一緒にお墓に納める」「自分の死後に自分のお骨とともに散骨する」など、あらかじめその行く末を決めておかれると安心です。 おわりに 分骨や手元供養についての考え方は人それぞれ。ご家族の中でも、意見が異なることもあるでしょう。しかし、故人を想う心はどなたも同じです。故人のためにどのようなかたちでお弔いしていくのか、まずはご遺族でよく話し合われることが肝心です。 ご遺族の全員が悲しみから立ち直り、それぞれの人生をしっかりと歩いていかれることで、故人もお喜びになると思います。 分骨、手元供養に関するさらなるご質問は、ぜひ私たちへお問い合わせください。ご遺族皆様の心に寄り添い、様々なお手伝いをさせていただくこと、それが未来創想の使命です。

手元供養に関する記事

手元供養で分骨する際のご質問にお答えします

ご遺骨を分骨してご自宅など身近に置き、故人を偲ぶ手元供養。近年ますます注目を集めており、手元供養についてのお問い合わせも数多くいただくようになりました。 そうした中でも、とりわけよくいただくのが分骨についてのご質問です。分骨には、人によっても地域によっても様々な説や言い伝えがあり、手元供養をお考えのご遺族の中には、思い悩んでしまわれる方も少なくありません。 ここでは、そんな分骨についてのご質問にお答えしていきたいと思います。 分骨に関する疑問1.「分骨すると成仏できない?」 分骨についてもっとも多いのが、ご親戚やご友人から「“分骨すると成仏できない”と言われたけれど大丈夫でしょうか?」というご質問です。同様に“魂が分裂してしまう”、“あの世で五体がそろわない”などとも言われますが、いずれにしてもこのようなことを聞かれたご遺族のご心配は察して余りあるものでしょう。 結論から言いますと、これらはすべて根拠のない迷信であり、心配される必要は全くありません。 分骨は、昔から様々な宗教において、尊い行為として広く行われてきたことです。例えば仏教では、お釈迦様のご遺骨は「仏舎利」として分骨され、世界各地の寺院で大切にお祀りされています。またキリスト教においても、「聖遺骨」と呼ばれる諸聖人の遺骨の一部が、様々な場所で人々の敬意を集めています。 こうしたことからもお判りいただけるように、手元供養のために分骨することが、故人の魂に災いをもたらすなどということは決してないのです。もちろん法律においても何ら問題ありませんので、どうぞご安心ください。 分骨に関する疑問2.「分骨のタイミングは?」 分骨のタイミングとしては、ご家族の場合、火葬の後ご自宅へお戻りになられたときがもっとも多いようです。ご一緒に戻られた故人の骨壷から、手元供養のためのご遺骨を取り分けます。また、火葬のお骨上げの時点で、分骨してとっておかれる方もいらっしゃいます。 すでにお墓などに納骨されてしまっているご遺骨の場合は、墓地管理者に了解を得た上で、お墓の中の骨壷から分骨されるということになります。 分骨に関する疑問3.「分骨証明書は必要?」 分骨証明書は、分骨したご遺骨を別のお墓に納める際に必要な書類です。したがって、手元供養のために分骨した場合は、基本的には分骨証明書は必要ありません。 しかしながら、後々事情が変わって納骨するという場合も考えられますので、そのときのために、可能であるならば分骨証明書を用意しておかれることをおすすめします。 分骨に関する疑問4.「分骨した後の残りの遺骨は?」 分骨して残された分のご遺骨については、あらためて行く先を決めておかれる必要があります。 お墓がある場合は、通常通りそちらへ納骨されるのが一般的です。またお墓がない場合にも、本山納骨、合祀永代供養、散骨などの自然葬といった様々な選択肢がありますので、ご家族で充分にご相談の上、故人にふさわしい行き先を選んであげていただくとよいでしょう。 また、分骨して手元供養にしたご遺骨も、「落ち着いたら他のお骨と一緒にお墓に納める」「自分の死後に自分のお骨とともに散骨する」など、あらかじめその行く末を決めておかれると安心です。 おわりに 分骨や手元供養についての考え方は人それぞれ。ご家族の中でも、意見が異なることもあるでしょう。しかし、故人を想う心はどなたも同じです。故人のためにどのようなかたちでお弔いしていくのか、まずはご遺族でよく話し合われることが肝心です。 ご遺族の全員が悲しみから立ち直り、それぞれの人生をしっかりと歩いていかれることで、故人もお喜びになると思います。 分骨、手元供養に関するさらなるご質問は、ぜひ私たちへお問い合わせください。ご遺族皆様の心に寄り添い、様々なお手伝いをさせていただくこと、それが未来創想の使命です。

手元供養に必要な準備は

手元供養に必要な準備は?

既存のしきたりや形式にとらわれることなく自由に故人を偲ぶ「手元供養」は、現在、幅広い層の方々から認めていただくようになりました。手元供養に関するご質問もたくさんお寄せいただいておりますが、中でも近年多くなっているのが「手元供養の際の実際の準備」についてのお問い合わせです。 そこで、手元供養の準備についてのご質問を、まとめてご紹介させていただきたいと思います。 手元供養って何を準備したらいいの? 手元供養では、亡くなった方のお骨を分骨し、手元において供養しますので、分骨したお骨を入れる「容器」が必要となります。 この容器については基本的にとくに決まりはないのですが、大切なお骨を安全・安心に保管していただくためには、やはり「手元供養品」と呼ばれる専用のものをおすすめしております。 「手元供養品」には、お骨を入れて身につける「遺骨ペンダント」や、ご自宅に飾りやすくデザイン性の高い「ミニ骨壷(コアボトル)」など、多彩なスタイルのものが数多く用意されていまので、それぞれのお好みに合わせてご自由にお選びいただけます。 手元供養品はいつ準備するの? 手元供養品を準備するタイミングは、その手元供養品に「どなたのお骨を納めるのか?」によって違います。 亡くなったご家族など、大切な相手のお骨を納める場合 ご家族のどなたかなど、ご自身にとって大切な方のご遺骨を納めるという場合、お亡くなりになった後に手元供養品を探されることが多いようです。 一般的な仏式のご葬儀では、四十九日の法要の際に合わせてお骨をお墓へ納骨されることが多いので、この時までに手元供養品をご準備されるとよいでしょう。 ご自分の死後、ご自身のお骨を納めてもらう場合 様々な事情からお墓を建立されない方も多くなりましたが、そうした方がご家族のことを考えて、お墓の代わりとして手元供養を選ばれる場合があります。 このような場合には、生前にご自分の死生観や供養観、“こう弔ってほしい”というご希望などに合わせて、手元供養品をご準備いただくことができます。 手元供養品を生前に準備しても大丈夫? 手元供養品を生前に準備することを、“なんとなく縁起が悪いような気がして…”とためらわれる方もいらっしゃいます。同じように生前にお墓を建てたり、お仏壇を購入されたりする際にも、縁起が悪いと言われることは少なくないようです。 しかし実は、これらはとくに根拠のない迷信で、まったく気にされる必要はありません。むしろ、生前にお墓を建てることは「寿陵(じゅりょう)」、お仏壇を買うことは「寿院(じゅいん)」とそれぞれ呼ばれ、とても縁起の良いこととされているのです。 こうしたことから、手元供養品も生前に準備することには何も問題ないと言って間違いないでしょう。 また現実的な側面においても、生前からご自分でその行く末について事前に決めておかれることは、ご自身とご家族の安心を得られるというメリットがあります。誰しもいつかは必ず迎えるその日のために、ご家族と一緒に様々な準備について考えてみられてはいかがでしょうか。 おわりに 大切な人を亡くした深い悲しみの中で。 あるいはやがて訪れる別れの日を考えて。 手元供養の準備をされる方のご事情や、想いは人それぞれです。手元供養品などの準備についてお困りのことやご質問などは、ぜひお気軽に未来創想へお問い合わせください。お一人お一人のお声に耳を傾け、よりご満足いただけるよう、様々なご提案をさせていただきます。

手元供養に関する記事

手元供養に必要な準備は?

既存のしきたりや形式にとらわれることなく自由に故人を偲ぶ「手元供養」は、現在、幅広い層の方々から認めていただくようになりました。手元供養に関するご質問もたくさんお寄せいただいておりますが、中でも近年多くなっているのが「手元供養の際の実際の準備」についてのお問い合わせです。 そこで、手元供養の準備についてのご質問を、まとめてご紹介させていただきたいと思います。 手元供養って何を準備したらいいの? 手元供養では、亡くなった方のお骨を分骨し、手元において供養しますので、分骨したお骨を入れる「容器」が必要となります。 この容器については基本的にとくに決まりはないのですが、大切なお骨を安全・安心に保管していただくためには、やはり「手元供養品」と呼ばれる専用のものをおすすめしております。 「手元供養品」には、お骨を入れて身につける「遺骨ペンダント」や、ご自宅に飾りやすくデザイン性の高い「ミニ骨壷(コアボトル)」など、多彩なスタイルのものが数多く用意されていまので、それぞれのお好みに合わせてご自由にお選びいただけます。 手元供養品はいつ準備するの? 手元供養品を準備するタイミングは、その手元供養品に「どなたのお骨を納めるのか?」によって違います。 亡くなったご家族など、大切な相手のお骨を納める場合 ご家族のどなたかなど、ご自身にとって大切な方のご遺骨を納めるという場合、お亡くなりになった後に手元供養品を探されることが多いようです。 一般的な仏式のご葬儀では、四十九日の法要の際に合わせてお骨をお墓へ納骨されることが多いので、この時までに手元供養品をご準備されるとよいでしょう。 ご自分の死後、ご自身のお骨を納めてもらう場合 様々な事情からお墓を建立されない方も多くなりましたが、そうした方がご家族のことを考えて、お墓の代わりとして手元供養を選ばれる場合があります。 このような場合には、生前にご自分の死生観や供養観、“こう弔ってほしい”というご希望などに合わせて、手元供養品をご準備いただくことができます。 手元供養品を生前に準備しても大丈夫? 手元供養品を生前に準備することを、“なんとなく縁起が悪いような気がして…”とためらわれる方もいらっしゃいます。同じように生前にお墓を建てたり、お仏壇を購入されたりする際にも、縁起が悪いと言われることは少なくないようです。 しかし実は、これらはとくに根拠のない迷信で、まったく気にされる必要はありません。むしろ、生前にお墓を建てることは「寿陵(じゅりょう)」、お仏壇を買うことは「寿院(じゅいん)」とそれぞれ呼ばれ、とても縁起の良いこととされているのです。 こうしたことから、手元供養品も生前に準備することには何も問題ないと言って間違いないでしょう。 また現実的な側面においても、生前からご自分でその行く末について事前に決めておかれることは、ご自身とご家族の安心を得られるというメリットがあります。誰しもいつかは必ず迎えるその日のために、ご家族と一緒に様々な準備について考えてみられてはいかがでしょうか。 おわりに 大切な人を亡くした深い悲しみの中で。 あるいはやがて訪れる別れの日を考えて。 手元供養の準備をされる方のご事情や、想いは人それぞれです。手元供養品などの準備についてお困りのことやご質問などは、ぜひお気軽に未来創想へお問い合わせください。お一人お一人のお声に耳を傾け、よりご満足いただけるよう、様々なご提案をさせていただきます。

お墓の悩みを解決する手元供養

お墓の悩みを解決する手元供養

少子化・核家族化が年々進み続けています。そうした中で、問題となることが多いのが「お墓をどうするか?」ということ。ご家族の誰かが亡くなったとき、その悲しみが癒えないうちに新しい問題に向き合うことは、なかなか大変なことでしょう。 ご遺族を悩ませるこうしたお墓にまつわる問題について、「手元供養」がその解決の助けとなることがあります。 お墓がない、建てたくない ひとむかし前の時代には、誰かが亡くなった場合、「お墓を建てて、そこにお骨を納める」ということが一般的でした。しかし、時代とともに人々の生活様式が変わり、死生観やお墓、ご遺骨に対する考え方も人によって様々に変化してきています。 近年では「経済的に厳しい」「転勤が多く、お墓の世話が難しい」「子供に手間をかけたくない」などといった事情から、お墓を建てない、持たないという選択をされる方も増えました。 そうした場合、ご遺骨は共同のお墓に合祀したり、散骨などの自然葬で弔われることになります。しかし、「故人を偲ぶものが何もないというのも寂しい」と仰るご遺族も少なくありません。 そこでお墓に代わるものとして、ご遺骨の一部を手元に残して自宅で保管し供養する「手元 供養」が選ばれるようになっているのです。 お墓が遠い、お参りに行けない お墓の場所が遠方のため、なかなかお参りに行けないこともあるでしょう。またご遺族が高齢の場合などでは、体調の問題でお墓参りが難しいということもあるかもしれません。ご遺族が「故人に申し訳ない」と気に病まれたり、亡くなられた方との距離を感じて、寂しい思いをされている、という話を度々耳にします。 このような場合にも、やはり手元供養がおすすめです。ご遺骨の一部をご自宅に置かれることで、いつでもお好きな時間にゆっくりとお参りしていただくことができます。手元供養なら、亡くなった大切な人を従来のお墓よりも身近に感じられることでしょう。 お墓の無縁化 「お墓の無縁化」という言葉を耳にされたことはあるでしょうか。引き継ぐ人がいなくなったお墓が放置されてしまうことを言うのですが、いま全国的にこのお墓の無縁化が急速に進みつつあります。 無縁化したお墓の現状 最近NHKが行った調査によれば、無縁化したお墓の数は10年前の2倍以上にのぼり、社会的にも大きな問題となっています。こうしたお墓は一定期間が過ぎると撤去され、ご遺骨は共同の納骨堂に移されることが多いようです。 無縁化したお墓は、管理料がずっと収められていないままになっているケースも多く、放っておけば墓地全体の維持管理にも影響しかねません。こうしたことから、市町村などの自治体が管理する墓地では、官報や看板などでご家族の名乗り出を呼びかけたり、戸籍や住民票をもとにご親族を探したりしていますが、引き継ぐ人が分からないことがほとんどだそうです。 このような状況を背景に、はじめから個別のお墓を作らず、複数の方のご遺骨を共同で納める合祀をすすめていく、という取り組みも始められています。 墓じまいと手元供養 個人でお墓を持たれている方の中にも「後継者がいない」「子供に継がせたくない」などの理由から、生前に自ら“墓じまい”をされた上で、ご先祖のご遺骨とともに共同の納骨堂 に入ることを選ばれる方も増えています。 こうした流れにともない、従来のお墓に代わって需要が大きくなってきたのが手元供養です。無縁化する可能性があるお墓を建てずに手元供養にすることは、これからの社会に合った供養のかたちなのかもしれません。 お墓でなくてもいいのです お墓を一族の財産として代々守り続けていくという習慣は、だんだんと変化しつつあります。だからと言って、亡くなった人を大切に想うご遺族の気持ちが無くなってしまうわけではありません。 故人とご遺族の絆をつなぐものは、お墓という形でなくてもいいのです。ぜひこの機会に、現代に合った新しい供養のかたちである「手元供養」について、私たち未来創想 と一緒に考えてみられてはいかがでしょうか。

手元供養に関する記事

お墓の悩みを解決する手元供養

少子化・核家族化が年々進み続けています。そうした中で、問題となることが多いのが「お墓をどうするか?」ということ。ご家族の誰かが亡くなったとき、その悲しみが癒えないうちに新しい問題に向き合うことは、なかなか大変なことでしょう。 ご遺族を悩ませるこうしたお墓にまつわる問題について、「手元供養」がその解決の助けとなることがあります。 お墓がない、建てたくない ひとむかし前の時代には、誰かが亡くなった場合、「お墓を建てて、そこにお骨を納める」ということが一般的でした。しかし、時代とともに人々の生活様式が変わり、死生観やお墓、ご遺骨に対する考え方も人によって様々に変化してきています。 近年では「経済的に厳しい」「転勤が多く、お墓の世話が難しい」「子供に手間をかけたくない」などといった事情から、お墓を建てない、持たないという選択をされる方も増えました。 そうした場合、ご遺骨は共同のお墓に合祀したり、散骨などの自然葬で弔われることになります。しかし、「故人を偲ぶものが何もないというのも寂しい」と仰るご遺族も少なくありません。 そこでお墓に代わるものとして、ご遺骨の一部を手元に残して自宅で保管し供養する「手元 供養」が選ばれるようになっているのです。 お墓が遠い、お参りに行けない お墓の場所が遠方のため、なかなかお参りに行けないこともあるでしょう。またご遺族が高齢の場合などでは、体調の問題でお墓参りが難しいということもあるかもしれません。ご遺族が「故人に申し訳ない」と気に病まれたり、亡くなられた方との距離を感じて、寂しい思いをされている、という話を度々耳にします。 このような場合にも、やはり手元供養がおすすめです。ご遺骨の一部をご自宅に置かれることで、いつでもお好きな時間にゆっくりとお参りしていただくことができます。手元供養なら、亡くなった大切な人を従来のお墓よりも身近に感じられることでしょう。 お墓の無縁化 「お墓の無縁化」という言葉を耳にされたことはあるでしょうか。引き継ぐ人がいなくなったお墓が放置されてしまうことを言うのですが、いま全国的にこのお墓の無縁化が急速に進みつつあります。 無縁化したお墓の現状 最近NHKが行った調査によれば、無縁化したお墓の数は10年前の2倍以上にのぼり、社会的にも大きな問題となっています。こうしたお墓は一定期間が過ぎると撤去され、ご遺骨は共同の納骨堂に移されることが多いようです。 無縁化したお墓は、管理料がずっと収められていないままになっているケースも多く、放っておけば墓地全体の維持管理にも影響しかねません。こうしたことから、市町村などの自治体が管理する墓地では、官報や看板などでご家族の名乗り出を呼びかけたり、戸籍や住民票をもとにご親族を探したりしていますが、引き継ぐ人が分からないことがほとんどだそうです。 このような状況を背景に、はじめから個別のお墓を作らず、複数の方のご遺骨を共同で納める合祀をすすめていく、という取り組みも始められています。 墓じまいと手元供養 個人でお墓を持たれている方の中にも「後継者がいない」「子供に継がせたくない」などの理由から、生前に自ら“墓じまい”をされた上で、ご先祖のご遺骨とともに共同の納骨堂 に入ることを選ばれる方も増えています。 こうした流れにともない、従来のお墓に代わって需要が大きくなってきたのが手元供養です。無縁化する可能性があるお墓を建てずに手元供養にすることは、これからの社会に合った供養のかたちなのかもしれません。 お墓でなくてもいいのです お墓を一族の財産として代々守り続けていくという習慣は、だんだんと変化しつつあります。だからと言って、亡くなった人を大切に想うご遺族の気持ちが無くなってしまうわけではありません。 故人とご遺族の絆をつなぐものは、お墓という形でなくてもいいのです。ぜひこの機会に、現代に合った新しい供養のかたちである「手元供養」について、私たち未来創想 と一緒に考えてみられてはいかがでしょうか。